初心者が学ぶべきコンテンツマーケティングの基礎知識と戦略的なコンテンツ手法の活用!

コンテンツマーケティングとは

昨今、日本でも多くのマーケッターからコンテンツマーケティングが注目されるようになりました。

 

では、コンテンツマーケティングとは、具体的にどのようなマーケティング手法なのでしょうか?

 

実は、細かい部分は人によってそれぞれ解釈が異なり、明確な定義があるわけではありません。

 

但し、大枠で捉えた場合、コンテンツ(編集された有益な情報)の提供によって、ユーザーの態度変容を促し、段階的に購買に結び付ける技術と言うことになると思います。

 

価値あるコンテンツの制作と発信で、潜在顧客であるユーザーのニーズを育成しながら、購買や契約を段階的に促して顧客化させ、最終的にはファンとしての定着化をさせることが、コンテンツマーケティングにおける一連の手法になります。

コンテンツマーケティングの考え方

 

顧客化させるまでの育成段階では、質と量が充実したコンテンツを制作して、ユーザーへ提供する事が求められます。

 

その手法は1つではなく、ユーザーのあらゆるニーズに応えられるように、臨機応変な対応が必要となります。

 

 

 

 

なぜコンテンツマーケティングが注目されているのか?

なぜコンテンツマーケティングが注目されているのか?
従来の広告スタイルは、ユーザーに対して一方的なメッセージのアピールばかりが目立ってしまい、情報化社会の中では、次第に広告そのものが煙たがられる存在になってしまいました。

 

インターネットが普及して、自らが欲しい情報を探して、問題を解決したり知識を豊富にしたり、それぞれの欲求を満たすことができるようになった現在では、一方的にメッセージを伝える手法は、マーケッターとユーザーとの間にギャップを生み出してしまいます。

 

この双方のギャップをなくして、良好なコミュニケーションを成立させることができるマーケティング手法こそが、コンテンツマーケティングになります。

 

コンテンツマーケティングは、従来の広告戦略では考えられない革新的な手法です。

 

部分的にコンテンツマーケティングを切り出してみても、その一部分はブログやSNSや動画などを用いた、それぞれのマーケティングであり、コンテンツマーケティングの本質を見ることはありません。

 

コンテンツを充実させることで、伝えたいことと知りたいことが適切な関係性を作り上げる為、マーケッターとユーザーのコミュニケーションも充実していき、双方の目的を良好な状態で満たすことが可能になるのです。

従来の広告とコンテンツマーケティングの違い

 

既に、日本における新商品の情報入手経路は、2位の店頭での情報入手、3位のテレビ広告での情報入手を抑えて、インターネット検索での情報入手がトップです。

 

つまり、自ら積極的に情報を集めることが当たり前になり、売込み型のマーケティング手法には、多くのマーケッターが限界を感じていることが、コンテンツマーケティングが注目される最大の理由と言えるのです。

 

 

 

 

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット
多くのマーケッターから注目を集めるコンテンツマーケティングですが、効果を引出す為にはメリットとデメリットの部分をしっかりと把握して取り組む必要があります。

 

先ず、コンテンツマーケティングにおける成果を上げる為の共通認識として、長期運用が基本であることの理解が求められます。

 

一般的には、最低でも6ヵ月以上の期間が必要と言われ、しっかりと運用して成果を最大限引き出していくのであれば、1年~2年程度は、じっくりと腰を据えて取り組む姿勢が求められるのです。

 

単発的な効果を短期間で達成する手法とは異なりますので、段階的な幾つかの目標設定と最終的なゴールを明確に設定して、その都度効果測定をすることが望ましいコンテンツマーケティングの取り組み方と言えるでしょう。

 

 

 

コンテンツマーケティングのメリット

  • ブログなどで開始できる為、導入時のハードルが低い
  • コンテンツの蓄積で将来的な資産形成ができる
  • 潜在顧客との接点を増やすことができる
  • 双方向のコミュニケーションを成立させて顧客インサイトを分析できる
  • 顧客のニーズを育成できる
  • 顧客のロイヤリティが高まる
  • ブランディングに役立ちオピニオンリーダーとしての地位を形成できる
  • 長期運用での費用対効果が高い

 

 

 

コンテンツマーケティングのデメリット

  • 運用に手間と時間が掛かる
  • 即効性が見込めない為、短期での費用対効果が悪い
  • リーチ力が弱い
  • コンテンツを継続的に発信して長期運用が必要になる

 

 

 

 

様々なコンテンツ手法を理解する

5つのコンテンツ手法を理解する
コンテンツマーケティングは、様々なコンテンツに特化したマーケティング手法になりますので、その形態も様々になります。

 

オウンドメディア・動画・音声・電子書籍など、コミュニケーションのタイプによっても異なりますし、コンテンツの展開方法によっても違いが現れます。

 

その中でも、代表的と言える手法を挙げてみましょう。

 

 

 

オウンドメディア

オウンドメディアとは、ホームページ・ブログ・メルマガ・SNSのアカウントなど、自社或は自分で所有しているメディアを指します。

 

導入時のハードルが低く、コンテンツマーケティングの効果を引出しやすいツールとしては、ブログが先ず第一に挙げられると思います。

 

