なぜコンテンツ重視のSEO対策が有効なのか?良質なコンテンツと判断される条件とは?

良質なコンテンツが効果的である2つの理由

良質なコンテンツは良質な自然リンクを集める

多くのリンクを集めることは、有効なSEO対策の一つとされ、WEBサイトを検索上位へ押し上げる効果が期待できます。

 

その為、サイト運営者はリンク収集の為に様々な取り組みや工夫をしてきたわけですが、過去には正攻法ではない手段でリンクを集める輩も少なくありませんでした。

 

しかし、今では検索エンジンの精度も高まり、時代の流れと共にリンクに対する見方も昔とは大分変化しています。

 

リンクには大きく分けて2つの種類があります。

 

簡単に言うと、1つは自然なリンク、そしてもう1つは不自然なリンクです。

 

自然なリンクとは、WEBサイトを訪問したユーザーが自発的に張ってくれるリンクのことを指します。

 

一方、不自然なリンクとは、自作自演のリンクのことを指します。

 

ご存知の通り、世界的に検索エンジンの大部分のシェアを占めているのはGoogleです。

 

したがって、SEO対策に与えるGoogleの影響は極めて大きく、GoogleがIT業界の全てを掌握していると言っても過言ではありません。

 

過去のGoogleは単純にリンクの数とサイトの質を重要視して、各WEBサイトの評価をしていましたが、今は自然なリンクの数とサイトの質を重要視するように改善されています。

 

不自然なリンクでもSEO対策で有効に働いた過去はありましたが、今は逆にペナルティーの対象となる可能性が極めて高くなっています。

 

この点が以前とは大きく異なるポイントであり、過度な自作自演リンクは不自然なリンクと認定される可能性が高く、今ではWEBサイトにとってマイナスの効果が高いと考えられてます。

 

一方で、自然なリンクを集めることが出来るWEBサイトは、多くのネットユーザーから支持される魅力的なサイトの証明と言えます。

 

リンクは権威あるサイトから張ってもらうことで、更にその評価は高まります。

 

長期に亘る運営実績を持ち、多くのユーザーから支持されているWEBサイトからのリンクを集められれば、より検索エンジンからの評価が高まるのです。

 

つまり、質の高いコンテンツを豊富に蓄積していく事で、評価に繋がる、より高品質のリンク収集ができる可能性が高まるわけです。

 

 

 

良質なコンテンツから期待できる相乗効果

TwitterFacebookGoogle+などのSNSが世界規模で急速に浸透している昨今では、これらがSEOに与える影響もとても大きなものになっています。

 

質の高いコンテンツの提供をすることでSEOの効果が高まれば、SNSから自然なリンクを獲得できる可能性が高くなります。

 

訪問したユーザーから「いいね」をしてもらったり、リツイートをしてもらったりすることで広くシェアしてもらえることになりますので、自然なリンクが増殖していく可能性が高まるわけです。

 

また、色々なソーシャルメディアとリンクさせることによって、ユーザーとのコミュニケーションの拡大も期待できます。

 

WEB上で多くのネットユーザーと意見交換することで、運営サイトの拡散が期待できますし、今後のサイト構築のヒントを得ることもできると思います。

 

 

 

 

検索ロボットと人間が判断する質の高いコンテンツとは

検索ロボットと人間が判断する質の高いコンテンツとは

WEB上に誕生したコンテンツはIT業界の重鎮であるGoogle(グーグルが)が評価し検索順位を決定しています。

 

Googleはコンテンツを評価する際に、検索ロボットがWEB上のサイトを巡回して、収集した膨大なデータを基に判断基準に照らし合わせていきます。

 

より多くの基準をクリアできれば質の高いコンテンツとして判断されますし、クリアできない項目が多ければ粗悪なコンテンツや場合によっては悪意あるコンテンツとして判断されることもあります。

 

人間が良質か否かを判断するのであれば十人十色の基準があって然りなわけですが、ロボットが判断する基準は予め設定されている特定の内容が基となりますので、基準外のものは容赦なくはじかれていくことになります。

 

このような現状を理解した上で、今後のコンテンツ制作の取り組み方を考えてみたいと思います。

 

