コンテンツマーケティングを意識した効果的なブログのライティング方法とは?
コンテンツマーケティングとは、収益化の対象となるユーザーに対して、価値あるコンテンツの制作と提供を続けることで、見込み客としてのニーズを育成しながら、購買と定着を目指す一連のマーケティング手法です。

 

コンテンツマーケティングへの取り組みで、ブログなどの記事更新から充実したコンテンツを構成していく手法は、参入障壁が低い為にネットビジネスを進める個人だけでなく、多くの企業が参入しています。

 



その為、様々なWEBメディアが乱立状態となり、単純にブログなどのWEBサイトを開設しただけ、或は、記事更新を継続しただけでは、ユーザーの目に留まりコンテンツを読んでもらうことは、とても難しい状況なのです。

 

しっかりとユーザーから読んでもらい、更には、提供するサービスを評価してリピーターになてもらうには、どのようなライティング方法でブログのコンテンツを充実させれば効果的なのか?

 

今回は、コンテンツマーケティングで効果的な、基本的なライティング方法について解説していきたいと思います。

 

 

 

質の高いコンテンツの評価基準とは

質の高いコンテンツの評価基準とは
コンテンツマーケティングでの成果は、潜在顧客であるユーザーのニーズを育成しながら購買や契約を段階的に促して、顧客化しリピーター化することです。

 

段階的にユーザーの態度変容を促す為には、有益な情報が詰まった記事を数多く作成して、ユーザーが知りたいことに臨機応変に対応できるコンテンツの充実が求められます。

 

つまり、コンテンツの質と量を確保する必要があるわけです。

 

コンテンツの量については、高品質の記事を書き貯めていけば満たすことができるわけですが、そもそも、質の高いコンテンツとは、どのような基準をクリアする必要があるのでしょうか。

 

例えば、PV数やSNSのシェア数が多い記事は、ユーザーの注目を集めていることに間違いはありませんので、それなりの人気記事である評価はできると思います。

 

しかし、人気記事が全て質の高い記事であるとは言えません。

 

大げさな釣りタイトルで記事を作成したり、炎上目的のネタを記事にしたりすることでも、PV数やSNSのシェア数は稼げますので、人気記事の評価を得ることができるわけですが、質が高い記事とは言えないはずです。

 

コンテンツマーケティングの成果はファンを増やしリピーターを増やす事ですから、ターゲットとなるユーザーに役立つコンテンツである事を最も重視するべきです。

 

その結果、PV数やSNSのシェア数も増やせる記事であれば、質の高い人気記事との評価ができるのです。

 

役立つコンテンツとして評価できる基準は、ターゲットユーザーの問題解決や欲求を満たすことができるか否かです。

 

記事に興味を感じて訪れたユーザーは、関連する何かを知りたい人達ですから、知り得た情報でユーザーの目的達成に役立つような、手助けできるコンテンツこそが高い質と評価できるのであり、このような記事が多数ある事で、段階的なユーザーニーズの育成も可能になります。

 

 

 

 

良質なコンテンツを作る3つのポイント

良質なコンテンツを作る3つのポイント
では、具体的にどのような事を意識しながら良質なコンテンツを作るのかについて解説していきます。

 

良質なコンテンツ作成のポイントは以下の3つです。

 

  1. ターゲットとなる読者層を理解する
  2. 最低限の文法と文章力は身に付ける
  3. 見て理解できる分かりやすさを工夫する

 

 

ターゲットとなる読者層を理解する

記事を訪問したユーザーが「役に立った」と感じる時は、求める欲求に対して、期待と同等かそれ以上の満足が得られた時です。

 

特に、知り得た情報で抱える問題を解決できた時は、満足と共に信頼感が生まれ、良好なコミュニケーションを築くキッカケになります。

 

但し、全てのネットユーザーが同じように問題の解決と満足ができる記事の作成はできません。

 

その為、提供するサービスに対して、潜在ニーズを持っているであろうターゲットを分析し、抱える問題や欲している情報を理解することが重要になります。

 

ターゲットとなる読者層を、様々な角度から理解を深めることで、ニーズに応えられるコンテンツ作成のヒントを得ることができます。

 

 

 

最低限の文法と文章力は身に付ける

ユーザーが役立ったと感じてもらう前提には、文章としての基本的な読みやすさが絶対条件になります。

 

文法がいい加減だったり、文章が回りくどかったり、或は、曖昧だったりした場合には、伝えたかった内容が伝わらなくなったり、記事の内容を誤読されてしまう可能性もあります。

 

誤字脱字の確認は勿論ですが、主語と述語の適切な関係性での活用、助詞の適切な活用、修飾語・句読点の適切な位置での活用など、しっかりと声に出して読み直し確認するようにしましょう。

 

 

 

見て理解できる分かりやすさを工夫する

文章に対するイメージは、読み進めていく以前に、瞬間的に目に飛び込む状況で与えられることの方が大きいと言えます。

 

例えば、記事内の文章を構成する上で、上手な見出しの活用は読者の目を引くことができます。

 

記事を作成する際、HTMLタグを使って見出しをつけることができます。

 

記事内では「h2~4h」の利用が一般的になりますので、実際に表示してみましょう。

h2 大見出しで活用

h3 中見出しで活用

h4 小見出しで活用

このように、段階的に見出しを活用する事により、整理された文章構成の手助けをしてくれます。

 

また、パソコンではなくスマホでWEBサイトを閲覧することが多い昨今では、スマホでの表示を意識することも重要になります。

 

スマホ表示の場合は、1つの文章を長くし過ぎずに、段落を小まめに分けることでも、見やすさをそれなりに保つことができます。

 

記事投稿後には、スマホでの表示状況も必ず確認するようにしましょう。

 

 

 

 

検索エンジンとユーザーから評価されるコンテンツを作成する

検索エンジンとユーザーから評価されるコンテンツを作成する
コンテンツ作成で先ず重視すべきは、ユーザーに役立つことです。

 

その上で、より多くのユーザーに役立ててもらう為には、検索上位表示を可能にして検索流入を増やす事が求められます。

 

つまり、SEOを意識したライティングも必要となってくるわけですが、念を押して言いたいことは、ユーザーに役立つコンテンツが前提であり、検索エンジンでの露出強化ばかりに意識を偏らせてはいけないと言うことです。

 

記事作成に伴う内部SEO対策は、記事内容を検索エンジンのクローラーに正しく伝える事が求められます。

 

その為には、記事内容を強調できるキーワードの選定や、適切な文字数などが重要となり、特に記事のタイトル・ディスクリプションはSEOを意識した作成が望ましいとされています。

 

記事本文にも適切なキーワードの挿入が効果的とされますが、あまりキーワードの出現頻度に拘ることなく、自然な流れの文章作成に力を注ぐ事を心掛けるようにしましょう。

 


 

 

 

まとめ

コンテンツマーケティングを意識した効果的なブログのライティング方法について紹介しましたが、この他にもライティングで気を付けるべき項目は色々あります。

 

しかし、テクニックばかりに気を取られて、読者へ伝えたいことが不明確になり、読者が記事から何も得られないような出来栄えになっては本末転倒です。

 

常に、ユーザーファースト、読者ファーストを念頭に、コンテンツマーケティングに取り組みましょう。