また、メルマガ発行やSHSでの拡散などは、プッシュ型のマーケティング手法として活用できます。

 

 

 

動画コンテンツ

動画コンテンツは、テキスト形式での情報発信とは異なり、大量の情報を詰め込めると共に、そのインパクトで効果に繋がる期待が持てます。

 

特に、アメリカなどのコンテンツマーケティングが進んでいる国では、動画コンテンツは盛んです。

 

視覚と聴覚へ、重要な情報と感情を動かすストーリーを短時間で届けることができる為、とても効率の良い手法の1つと言えます。

 

 

 

Ebook・ホワイトペーパー

Ebookは電子版の書籍で、パソコンやスマホなどの端末で本を読むことができます。

 

ホワイトペーパーは、調査と関連付けて商品や技術の利点や長所をアピールする報告書のようなもので、ダウンロードして閲読する事ができます。

 

いずれも、商品の購入やサービスの利用・契約などに対して、興味はあるものの検討中である見込み客に対しては、より具体的で細かな情報提供ができる有効な手段として活用できます。

 

 

 

 

ビジネスブログでコンテンツマーケティングを始める

ビジネスブログは、マーケティングのゴールに到達する為に、戦略に基づいて企画・制作・運用されるマーケティングチャネルの1つです。

 

また、ビジネスブログはオウンドメディアの代表的なツールであり、情報のハブとして機能する重要性が極めて高い存在でもあります。

 

このような話し方をすると、ビジネスブログが一般的なブログと異なり、運営が難しいように聞こえるかもしれませんが、ポイントを押さえて取り組めば、基本的にはメインコンテンツとなる記事作成が主な作業になりますので、特別高度な技術や知識が必要なわけではありません。

 

ビジネスブログの構築には、CMS(content management system:コンテンツマネジメントシステム)の利用がおすすめです。

 

CMSとは、WEBサイトの制作に必要な専門知識を持ち合わせていない人でも、簡単な操作でサイト上のコンテンツを管理できる仕組みのことです。

 

代表的なものでは、ブログソフトウェアのWordPressが挙げれます。

 



ビジネスブログと一般的なブログの違いは、想定読者(ペルソナ)を選定し執筆する事が求められ、想定読者が抱える課題の解決を手助けする内容で、且つ、展開するビジネススキームに関連性を持っている記事作成が必要である事です。

 

ビジネスブログで始めるコンテンツマーケティングは、その効果がインバウンドで発揮できるスタイルになりますので、ユーザーが有益な情報を求めてブログ内を回遊できるような、質と量が充実したコンテンツ制作が求められます。

 

つまり、専門性が高く情報量が豊富な記事更新が必要となるのです。

 

その上で、以下のポイントを念頭にビジネスブログの運営に取り組みましょう。

 

 

 

ターゲットとなる読者層を捉えたコンテンツ作り

作成するコンテンツは、全てのネットユーザーへ向けられたものではありません。

 

特定ジャンルに興味ある読者層をターゲットに、どのような問題や疑問を抱え、その解決にどのような情報を求めているのかを、しっかり捉えた記事作成が求められます。

 

 

 

ブログ訪問者の回遊性を意識したレイアウト

カテゴリーの表示や人気記事ランキングの設置など、それぞれのページに興味を持ってもらい、読みまわりやすいようなレイアウトになっていることが大切です。

 

メニューバーやパンくずリストの設置、サイドバーのカスタマイズなど、回遊性を意識した工夫をしていきましょう。

 

 

 

ユーザーのニーズを段階的に捉えるブログの仕組み作り

1つの記事で情報をぶつ切りにするのではなく、記事終了後に読者の行動喚起するような工夫が求められます。

 

関連記事への誘導や商品ページへの誘導など、バナーやテキストなどで読者の誘導経路を上手に確保しましょう。

 

 

 

ソーシャルメディアに対する最適な対応

メインとなるビジネスブログと、他のソーシャルメディアとの連携を強化する取り組みは必須項目です。

 

先ずは、シェアボタンを分かりやすい場所へ設置することが基本中の基本です。

 

 

 

SEO対策も意識したブログ記事の構築

本来、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは、全く別の概念になりますが、ターゲットとなるユーザーが求めるコンテンツを提供する意味においては、取り組み方で類似する点があります。

 

コンテンツマーケティングの効果を引出す為に、サイト流入を作り出す手法の1つとしてSEOが挙げられ、SEO対策で基も有効とされる取り組みがコンテンツSEOになります。

 

したがって、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングのプロセスに活用できる手法の1つと言えます。

 

特に、ロングテールキーワードを意識したコンテンツの制作に注力するようにしましょう。

 

 

 

 

まとめ

特に、初心者へ向けたコンテンツマーケティングの基礎知識と、コンテンツ手法について紹介してきましたが、効果を引出すにはしっかりと戦略を立てて、長期間に亘り取り組む事が大切です。

 

コンテンツマーケティングの戦略を立てる上で大きなポイントは、「どのようなビジネス上の課題を解決しようとしているのか」をはっきり打ち出して、更には、その課題の提起と解決方法を、分かりやすくユーザーへアピールする為のプロセスを明確にすることです。

 

この明確になったプロセスの管理と、目標に対する期限管理を徹底することで、コンテンツマーケティングの成果を手繰り寄せることができます。