特定の基準で検索ロボットがWEBサイトの質を判断するのであれば、私達運営者が判断基準を認識することで、質の高いコンテンツと認められる記事が作りやすくなるはずです。

 

 

 

Google(グーグル)が評価するコンテンツの傾向

Googleは検索順位に影響を及ぼす判断基準を明確には公表していません。

 

その為、確実な基準は誰にも断言できないわけですが、業界では検索結果の傾向から、コンテンツ評価の対象と思われる項目を幾つか挙げています。

 

 

 

テキスト内容(記事内容)のオリジナリティー

WEB上に公開する記事内容にはオリジナリティーが求められます。

 

他のサイトから記事を引用したり、リライトする場合には十分な注意が必要となります。

 

この場合、あくまでもテキスト内容のオリジナリティーのことであり、例えばテンプレートなどで他のサイトと同じデザインを使用したりすることは問題ありません。

 

 

 

情報公開の順番

類似する情報がネット上では幾つも公開されているわけですが、私達の目にはわからなくても、Googleには類似するコンテンツの公開日がいつなのかを判断することが可能です。

 

したがって、全く同じ情報を提供する記事であれば、2番目、3番目にアップされたコンテンツは不利な状況になる可能性があります。

 

 

 

記事の文字数

単純に文字数が多い記事が良いとは言えませんが、専門性が高く質の高い記事を作成しようとすれば、それなりの情報量を公開する必要がありますので、必然的に文字数も増えるはずです。

 

業界内では文字数が多い記事程、Googleが良質と判断する傾向はあると考えられています。

 

 

 

被リンクの質と数

被リンクが多いWEBサイトは、他のWEBサイトからも支持される有益且つ質の高い内容であると判断される傾向にあります。

 

自然なリンクであり、且つ、人気や実績が高い権威あるサイトからのリンクは高く評価されます。

 

 

 

人間が評価するコンテンツの傾向

一方、私達人間が質の高いコンテンツだと判断する材料は、人それぞれ個人差があります。

 

視覚に飛び込む画像や感情に訴える文章内容など、感覚的なものから内容の具体的な質にまで幅広く基準が設けられます。

 

中でも、人間の判断基準の傾向として代表的な項目をいくつか挙げてみましょう。

 

  • WEBサイトのデザイン
  • 新鮮な情報の掲載
  • 求めている具体的な情報の掲載
  • 文章のわかりやすさ
  • 読みやすい字体、文法、レイアウト
  • 有益且つ価値ある情報
  • 続きが読みたくなる文章の構成

 

以上のような項目に対し、多くの人が優れていると評価してくれれば、私達人間にとって質の高いコンテンツとして受け入れられるはずです。

 

 

 

Google(グーグル)と人間に共通する評価基準

私達がWEBサイトの検索順位を上げるには、先ず、第一優先でGoogleを意識せざるを得ない事はご理解頂けたと思います。

 

但し、検索で上位表示された後に多くのネットユーザから納得してもらい、そしてリピーターとなってもらうには、ロボットではなく人間である個別のユーザーから支持されなければ、最終的な目的を果たすことはできないのです。

 

したがって、最も優れたコンテンツを作るには、Googleと人間の基準をクリアできるだけでなく、双方の共通する基準を更に強化していくことが必要と考えられます。

 

勿論、簡単な事ではありませんが、これができれば間違いなく安定的な検索上位表示が可能になり、最終的な目的も果たすことができるはずです。

 

 

 

 

まとめ

コンテンツ重視のSEO対策と言っても、その効果を引出す為にはテクニカルな部分も色々あり、単純に良い記事を作成しても簡単に評価されない事もあります。

 

しかし、技術的な部分ばかりを優先して、SEO対策に取り組んだり、コンテンツ作成に取り組んでも、やはりつまらないコンテンツになってしまうことも少なくないのです。

 

先ずは、よりコンテンツ重視ができる検索エンジンへと、なぜGoogleが幾度となく改良を進めるのかを把握することが大切です。

 

Googleのコンテンツ重視への取り組みは、より人間に近い視点でWEBサイトを評価する為であり、インターネットを利用するユーザーへ有益な情報を提供する為です。

 

この基本を逸脱せずに、コンテンツ制作へ取り組むことが大切になります。