あなたのブログが稼げないのは収入を生み出す3つの要素を無視しているから
ネット収入を稼ぐ為に、ブログは手軽に始めることができ最も人気の高いツールです。

 

しかし、誰もが簡単に開設できるものの、誰もが簡単にブログの収益化に成功できるわけではなく、「ブログを始めたけど全く稼げない」と悩みを抱えるブロガーは少なくありません。

 

収益化に成功しているブログとそうではないブログを比較した場合、大前提となる要素を無視していることが多く、これを明確にした上でブログ構築をしていかないと収入に繋がる効果的な集客ができなくなってしまいます。

 

こちらでは、ブログの収入を生み出す基本的な3つの要素を学びながら、収益化を成功させる為の具体的なブログのモデル設計について解説していきます。

 

 

 

 

ブログの収益化を成功させる3つの要素

ブログの収益化を成功させる3つの要素
ブログの収益化を目指して日々記事更新を繰り返しても、稼げる収益モデルを明確に設計していなければ、なかなか成果に繋げることはできません。

 

この設計段階で深く関わってくるのが、ブログの収益化を左右する3つの要素です。

 

ブログ収入は以下3つの要素からなる、極めてシンプルな構造になります。

➀「アクセス数」×➁「コンバージョン率」×➂「報酬単価」=ブログ収益


 

➀「アクセス数」
アクセス数は、自分のブログを訪問してくれたユーザーの数です。

➁「コンバージョン率」
コンバージョン率はアクセスしてくれたユーザーの内、実際に商品購入など収益になる行動をとってくれた割合です。

➂「報酬単価」
報酬単価はブログ収益化の為に導入しているキャッシュポイントで、アフィリエイト広告やコンテンツ販売などの単価です。

 

つまり、この3つの要素による掛け算の数値が低いブログほど、収益化の成功が困難になるのです。

 

ただ、3つの要素が全て高いに越したことはありませんが、どの程度の数値目標が妥当なのかは運営ブログのスタイルによっても異なりますし、全てを高水準で維持することはなかなか難しい取り組みでもあります。

 

先ずは、3つの要素からなる妥当なラインを算出して、運営ブログが目指すべき妥当な目標ラインを明確にすることが大切になります。

 

 

 

 

ターゲットを明確にして効果的な集客を選択する

ターゲットを明確にして効果的な集客を選択する
例えば、お寿司屋さんの収益モデルを考えた時に、単価の低い回転ずし店と高級すし店では目指すべきスタイルは当然異なります。

 

回転ずし店で月300万円の売上目標を達成する為に
  • 客単価は平均3000円
  • 月間1000人の集客が必要
  • 集客にはテレビ、ネットなどの広告が効果的
高級ずし店で月300万円の売上目標を達成する為に
  • 客単価は平均30000円
  • 月間100人の集客が必要
  • 集客には富裕層同士の口コミが効果的

 

ブログ収益化の場合にも、キャッシュポイントとなる報酬単価によって、売上目標を達成する為に必要となる3つの数値は異なり、このそれぞれの数値がどうあるべきかを十分に把握することが求められます。

 

例えば、アフィリエイトで収益化をする場合でも、1万円以上が見込めるFX口座開設のような報酬単価の高い広告もあれば、無料会員登録のように数百円程度の報酬単価が低い広告もあります。

 

したがって、同じ売上目標を達成する為には、ブログの集客に必要な数に差が生じ、それに伴うブログ運営の戦略も異なってきます。

 

それぞれの数値を把握した後に、最適なブログ集客の方法ブログそのもの方向性を明確にすることが重要になるのです。

 

この一連の数値化と数値に基づいた戦略が明確になていれば、設計図が出来上がった収益化しやすいブログと言えるわけです。

 

 

 

 

アフィリエイト手法によって稼げるブログの戦略は異なる

アフィリエイト手法によって稼げるブログの戦略は異なる
アフィリエイトでブログの収益化をしていく場合に、アドセンスのようなスタイルと物販アフィリエイトのようなスタイルでは、3つの要素で強化すべき場所が違いますので、やはり戦略もそれぞれに適したスタイルにすることが求められます。

 

この2つの代表的とも言えるアフィリエイト手法を例に、収益モデルの解説をしていきます。

 

 

 

アドセンスの収益モデル

アドセンスはコンテンツマッチ型のアフィリエイトスタイルになりますので、アフィリエイト広告に関連する専門性の高いコンテンツ作成は必要ありません。

 

