ブログ記事外注で高品質のコンテンツを仕上げる為の基本マニュアル

前提として記事を外注する為の目的と設計が重要

記事作成を外注することでページ数を一気に増量できれば、ブログ完成までの期間が短縮され、アフィリエイトなどのネットビジネスで早期に成果を出すことも期待できます。

 

しかし、記事を自分で書き上げた場合でも、外注した場合であっても、コンテンツの質が低ければ、検索エンジンにもユーザーにも評価はされません。

 

記事外注は効率化を図る為の手段ではありますが、品質が保証される取り組みではありません。

 

つまり、コンテンツ品質の高低は、ブログ運営者の裁量によって左右されるものであり、その前提をしっかり理解した上で記事外注を依頼しなければ、費やしたお金が水の泡となる可能性は十分に考えられることなのです。

 

水の泡となって費用が無駄にならないようにするには、ブログ運営の目的と設計を明確にすることが大切です。

 

なぜなら、その大枠すら定まらないブログでは、具体的な記事作成の詳細をライターへ伝える事はできないでしょうし、仮に、このような状態で作成してもらっても、出来上がってきた記事それぞれに纏まりがなく、結局は低品質のコンテンツになってしまう可能性は極めて大きいと思います。

 

ブログに掲載する情報は誰に届けるもので、それによってどんな成果を目的とするのか、そして、その為にはどのような設計で目的達成までの過程を進めていくのか、これを明確化して分かりやすくライターへ伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

ブログ記事外注の基本マニュアル

ブログ記事外注の基本マニュアル

 

ブログ全体と個別記事の用途を分かりやすく伝える

書いてもらいたい記事の内容が詳細であるほど、受注したライターは要望に沿うように意識するものです。

 

検索上位表示を狙う為に、対策キーワードのリストを提示して、キーワードに沿って文字数を指定した外注依頼はよくあるやり方ですが、これだけでは曖昧な点が多い為、発注者と依頼者との感覚に齟齬が生まれて、希望通りの記事にならない事があります。

 

記事だけを見れば良い仕上がりであっても、運営ブログとマッチする内容でなければ、コンテンツを充実させる事はできません。

 

目指す高品質のレベルに差が出ないように、発注者と受注者との間で、しっかりと情報を共有できるようにすることが大切です。

 

 

 

ブログのコンセプトとコンテンツが使用される予定

どのようなブログで、どのようなコンテンツとして使われる予定なのかを、明確に伝えましょう。

 

ブログで扱う情報のジャンルや、そのジャンルのどのような部分に使われる記事なのかを分かりやすく伝えるのです。

 

例えば、テーマ・キーワード・NGキーワード・文字数などの条件を示した上で「脱毛のリスクに関する部分に記事掲載します。主観的な文章や体験談ではなく、客観的な事実だけを述べた説明文として雑学風の記事作成をお願いします。」このような、記事が掲載されるブログのイメージと求められる記事の質感が分かるように提示することが大切です。

 

 

 

対象となるブログの読者層

現状の読者層の傾向、今回の記事で集客したいピンポイントの読者層についてなど、ターゲットの情報を細かく提示する事は大切です。

 

年齢・性別・在住地域・職業・趣味・家族構成・検索キーワードの傾向・検索の目的・サイト閲覧する時のデバイスの傾向など、分かる情報は余すことなく提示しましょう。

 

読者層の情報を細かく示すことで、ライターもターゲットに受け入れられる情報を少なからずリサーチするはずです。

 

ライターが記事の先の読者をイメージできるか否かは、コンテンツの品質を上げる為に極めて重要です。

 

 

 

記事が読まれる際のユーザーの状況

ユーザーがブログへアクセスしてくる時の状況を考え、想定できる項目を伝えましょう。

 

ブログへアクセスしてくるユーザーは、欲求を満たす為か、或は、問題を解決する為に、特定の関連キーワードで検索して訪問します。

 

「知識の習得」「不安や悩みの共有」「不安や悩みの解消」「商品の購買」など、ブログのコンセプトを共有した上で、どのような状況で、或は、どのような心理状態でアクセスするユーザーが多いのかを伝えましょう。

 

逆に、どのような状況のユーザーを集客したいかを伝える事も、依頼内容に沿った記事を作成してもらう為に効果的です。

 

 

 

読者へ促すアクション

ライターが作成している記事は何を目的とし、そのゴールはどこにあるのかを事前に共有することが大切です。

 

例えば、「商品購入の前段階のページに掲載する記事であり、セールスコピーよりも商品内容の認知と興味喚起を意識してほしい」或は「商品に興味を抱き訪れる、購入を促すページなので、最後の一押しとなるセールスコピーを意識してほしい」のように、読者へ促すアクションを明確に示すことで、依頼した記事でしっかりと導線を構築することが可能です。

 

 

 

品質レベルの明確化

求める品質に対応できるライターでであるかの見極めも重要なのですが、それと同時に、求める品質レベルをライターと共有することも大切です。

 

依頼するライターへ、レベルを図れるようなサンプル記事を送って読んでもらうことも効果的ですし、同レベルの記事が掲載されたブログのURLを送って確認してもらうことも効果的です。

 

品質レベルを明確に共有することで、発注者と受注者の感覚のずれを解消できますし、事前通告することで明らかにレベルに達しない記事は差し戻すことも可能です。

 

