ブログアフィリエイトで稼げる人は最新のSEO対策を理解している人
ブログアフィリエイトでは、読者が求める有益な記事を作成する事と同じくらい、適切なSEO対策が重要になります。

但し、一昔前と比較すれば、有効と言えるSEO対策も変化している現状があります。

その為、出来る限り最新のSEOを意識しながら取り組むことが、アフィリエイトを成功させるポイントにもなります。

こちらでは、現在のアフィリエイト成功者が取り組んでいるSEO対策について解説していきます。

アフィリエイトで最新のSEO対策が重要な理由

アフィリエイトで最新のSEO対策が重要な理由
アフィリエイトのノウハウの中で、SEOはとても重要なスキルの1つになります。

SEOはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジンの最適化を意味します。

ブログアフィリエイトでは、検索流入からの集客強化ができなければ成果を出すことは難しくなります。

検索流入を強化するには、検索結果で運営ブログをより多く露出させることが求められ、その為の一連の取り組みがSEO対策になります。

Googleアルゴリズムは、検索キーワードから求めようとしているユーザーの要望を満たす為に、常に適切なWEBサイトを表示しようと改善されています。

その為、数年前のGoogleアルゴリズムと今を比較した場合、検索エンジンの精度にはかなりの差があります。

ユーザーが求めるWEBサイトを的確に表示できるようになってきた昨今では、昔のように検索ロボットを欺くような小手先のSEO対策(ブラックハットSEO)が通用し難くなっているのです。

したがって、これからもアルゴリズムの更新を繰り返して、更に精度を上げていくであろうGoogleに対しては敏感な対応が求められ、状況に応じて有効となるSEO対策の施しが継続的なアフィリエイトの成果へと繋がっていきます。

あまり効果が期待できない古いSEO対策は要注意

あまり効果が期待できない古いSEO対策は要注意
以前は検索エンジンの精度があまり高くなかったので、有効とされる手段では品質に関係なく、とにかく数を増やすことの優先で成果が出せる時代もありました。

しかし、現在は過去のSEO対策となり、全く成果に繋がらない取り組みも多く、古いだけでなくペナルティーの対象となり、検索順位を下げたり、検索結果に表示されない逆効果もありますので注意しなければいけません。

特に、以下のような取り組みは、昔流行ったSEOの定番になります。

品質の低いリンクの大量獲得

被リンクの獲得は今でも有効なSEOの手段です。

但し、集めるべき被リンクはナチュラルリンクと呼ばれる、自然に張られたリンクです。

特に、権威あるサイト(運営実績があるサイト)からの被リンクは絶大な効果を発揮します。

しかし、昔流行った相互リンクや自作自演で質の低いサイトからのリンク獲得では、殆ど効果は期待できませんし、場合によっては、質の悪いリンクを張られたことでペナルティーを科せられることもあります。

不自然なキーワード比率の増加

記事内に対策キーワードを頻繁に出現させたからと言って、SEOの効果は期待できません。

むしろ、キーワード比率が過剰で文章構成が不自然になり、Googleからユーザーにとって有益な情報ではないと判断されて検索順位を落とす原因にもなります。

ユーザーに意味の通じない文章と判断されない為に、情報の質を重視しながら適切にキーワードを挿入するようにしましょう。

品質の低いページの量産

ブログの更新頻度を上げる為に、闇雲に質の低いページを追加しても、Googleからコンテンツを評価せれることはありません。

内容の薄い100ページよりも質の高い10ページの方が、Googleからは評価される傾向にあり、検索上位表示される記事も期待できます。

無意味な作業に時間を費やすことなく、1記事1記事を丁寧に作成していきましょう。

ディレクトリサービスへの登録

かつては、ディレクトリサービスへ登録することでブログの優位性を保つことができましたが、現在は優良なディレクトリサイトへ登録しても、ナチュラルリンク1本程度の評価に過ぎないと思います。

