初心者が学ぶべきWEBマーケティングの基礎知識と実践で効果を引出す5つのポイント

WEBマーケティング・ネットマーケティングとは

WEBマーケティングとは、その名の通りWEBサイトを活用したマーケティング手法のことを指し、ネットマーケティングと呼ばれることもあります。

 

インターネット市場が年々拡大する中で、当然ながら、WEBマーケティングに対する注目度や重要性も日増しに高くなっています。

 

しかし、WEBマーケティングとされるの範囲は広く、ネットビジネスの初心者の方々にとっては、あまりに広すぎて理解し辛い部分も多々あります。

 

WEBマーケティングを簡単に説明するならば、WEB上での売れる仕組みと言うことになると思います。

 

この売れる仕組みの全体像から、主な要素として3つをピックアップする事ができます。

 

WEBマーケティングの3つの主な要素

 

更に、WEBマーケティングの手法を挙げるとするならば、実際にはかなり多岐に亘るのですが、この集客コンバージョンリピートの3つの要素に関連して、それぞれ特に効果的な手法について解説しましょう。

 

 

 

 

WEBマーケティングの効果的な手法

WEBマーケティングの効果的な手法

 

集客に効果的なマーケティング手法

SEO(検索エンジン最適化)

GoogleやYahooの検索結果で上位表示をさせ、より多くのユーザーがアクセスしやすくする為の取り組みです。

 

有効なキーワードでの検索上位を勝ち取れれば、長期に亘りネットユーザーの自然流入が見込めます。

 

WEBサイトの収益化では、欠かすことのできない施策の1つと言えます。

 

 

 

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーがキーワード検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告の事です。

 

このサービスは、GoogleやYahooなどが提供していて、料金を払えばすぐに上位表示が可能になりますので、SEOと比較して、かなりの即効性が期待できます。

 

効果的に運用するには、細かな管理が必要となり、SEOとリスティング広告を合わせた取り組みをSEMと呼びます。

 

 

 

アフィリエイト広告

ブログなどのWEBサイトやメールマガジンへリンクを貼ってもらい、リンクを経由して購入・契約・資料請求などの成果が発生した場合に、リンクが貼ってある媒体(アフィリエイター)に対して、広告主が報酬を支払う成果報酬型広告の事です。

 

成果報酬に至るまでのコスト面において効率化が図れます。

 

 

 

アドネットワーク広告

Web上の多種多様なメディアに対して、バナー広告やテキスト広告を配信できるネットワークの事を指します。

 

リスティング広告と比較して、はるかに多くのネットユーザーとの接触が可能になります。

 

有名どころには、Google AdsenseやYahooディスプレイアドネットワークなどがあります。

 

 

 

SNS広告

FacebookやTwitterなどの、SNSメディアに配信する広告です。

 

有料にはなりますが、リスティング広告と同様にSNSのページ内へすぐに広告を配信することが可能です。

 

また、こちらもリスティング広告同様に、細かな運用管理が求められる取り組みとなります。

 

 

 

ソーシャルメディアマーケティング

FacebookやTwitterのようなSNSを自前で運用することで、直接ネットユーザーへアピールして集客につなげる取り組みです。

 

話題性に富んだ投稿ができれば、SNSユーザー同士での拡散も期待できますので、コストを極限まで軽減した状態でのマーケティング効果に繋がります。

 

但し、個別ユーザーとの直接的な関係がWEB上で構築されていますので、それを無視できない事はリスクの1つとも捉えられます。

 

 

 

ランディングページ

ランディングページの活用は、メインサイトへの入り口を最適化する為の取り組みと言えます。

 

個別のインターネット広告からの流入に合わせて、専用ページを作成する事もあります。

 

 

 

コンバージョンに効果的なマーケティング手法

メールマーケティング

ユーザにメールを配信することで、来訪を促す取り組みの1つです。

 

全員に同じメールを配信するだけでなく、見込みの高い特定の人にだけにピンポイントでメールを送ったり、クーポンの配信など特典を付けることによって、再来訪を狙うことも効果的です。

 

 

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、一度サイトを訪れたユーザーをサイト離脱後も追跡する広告のことです。

 

1度ECサイトを訪れたら、他のいろんなサイトでそのECサイトの広告を見た経験がある方は多いと思いますが、それがリターゲティング広告になります。

 

サイトを訪問したことがあるユーザーは、興味や関心が高い見込み客と推測でき、そのユーザーを追跡しながらの広告配信は、即効性も高くコスト面でも効率化が図れます。

 

 

 

リピートに効果的なマーケティング手法

リピート率を上げるには、集客・コンバージョンの手法で、継続的効果が期待できるものを強化していく事が有効と言えます。

 

  • SNSでのコミュニケーション強化とリピーター層への広告配信
  • メールマガジンの発行によるリピーター層の囲い込み
  • ブログなどのWEBサイトの定期的更新とコンテンツの強化

 

