集客ブログの記事作成!読者と検索エンジンに評価されるブログ記事の作り方!

集客をできないブログはアフィリエイトで稼ぐ事ができません。

その為、検索エンジン・読者共に、先ず最初の評価対象となるブログのタイトルや要所に入る見出しは重要な役割を担います。

そして、最終的な読者からの評価をもらう為には、記事の中身で勝負する事になります。

こちらでは、SEO対策と読者対策の観点から、集客できるブログ記事の作り方について解説していきます。


ブログ記事の評価者を考える

ブログ記事の評価者を考える

役立つアフィリエイトブログの作り方ステップ2では、魅力的なサイトデザインにして読者を引きつける為に、メリットの高いテンプレートの選び方について解説してきました。

自分専用のアフィリエイトサイト・ブログの見た目も美しくなったところで、コンテンツの中でも最も重要度の高い、記事作成へといよいよ進んでいきます。

「良い記事を沢山作れば、ブログの人気は上がる」そう考えるブロガーは多いと思います。

しかし、実際に「良い記事」の定義について、明確に答えられるブロガーは少ないのではないでしょうか?

記事の良し悪しを評価してくれるのは、検索エンジンとブログ運営者である自分以外のネットユーザーです。

したがって、ブロガーが幾ら自信を持った良い記事と豪語しても、検索エンジンに評価されなければ上位表示されませんし、上位表示されなければネットユーザーの目に留まることもないのです。

この順序を考慮すると、先ずは、生身の人間ではなくロボットである検索エンジンからの評価が優先されることになります。

そして、検索エンジンからの評価で上位表示が可能になった後に、私達ブロガーと同じ人間である個別のネットユーザーから、それぞれ異なる感情の中で評価してもらうことになるのです。

Googleのアルゴリズムは、ここ数年で幾度となくアップデートを繰り返し、検索エンジンの性能はとても高くなっています。

WEBサイトから発信される情報が、ネットユーザーに対して有益であるか否かの細かいチェックの後に、評価の高いサイトが上位表示されるようになります。

しかし、検索エンジンの評価は「どのようなジャンルで、そのジャンルについてどれだけの情報量があるか」「関連する他のサイトへしっかりとリンクを送っているか」など、専門性の高低や他の専門サイトとの関連性の判断に限定されます。

それぞれの人間によって感じ方が異なる「面白さ」「個別情報の質」などは、検索エンジンでは判断することができません。

その為、ロボットが好む明確で分かりやすい良い記事のアピールと、人間である個別のネットユーザーが好む、単純であり、時に難解であり、一捻り加えたような面白さがある良い記事のアピールが必要となるのです。


ターゲットとなる読者層を明確にして専用の記事を提供する

ターゲットとなる読者層を明確にして専用の記事を提供する

検索エンジンは特定の分野における専門性や、同ジャンルで評価の高い他のサイトとの関連性などを一つの評価材料にしています。

その為、運営するブログの方向性は、事前にしっかりと決めておく必要があります。

但し、ブログを最終的に判断してもらうのは、個別のネットユーザーです。

そして、私達ブロガーも検索エンジンに向けて質の高いコンテンツを提供しているのではなく、多くのネットユーザーから支持してもらうことを本来の目的としてブログ運営をしているわけです。

つまり、ブログの方向性を決める事は、ターゲットとなる読者層を明確にすることでもあるのです。

読者層を意識しない記事は「そこそこ面白いだけの記事」「色々書いてはあるが本当に知りたいことが見つからない記事」このような掴みどころのないブログになりがちです。

情報量は豊富でも掴みどころがないブログでは、検索エンジンもネットユーザーも評価はし難く、仮に検索エンジンで上位表示されることがあったとしても、リピーターとなる読者を集めることは困難でしょう。

特定の読者層をターゲットに「読んだ人に対してどのようなメリットがある記事なのか」「他のライバルブログとは何が違うのか」を考慮しながら、ブロガーとして有益であることを自負できるような記事作成をしていきましょう。


読者が読みたくなるような文章を作る

読者が読みたくなるような文章を作る

記事の全体的な内容については、「専門性の高さ」「面白さ」「感動」「共感」など、人間の知性や感情に訴えるような作り方が求められますが、このような全体像は個別の文章によって構成されることになります。