また、無料登録できるディレクトリサービスの場合には、逆に不自然なリンクの評価を受ける可能性もありますので注意が必要です。

いずれにしても、昔のような高額な費用を掛けて有名ディレクトリサービスへ登録する価値はないと言えます。

隠しテキストや隠しリンクの乱用

ブログ初心者やアフィリエイト初心者にありがちな行為になります。

背景色と文字色を同じにしてキーワードやリンクを乱用したり、画像のalt属性で長文のテキストを詰め込んだり、色々なやり方がありますが無意味です。

と言うより、検索エンジンスパムとみなされる可能性が高いので、絶対にやめましょう。

Googleに敏感になれば最新SEOがわかる

Googleに敏感になれば最新SEOがわかる
Googleアルゴリズムは、ここ数年で頻繁にアップデートを繰り返して、その都度検索順位に大きな影響を与えています。

Googleアルゴリズムに変化があると言うことは、有効と言えるSEO対策が変化する可能性もあります。

したがって、アップデートが影響して検索順位に大きな変動があった場合には、順位を上げたサイトと下げたサイトの傾向を確認して分析することが求められます。

順位変動を計測するツールとしておすすめは、namaz.jpです。
順位変動を計測するツール

namaz.jpは、日々の順位変動をグラフで表示し、「大変動」があった際には傾向と対策のレポートを配信してくれるサービスになります。

このようなツールを利用しながらGoogleアルゴリズムを観察することで、状況に応じた運営ブログへの適切な対応ができるようになります。

ユーザーファーストのアフィリエイトブログとは?

ユーザーファーストのアフィリエイトブログとは?
現在、最も有効とされるSEO対策は、「コンテンツの充実」「良質な被リンクの獲得」になります。

その他にも色々なSEO対策がありますが、この2つの項目が優れたブログが最強と言って差し支えないでしょう。

先ず、ブログコンテンツの大半は「文章」です。

その為、個別記事の充実こそがコンテンツの充実を支える基盤になります。

ブログのテーマに沿って、読者が求める専門性の高い情報を文章だけでなく、画像や動画なども交えながらわかりやすく提供することで、コンテンツの質を上げていくことができます。

ライバルブログ以上のわかりやすい情報を蓄積しながら、随所に自分の意見を入れてオリジナリティーを出していく事で、検索エンジンは読者にとって有益と評価して検索順位を上げてくれます。

もう1つの良質な被リンクは、コンテンツの充実とは異なり外部要因になります。

つまり、直接的には自分で手を加えることができないSEOと言うことです。

そこで密接に関連してくるのが、やはり、コンテンツの充実になります。

コンテンツを充実させて検索順位を上げることでブログの露出が格段に高まります。

その結果、リピーターが増加したり、SNSで拡散されたりと、検索流入からの色々な相乗効果が期待でき、その一連の効果には被リンクの獲得も含まれます。

被リンクには、他のWEBサイトからネット上で紹介してもらえる推薦状のような役割があります。

特に、権威あるサイトから推薦されて被リンクを獲得できれば、検索エンジンから高い評価を得る絶大な効果が期待できるようになります。

この2つの有効なSEOでわかるように、Googleアルゴリズムは、より人間に近い感覚を持ち、人間が評価するであろうWEBサイトをしっかりと見極められるように精度を上げています。

常にユーザーファーストを意識した最適な検索結果の表示こそ、Googleが目指す検索エンジンのあり方になります。

まとめ

記事のテーマでは「最新のSEO対策」と記しましたが、恐らく、今後も「コンテンツの充実」と「被リンクの獲得」が最も有効とされるSEO対策であることに変わりはないと思います。

特に、アフィリエイトブロガーはコンテンツの充実に重点を置き、ユーザーファーストを追求することが求められます。

そして、充実したコンテンツのあり様は、やはりGoogleアルゴリズムの進化と共に変化していくはずです。

その変化に足しての迅速な対応が、アフィリエイトの成功を維持していく重要なポイントになります。