以上のような取り組みを継続させ、時にはそれぞれでユーザーとのコミュニケーションに積極性を示すことが、リピーター増加とリピーター離れ抑止に繋がります。

 

 

 

 

WEBマーケティングの実践で効果を引き出す5つのポイント

WEBマーケティングの実践で効果を引き出す5つのポイント

効果的と言われるWEBマーケティングの手法や、取り組み方についての情報が錯綜して、実際には最適な状態を引出せない企業内の担当者や、個人のマーケッターは少なくありません。

 

ただ、一つ言えることは、効果的なWEBマーケティングを施したとしても、そもそも売れる仕組みの基礎が構築されている媒体、つまりWEBサイトなどでの収益化の基礎が出来上がっていなければ、何をしても無駄と言うことになりかねません。

 

WEBマーケティングの知識を高めて実践で活かすことは、今後の収益化拡大に絶対に必要ですし、優先度合いが高いことも間違いありません。

 

但し、しっかりと売れる仕組みの基礎が前提である事を理解した上で、WEBマーケティングに取り組んでいきましょう。

 

 

 

費用を掛けない事へ拘りすぎて時間を浪費しない

特に個人のマーケッターについては、費用の有無は大きな活用判断の1つになりますので、良い取り組みでも費用の為に躊躇することは多々あることです。

 

極端に無料や自前にばかり拘りすぎると、結果的に収益化が遅れるばかりか、その上昇のスピードも鈍化してしまい、負担の大きい労力に長い時間を掛けることになってしまいます。

 

しっかりと費用対効果を検証した上で、費用を掛けることで効果が見込めると判断できる取り組みについては、積極的に進めることも大切です。

 

 

 

収益獲得の為の単価設定は明確にする

マーケティングの基本は、全てを数値化してすることで費用対効果を割り出し、明確な根拠の基に取り組むことです。

 

広告の出稿などで収益効果を設定せずに曖昧なまま続けてしまうと、許容範囲が時々の感覚で異なるような、ビジネスでは最もあってはいけない判断が平気でなされるようになってきます。

 

費用発生に伴う見込み収益の明確化や、損益分岐点を正確な把握を怠っては、WEBマーケティングの効果を引出せません。

 

 

 

目新しい手法に惑わされてはいけない

そもそも、現段階でのWEBマーケティングにおける全体像も、かなり広範囲であり、曖昧な部分も多くあります。

 

それに加えて、IT業界の移り変りはとても速い為、WEBマーケティングの手法も、次々に新しいものが出ているのが現状です。

 

その時々のトレンドを察知して、取り組み方や効果を把握する事は、とても大切な事ではあります。

 

しかし、進行中の取り組みを中途半端な状態で、放り出してしまうような事では、いつまで経ってもWEBマーケティングの効果を引出すことができません。

 

新たな取り組みへ移行するにしても、やった文の成果を残すように、しっかりと区切りをつけることは絶対に必要です。

 

 

 

自分のやりたいことだけを優先してユーザーの視点を蔑ろにしない

WEBマーケティングへ取り組むことの目的は、ネットでの収益化を拡大する為です。

 

より多くのユーザーにサイトを訪問してもらうように、より高確率でサイト内で購入・契約をしてもらえるように、そして、その行動を何回も繰り返してもらえるようにすることが目的となります。

 

ここで、顔は見えないものの、運営サイトの先には、顧客となるネットユーザー、つまり、人が居ることを絶対に忘れてはいけません。

 

ネットビジネスと言えども、人と人との繋がりは切り離せないのです。

 

ネット上での運営サイトの存在や収益化の拡大ばかりに思いが偏ってしまうと、いつしか顧客であるユーザーの存在を蔑ろにしてしまうことがあります。

 

顧客を第一に考えるからこそ、収益の拡大に繋がっていく事を常に念頭に置くべきです。

 

 

 

効果を検証して細かく運営管理する

どのWEBマーケティングの手法も、必ず成果が出せる魔法ではありません。

 

同じ手法であっても、媒体の種類やビジネスのジャンルによって、期待できる効果は違います。

 

また、マーケティング手法によっては、相性が悪くマイナスの状態を作り出すこともあるのです。

 

WEBマーケティングへの取り組みを開始しても、その後が放置状態では、その効果を適切に引き出すことはできません。

 

 

 

 

まとめ

WEBマーケティングの重要性は、今後益々増していく事は間違いありません。

 

しかし、全てにおいて、必ず取り組みが必要なわけでもありませんし、WEBマーケティングを施す対象者によって、その最適な状態を作り出す方法は全て異なります。

 

大切な事は、それぞれの特徴を理解した上で、どのような効果が、どのように数値として現れてくるのかを、しっかりと検証して取り組むことです。

 

以外に、誰でも出来るサイト運営するなら当たり前の、基本的なWEBマーケティングを見落としていることなども、よくあることです。

 

先ずは、運営サイトの状態をしっかり把握して、取捨選択するようにしましょう。