ブログのSEO対策でGoogleへ配慮するべき6つの効果的な取り組み方
ブログアフィリエイトで成果を出していくには、検索上位表示を可能にするSEO対策が必要不可欠です。

しかし、色々あるSEOの手法の中で、どのように検索結果に反映されているのかを具体的に効果測定することは難しい為、ブログを始めたばかりの初心者にとっては、どれから手を付ければよいのか混乱してしまうことも多々あるはずです。

また、Google自体も明確にサイト評価の基準を示しているわけではありませんので、ガイドラインに示された内容を解釈しながらクローラーへ配慮した取り組みを根気よく継続するしかありません。

こちらでは、ブログを最適化してGoogleから出来る限り最大評価されるような効果的なSEO対策の手法について解説していきます。

Googleが求める良質なブログのスタイルを把握する

Googleが求める良質なブログのスタイルを把握する
先ずは、Googleがサイト評価の基本として定義している「ユーザーファースト」の概念を十分に理解する必要があります。

アフィリエイトの場合ブログの収益化を目的としていますので、無意識のうちにサイト運営者側に有益な取り組みをしてしまいがちです。

収益の拡大に繋がる対策ばかりを考慮して、ブログを公開している先の読者に対して有益性に欠ける内容になってしまうこともよくあることなのです。

しかし、このような露骨に検索上位表示を目的としたWEBサイトをGoogleは評価しません。

あくまでも、ユーザーの有益性や利便性を考慮したサイト運営を評価し、結果として検索順位に反映させることがGoogleの基本的な概念になります。
Googleが求めるブログのスタイルの図解

SEO対策の取り組み方は色々ありますが、ホワイトハットであろうとブラックハットであろうとGoogleの求める根本を理解していなければ、検索上位表示の結果には繋がりにくいのです。

明確なキーワード選定でコンテンツを構成

明確なキーワード選定でコンテンツを構成
ブログへ多くの読者を呼び込むには、読者が求める情報に対して関連性の深いキーワードを選定することが重要になります。

選定方法の基本は、1記事に対して1キーワードの選定に絞り込むことです。
1ページ1キーワードの選定を現した図

ブログ全体としてはトップページをはじめ、幾つもの記事で複数のキーワードをターゲットとすることになるわけですが、個別ページに含ませるキーワードは1つに絞り込んだ方が、Googleに対しても読者に対しても明確に示すことができます。

記事のテーマに沿って、検索ボリュームやライバルサイトの状況も考慮しながら、関連性の深いキーワードを選定します。

あくまでも、記事テーマに対する内容の充実を基本としながら、自然な文章構成になるようにキーワードを含ませるようにします。

検索意図を考慮したコンテンツの構成

検索意図を考慮したコンテンツの構成
ブログコンテンツを構成していく上で、ユーザーの検索意図を分析して、対象記事へ落とし込んでいく事はとても重要です。

選定した対策キーワードで表示される検索結果から、ライバルブログのコンテンツ内容(文言・文章量・画像・レイアウトなど)を確認して、ユーザーが求める情報がどのように発信されているのかを分析します。
競合上位の傾向から検索意図の分析を現した図

分析結果を基に、ユーザーの検索意図を個別記事へしっかりと落とし込んでいく事で、ライバルに負けないオリジナルコンテンツの作成が可能になります。

正確な情報で信頼性の高いコンテンツを構成

正確な情報で信頼性の高いコンテンツを構成
ブログ運営を成功させるには、Googleと読者の双方から信頼を得る事がとても重要です。

信頼を高めることで、ブログのブランディングが進み、検索上位表示や他の読者からの拡散も期待できます。

コンテンツの信頼を高めていく上で第一に求められることは、公開する情報の正確さと専門性です。

正確且つ専門性の高い情報に対して、運営者自身の経験や考えを盛り込みながらオリジナリティを出すことで、ブログのブランド化が徐々に進んでいきます。

  1. 正確な情報で信憑性を高める
  2. 関連する記事を増やして専門性を高める
  3. オリジナリティを出して差別化する
  4. 運営者の情報を明示して信頼性を高める
  5. SNSやメルマガでブログの認知度を上げる
  6. 長期間ブログ運営を継続する

