SEOを意識した個人サイトの最適化とブログアクセスを増やす12の有効手段

SEO対策を意識した個人サイトの最適化とは

私達が個人サイト個人ブログを開設しても、大手企業のWEBサイトや人気芸能人のような著名な方々のように、アクセスを集めることは容易なことではありません。

 

勿論、個人運営でも人気の高いWEBサイトを作り上げたブロガーやアフィリエイターも存在しますので、日本中を席巻するような人気サイトを作ることが絶対に無理とは言い切れませんが、常識的に考えれば高度なSEO対策を施したとしても、サイト構築の為の資金力やブランド力などで大きな差が生じることは明確です。

 

やはり、個人サイトで総合的に力の勝るWEBサイトと肩を並べる事は、極めて困難な取り組みであると言わざるを得ないのです。

 

但し、個人サイトの場合には、運営の目的にもよりますが、殆どは、途方もなく競争率の高い状況の中で、トップに君臨するほどのアクセス数が求められるわけではありません。

 

検索上位表示を目指して多くのアクセスを集めることは、確かに重要な取り組みの一つではありますが、そもそもWEB上で圧倒的な力を持つサイトと肩を並べる必要が、必ずしもあるわけではないのです。

 

個人サイトは運営者それぞれに個別の目的があるわけですが、単なる人気サイトの構築が目的ではない事が殆どです。

 

その多くは、アフィリエイト特定のジャンルにおける宣伝活動などで、目的を果たす場所は限定的なのです。

 

その為、単純にアクセスの増加だけに傾注するのではなく、目的に応じた総合的な施しをしなくてはいけませんし、運営する個人サイトがバランスの取れた最適な状態である事に注視しなくてはいけないのです。

 

 

 

ターゲットを絞り込んだ質の高い専門情報の蓄積

ターゲットを絞り込んだ質の高い専門情報の蓄積

では、個人サイトにおける最適化とは具体的にどのような事なのでしょうか。

 

最適化を図る為には、前提として集客すべきターゲティングの絞り込みと、ターゲティングされたネットユーザーが満足できる情報の蓄積がしっかり施されていることが求められます。

 

  • どのような専門的な情報を発信しているサイトなのか?
  • それを欲しているネットユーザーが検索するであろうキーワードは何か?
  • 情報を入手したネットユーザーにはどのような明確なメリットがあるのか?
  • サイト構築の中で収益化など目的達成のスキームはできているのか?

 

以上のような項目をはっきりさせることで、掲載記事がテーマから逸脱すようなブレや、目的達成までの道筋(サイト内の目的に繋がる導線)が複雑になる事を未然に防ぐことができます。

 

結果として、WEB上の圧倒的トップに君臨するような莫大なアクセス数がなくとも、ターゲティングしたピンポイントのネットユーザーを数多く集客して、サイト運営の目的達成を実現できるのです。

 

 

 

複合キーワードのターゲティングは敏感且つ迅速に対応

複合キーワードのターゲティングは敏感且つ迅速に対応

個人サイトを成功へと導く為には、幾つかの要因が必要となります。

 

  • コンセプトを絞り込み専門サイトを構築する
  • ターゲットを集客しやすいテーマにする
  • 複合キーワードでよりピンポイントのターゲティングをする

 

勿論、この他にも細かな要因はあるのですが、重要性が高く、初心者でも対策と対応ができる要因として挙げるとすれば、この3つがポイントとなります。

 

特に、複合キーワードは個別記事への対応となりますので、ブログ運営の場合には常に敏感に対応する必要性が出てきます。

 

人気の単独キーワード、いわゆるビックキーワードで個人サイトを検索上位表示させることは極めて困難、と言うよりもブラックなSEO対策でもしない限り不可能に近いと言えます。

 

したがって、個人サイトを検索上位表示させるには、ターゲットとなるネットユーザーがどのような複合キーワードで検索するのかを、常に考えながらサイト構築する必要があるのです。

 

また、アクセス解析ツールの設置で、自分のサイトがどのようなキーワードで検索され、閲覧されているのかを知ることも大切です。

 

意外なキーワードが検索エンジンンに認識されていることを知ることができたり、新たな複合キーワードで今後の攻めどころを発見できることも少なくありません。

 

常にネット上の流行や傾向を把握できる敏感なアンテナと、迅速に実践へ移行できるフットワークは、個人サイト運営で成功できる重要なポイントとなります。

 

 

 

 

ブログのアクセス数を増やす12の有効手段

ブログのアクセス数を増やす12の有効手段

ブログは有効且つ効果的なSEO対策をすることによって、アクセスアップが期待でき、多くのネットユーザーに認知されることになります。

 

しかし、取り組むべきSEO対策は1つではありません。

 

誰でもできる取り組みもあれば、知識や技術が必要となり、そうではないものもありますし、大きな効果が実感できる時もあれば、長期に渡り地味に現れる効果もあります。

 