また、クリックされるだけで収益になりますので、初心者には最適なキャッシュポイントと言えます。

 

但し、収益を発生させるハードルは低いものの、1クリック平均30円程度と報酬単価も低くコンバージョン率は1~2%程度と言われている為、それなりの収益化を実現するにはかなりのアクセス数が必要となります。

 

コンバージョン率1%、報酬単価30円で月間30万円の売上を稼ぐには100万ものアクセス数が必要となります。

100万アクセス(強化要素)×コンバージョン1%×単価30円=ブログ収益30万円

 

つまり、アドセンスの収益モデルは薄利多売であり、最も強化すべき要素はブログへのアクセス数と言うことになります。

 

圧倒的なアクセス数を稼ぐ為に、最適な手法はブログコンテンツのトレンドを意識することです。

 

記事更新時のネタが旬のものであれば多数の検索需要が期待できますので、上位表示される可能性が高くなり、結果的に多くのアクセスを見込めることになります。

 

アドセンスで結果を出せない人にありがちな傾向として、以下のような点が挙げられます。

 

  • トレンドを意識せず自分の好きな事ばかりを記事にしている
  • 記事更新頻度が少なすぎてトレンドに乗り遅れている
  • 検索ボリュームの小さすぎるネタばかりを記事にしている

 

アドセンスで稼ぐにはネット上の流行に敏感に反応できるアンテナが必要であり、反応と共に記事更新をできる効率的な仕組みの構築が必要となります。

 

 

 

物販アフィリエイトの収益モデル

物販アフィリエイトは選択するアフィリエイトプログラムによって報酬が異なります。

 

1つの成果発生で数百円~数万円と報酬単価の幅は広く、報酬確定までの条件も色々で、一般的に高い報酬のアフィリエイト広告ほど難易度は高くなります。

 

物販アフィリエイトで成果を出していく為には、アクセス数も大切な要素にはなりますが、アフィリエイト広告に関連する専門性の高いコンテンツを作ることができなければコンバージョン率は上げる事が出来ません。

 

したがって、コンバージョン率を上げる為の専門性に富んだ高品質のコンテンツ作成が最も強化すべき要素と言えます。

 

仮に、コンバージョン率を10%まで上げれるようなコンテンツを作成できれば、3000円の報酬単価の広告の場合1000アクセスで30万円のブログ収益を稼ぐ事が可能になります。

1000アクセス×コンバージョン10%(強化要素)×単価3000円=ブログ収益30万円

 

物販アフィリエイトでは、コンテンツの品質を向上させることでコンバージョン率をコントロールすることができますので、極めて高い利益率を達成することも可能になります。

 

その為には、ブログコンテンツとブロガー自身の「専門性」「信頼性」「権威性」を高めていく事が重要であり、3つの高まりと共に同ジャンルに興味ある読者を幅広く集客することができるようになるのです。

 

広告の商品を売り込むような記事ばかりではなく、メリット・デメリットや比較など、様々な視点からオリジナルの意見を織り込んだコンテンツが読者に役立つブログになり、結果的に収益化に大きく貢献することになります。

 

物販アフィリエイトで収益化していくには、特定ジャンルに興味ある読者層に対して情報提供できる専門ブログの構築が成功のカギになります。

 

 


 

 

 

 

稼いでいるライバルブログを徹底的に研究する

稼いでいるライバルブログを徹底的に研究する
ブログの収益化は、なんとなく真似しただけでは稼げません。

 

「こんなブログを作りたい」と目標にできるブログを見つけたら「何が違うのか」「何が必要なのか」を徹底的に研究することが大切です。

 

近づこうとする意欲と行動力があれば、それを実現する為のリサーチ力も身に付き、必ずブログの品質は向上していきます。

 

しっかりと稼いでいる理想のブログをベンチマークして、将来的にはライバルとして肩を並べれるようにしっかりとノウハウを研究しましょう。

 

 

 

 

まとめ

ブログ収益化の為に色々とテクニカルなことを試しては、どれも中途半端で結果を出せないブロガーが多くいます。

 

また、意外と基本的なことを見落として、ブログ最適化の大きな妨げになっていることも多くあります。

 

先ずは、3つの要素を見直し強化すべき点に傾倒することが、ブログ収益化の基礎を作り上げますので、当記事を参考に、最適な組み合わせをしっかりと考えましょう。