個別の文章とは、記事のタイトルや記事内を構成しているそれぞれの段落です。

このそれぞれの文章は文字の内容以前に、読者に対して様々な角度から色々な印象を与える力があります。


文字を読まなくても理解できる文章にする

適切な箇所で見出しを入れる

当記事を見て頂いてわかる通り、項目ごとに見出しで文字を強調しているのが分かると思います。

見栄えの良い見出し加工は、文字の内容以前に読者を引きつけてくれる力があります。


文字の装飾で文章を強調する

文字のサイズや色、文字の周りの装飾を変化させることで、他の文字より強調することができます。

強調された文字は、一目で目に飛び込み、結果としてその部分が読まれる可能性が高くなります。

集客ブログの記事作成!読者と検索エンジンに評価されるブログ記事の作り方!


適切な場所へ画像を入れる

当記事を見て頂いてもわかる通り、要所に画像が挿入されています。

関連性ある画像は文章の理解度を高めてくれますし、ブログにおける画像挿入は読者の離脱を回避するとも言われています。

あまりにも文字の羅列ばかりでは、いくら良い記事でも読み進める気力を削いでしまいます。


文章のレイアウトで読みやすさをサポートする

特にブログなどのWEBサイトでは、読者が記事を読み進めるか否かの判断に、文章のレイアウトが大きく影響します。

「例文1」のような文字を詰め込み過ぎたようなレイアウトは最も敬遠されがちなスタイルです。

「例文2」は適度に間隔を開けているように見えますが、間隔・段落のリズムが同じになっているので、逆に読者のリズムが狂うような感じになってしまいます。

最も理想的なスタイルは「例文3」で、4行・2行・1行・3行のように適度に段落の行数を変えることによって、読者にリズムを与えてくれ、スムーズに読むことができます。

バランスの取れたレイアウトにするには、1段落は最大4行程度に抑え、適度なバラつきを加えることが理想とされています。

集客ブログの記事作成!読者と検索エンジンに評価されるブログ記事の作り方!


誰にでも分かりやすい文章を作る

専門用語を使いすぎたり、漢字ばかり、或はひらがなだらけのような文章は、読者が読み難さを感じてしまいます。

文章を気持ちよく読み進めることができるような、全体のバランスをしっかり見据える事が大切です。

また、作成した文章を読み返して、初めて読む人が分かるような出来栄えであるかをチェックしましょう。

主語が省かれているような文章を書くブロガーも多く、このような記事は書いた本人でなければ理解できない意味不明な内容になってしまいます。


SEOを意識した記事を作る

SEOを意識した記事を作る

ブログ初心者があまりにもSEO対策を意識しすぎると、記事作成が疎かになったり進まなくなってしまうこともあるので、先ず優先すべきは「読者のため」をモットーに取り組んで頂きたいのですが、とは言え、全く無視することはできませんし、重要な取り組みであることには間違いありません。

これから作成する記事が、どのようなキーワードで検索された時に上位表示させたいのかを明確にし、要所で選定した対策キーワードを使うようにしましょう。


タイトルはキーワードを入れて分かりやすく

タイトルへは必ず選定したキーワードを入れるようにしましょう。

また、あまり文字数が多くならず、分かりやすいタイトルにすることも大切です。

検索結果で表示されるタイトルの文字は最大34文字です。

したがって、キーワードを入れながら30文字前後に調整して、見た目で興味を引くようなタイトルにすることが理想的です。


一つの記事にキーワードを詰め込み過ぎない

選定したキーワードを沢山使ったからと言って、検索エンジンが評価してくれるわけではありません。

逆に、キーワードの詰め込み過ぎは、不自然なページと判断されて、検索順位を下げる結果になる事もあります。

記事内へ入れる適切なキーワード数には諸説ありますが、多くても3~4個くらいでしょう。

最も重要なのは何のページなのかを、検索エンジンに対してもネットユーザーに対しても明確にすることです。



まとめ

収益化を目的としたブログ運営では、検索エンジンの仕組みとブログへ最終的な評価を下す読者層を十分に理解する必要があります。

最も注視すべき取り組みは、検索エンジンにとっても対象となる読者層にとっても、わかりやすいブログを作ることです。

伝えたいことが自然な流れで理解され、それぞれの対象者にとって有益となるブログ作りを常に心掛けましょう。


NEXT