ユーザーのストレスと不安を解消するコンテンツの構成

ユーザーのストレスと不安を解消するコンテンツの構成
公開する情報の信頼性を高めながら、更にコンテンツの快適な環境構築に力を入れることも重要な取り組みになります。

ブログの読みやすさや使いやすさを考慮して、検索ユーザーの利便性を高めていくには、以下のような取り組みが効果的と言えます。

読みやすいコンテンツ

内容が充実した記事の公開は前提となりますが、それと同時に読みやすいバランスの取れた配慮も大切になります。

人間は文章の内容以前に、視覚に飛び込む印象で読むことを躊躇することも多々あります。

誤字脱字をなくして文脈をわかりやすくすることは勿論ですが、行間が狭すぎたり、文章が長くなりすぎたりしないように、「見た目」のバランスも十分に考慮するようにしましょう。

また、画像の配置や、アフィリエイトの場合には広告の配置もコンテンツの読みやすさに影響してきますので配慮が必要になります。

ブログの表示速度を改善する

ブログの読み込み速度を上げる事で、読者にストレスを与えない快適な表示を可能にします。

しかし、ブログの表示速度を上げる手法は色々あり、初心者にとっては何度の高い実装方法もあります。

そこで、ブログ初心者でも出来る取り組みとして、ブログ内の不要ファイルなどのリソースを軽減することや高速なレンタルサーバーの活用なそが挙げられます。

  • 画像のファイルサイズ圧縮
  • CSSやJavaScriptのファイルサイズ圧縮
  • ブラウザキャッシュの活用
  • 高速なサーバの活用

ブログのスマホ対応

以前は、ブログへパソコンからのアクセスが圧倒的でしたが、スマートフォンの普及により、その様相はガラリと変わり、今後益々スマホからのアクセス数の方が増加することは間違いありません。

既に、スマホからのアクセス数の方がパソコンを上回っている現状では、スマホ対応していないブログの損失は大きく、アフィリエイトの収益化にも大きく影響する事になります。

ブログをスマホへ対応させるには、スマホに対応したブログテンプレート(テーマ)の活用が最も手っ取り早い方法であり、カスタマイズの知識に乏しいブログ初心者には特におすすめと言えます。

  1. レスポンシブWEBデザインに対応したテンプレート(テーマ)を活用
  2. スマホ対応に効果的なプラグインの活用
  3. テンプレート(テーマ)ファイルのカスタマイズ

ナビゲーションの強化

訪問した読者がブログ内の場所を把握できるナビゲーションの仕組みを構築することは、直帰率と回遊率を改善する効果が期待できます。

  • パンくずリストの設定
  • グローバルメニューの設置
  • わかりやすいカテゴリー分け
  • 関連性の深い内部リンクの設定

以上のような項目が、ブログのナビゲーションを強化して読者の利便性を高める取り組みになります。

ブログのHTTPS化

ブログのHTTPS化をするには、SSL証明書を申請して取得することが必要になります。

この対応をすることで、パスワード・クレジットカード等の個人情報をWebサイト内のページで入力する場合、第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざん等を防ぐ為にインターネット上での通信を暗号化することができます。

このようなセキュリティの強化に加え、以下のような点でもHTTPS化のメリットがあると考えられています。

  • WEBサイトの信頼性向上
  • 検索順位での優遇(SEO効果の向上)
  • 通信速度の向上
  • アクセスログ解析の制度の向上

クローラーの認識を加速させるコンテンツの構成

クローラーの認識を加速させるコンテンツの構成
クローラーの認識しやすいサイト構造にすることで、それぞれのブログのページが検索エンジンにインデックスされやすくなり、Googleから評価されやすくなる効果が期待できます。

以下のような取り組みを施すことで、クローラビリティの高いコンテンツの提供が可能になり、効果的なブログのSEO対策により検索上位の可能性が高まります。

  1. テキスト中心のコンテンツでブログを構成する
  2. サイトマップを設置する
  3. 内部リンクを最適化する

まとめ

ブログのSEO対策でGoogleが求める条件を満たす為の取り組み方法について解説しました。

とにかく、基本は「ユーザーファースト」です。

Google以前に、ターゲットとなるブログの読者が何を求め、どのようにすることで満足が得られるのかを十分に考えて取り組む必要があります。

小手先のテクニックにばかり走ることなく、ブログの価値を高めることに重点を置けば、必ず、Googleからも評価され効果的なブログのSEO対策となるはずです。