初心者ブロガーにとっては、様々なサイトで色々なSEOの取り組みを紹介しているので、混乱してしまうことも少なくないと思います。

 

今回はブログのアクセスアップに役立つ12の取り組みを紹介したいと思います。

 

 

 

ロングテールのコンテンツを作成する

ロングテールのコンテンツ、つまりそれなりの文章量を持つ記事の蓄積を意味するわけですが、テキスト量の多い記事を作成して蓄積することは、後々大きなSEO効果を発揮します。

 

単純に長い文章を作成するのではなく、読者の興味をそそる充実した内容の記事を多く蓄積できれば、ロングテールのアクセスアップにも繋がりますし、複数のキーワードで検索上位表示も期待できます。

 

充実した記事作成は楽な作業ではありませんが、最も有効且つ効果的なSEO対策と言えます。

 

 

 

 

モバイルフレンドリー対策を施す

ブログへのアクセスは、パソコンよりもスマートフォンの方が多くなっています。

 

したがって、スマホ・タブレットに対応したサイトデザインである事が重要になります。

 

Googleが無料で公開しているモバイルフレンドリーテストツールを活用して、ブログの状況を確認しましょう。

 

不合格の場合には、Googleからのマイナス評価やモバイルユーザーの直帰率上昇が考えられますので、テンプレートの変更などで対応しましょう。

 

 

 

タイトル・見出しにはターゲットとなるキーワードを入れる

キーワードの挿入はSEO対策の基本中の基本ですが、意外に無視してしまっているブロガーも少なくありません。

 

ブログのコンセプトに見合った読者層の獲得は、キーワード選定をしっかり行いタイトルタグへ組み込むことがポイントです。

 

また、個別記事でもキーワードを意識してh1・h2タグへ挿入すすることで、SEOの効果が期待できます。

 

 

 

サイト内ページをリンクで繋ぐ

検索エンジンはリンクを辿ってページをインデックスしていきます。

 

サイト内のページ同士がリンクで繋がっていない場合には、インデックスされていないケースもありますので、有効な取り組みと言えます。

 

 

 

パンくずリストの設置

パンくずリストの設置は、ネットユーザーにサイトの構造を理解してもらうだけでなく、クローラーにも構造を理解してもらう効果があります。

 

人間もロボットも、サイトを訪れた時に迷うことがないような、分かりやすいサイト構築が必要です。

 

 

 

アフィリエイト広告は必要最小限にする

Googleからのマイナス評価を受けやすいサイトの一つとして、アフィリエイトサイトが挙げられます。

 

楽天やAmazonのバナーを多く設置したり、アフィリエイト広告を無暗に掲載しているサイトは、マイナス評価を受ける可能性があるのです。

 

必要最小限に抑え、効果的な導線作りに徹した方が稼げるサイトを作れるはずです。

 

 

 

ソーシャルサービスからの拡散が期待できるサイトを作る

Twitter・Facebook・Google+などのSNSと運営ブログのリンクは、今や当然の取り組みと言えます。

 

利用者の多いSNSのソーシャルボタンは、必ず設置するようにしましょう。

 

フォロワー数やツイート数、いいね数などもプラス評価の対象と言われていますので、それぞれのSNSから拡散してもらえるサイト構築を意識しましょう。

 

 

 

重いブログは嫌われる

容量の大きな画像や動画などを掲載していく内に、ブログの表示速度が低下することはよくある事です。

 

重いブログは検索ロボットから敬遠されますし、読者の不快感も増して、離脱に繋がる可能性が高くなります。

 

PageSpeed Insightsの計測で60以下なら、あなたのブログは要注意と言えます。

 

画像の圧縮やデータのキャッシュなど、取り組みを考えましょう。

 

 

 

サイトマップを作る

サイトマップを作成することによって、検索ロボットはブログにどんなページが存在するのかを認識しやすくなります。

 

また、同様にブログを訪問した読者にも多くのページを認識してもらえるので、メリットは大きいと言えます。

 

 

 

Google AnalyticsとSearch Consoleを利用する

Google AnalyticsSearch Consoleの利用は、ブログのアクセスアップを考えるなら必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

アクセス解析がある事で、キーワードの選定や過去のページの修正個所などが明確になります。

 

データは日々変化しますので、小まめなチェックが必要です。

 

 

 

読者の興味を引くタイトルを考える

記事内の文章もさることながら、先ずは、目に付くタイトルが魅力的である事はとても重要です。

 

キーワードばかりを意識しすぎて、読者が興味を示さないタイトルになってしまっては本末転倒です。

 

読者がクリックしたくなるようなタイトルである事は前提で、そこへ上手にキーワードを挿入しましょう。

 

 

 

ブログの更新を継続する

検索ロボットは長い間更新が止まっているサイトに対して、検索順位を徐々に落としていく傾向があります。

 

長期間ブログを放置せずに、定期的な更新を継続する事は重要ですし、以前の記事の情報が古くなった場合には、修正を施す事も大切な取り組みの1つです。