 

 

タイトルと見出しは決めてから個別記事を外注

記事を外注する際、指定したキーワードを基に、タイトルや見出しはライター側に任せることが多いのですが、できれば、ブログ運営者側がタイトルと見出しを作成して、それに沿って記事を作ってもらうやり方が良いと思います。

 

単語であるキーワードからイメージする文章は、やはり、個々人に違いが生じてきます。

 

その為、記事内容の指示はしても、求めるものと全く違う記事が納品されることもあります。

 

一方、タイトルや見出しは一つの文章ですから、そこから繋がる記事は、ある程度内容の範囲が限定される為、求める内容から大きく逸脱する事は防げます。

 

何回も取引をしているライターであれば、タイトルや見出しの作成を任せても問題ないと思いますが、そうでなければ、出来る限り自分たちで作成することをおすすめします。

 

 

 

納期までのスケジュール管理方法

ブログ制作における計画を立案して、記事外注の納期・納品後の記事入れ、これらの一連の作業にかかる時間を想定して、完成時期を決めてスケジュール管理していくわけですが、自分以外の人がブログ制作に関わるとなると、計画通りに進まない場合も出てきます。

 

ライターにしっかり納期を守ってもらい、計画通りに進める為の方法について考えてみましょう。

 

 

 

納期に余裕を持たせる

納品された記事に対して、最低でも1回の修正を想定したスケジュール管理をしましょう。

 

1回の修正を含む納品を考えた場合、納品⇒原稿チェック⇒修正箇所の取りまとめ⇒修正依頼⇒再納品⇒原稿チェック⇒納品完了、このような工程が追加されることになりますので、ライターと確認の上で余裕を持った納期設定をすることが大切です。

 

 

 

分納の提案をする

記事は、できるだけまとめて発注した方が良いのですが、納品に関しては分割して納品してもらうようにしましょう。

 

分納してもらうことで、作業の進み具合も確認できますし、品質のチャックもできます。

 

作業の遅れが確認された場合や、求める品質に見合わない内容であった場合には、スケジュール通りに進める為に早急な対応が必要です。

 

 

 

記事外注時のリスク管理

記事外注を依頼したライターが、求める品質に対応できる技術レベルでない事が、後に発覚したり、或は、病気や事故などで、作業の継続ができなくてってしまうことも考えられます。

 

このようなリスクに対応するべく、納期の遅れが生じた時のリカバリー方法について考えてみましょう。

 

 

 

1人のライターに依存しない

外注する記事数が数百にも及ぶ場合には、複数名のライターへ分割して依頼する事が得策です。

 

1人のライターへの依存度が増すと、リスクへの対応が難しくなりますし、複数への依頼をすることによって、優秀なライター発掘にも役立ちます。

 

 

 

他のライターの発掘をしておく

何らかの理由で作業を継続できなくなったライターを想定して、記事発注時には、予め、リスクヘッジできる別のライターの目星をつけておくことも良い方法です。

 

案件の一部でも、急遽の対応が可能であるかの相談をしておくと良いでしょう。

 

 

 

納品形式とフォーマットを指定する

なるべく細かく執筆用のフォーマットを作成して、双方の認識に齟齬が発生しないようにすることが大切です。

 

認識の違いから、修正依頼が多くなてしまったり、条件面での追加が出てきたりすると、良好な関係性を保つことが困難になります。

 

高い技術のライターを発掘して依頼することも重要ではありますが、どんなに技術が高くても、的確な指示が出せなければ、やはり、異なる認識で作業を進める事になってしまいます。

 

思い通りの記事が納品されなかったり、修正が多くなって困るのは発注者側です。

 

できるだけ詳細に説明して、求める状態の原稿が届くように、書きやすく指示してあげましょう。

 

  • 文体(ですます・である、どの程度くだけた文章にするかなど)
  • 最低文字数、若しくは文字数の目安
  • 書き出し及び文章の構成
  • タイトルや見出しの作り方、決め方
  • hタグ(見出し)やpタグ(段落)など、利用するタグの種類、数、配置方法
  • 改行の方法
  • 画像の有無
  • 画像の選定方法
  • 画像の配置
  • キーワード、文章のNGリスト
  • ファイル形式(txt, docx, xlsx,csvなど)
  • ファイル名の命名規則
  • 圧縮の方法
  • 納品方法(メール添付、特定サイトでファイルアップロードなど)

 

このように作業に関する取り決めを細かく提示して、上手にマニュアル化することが、共通認識を深めるコツとなります。

 

あまり、専門用語や難しい漢字を使って提示するのではなく、極力、分かりやすく指示するようにして下さい。

 

細かく条件を示すことによって、指示に対する理解度も細かく確認できますので、ライターの力量も判断しやすくなります。

 

フォーマットを指定したら、試しに1記事作成してもらい、取引の判断材料にすることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

まとめ

良い物を共同作業で作り上げるには、基となる良い提案が必要ですし、提案をかみ砕いて伝え共有できる、伝達能力と理解力が必要になります。

 

常に、しっかりと伝える事ができているか、しっかりと理解されているかを確認しながら取り組むことが大切です。

 

また、今回は、記事を外注して品質の高いコンテンツに仕上げる方法をお伝えしましたが、この内容を理解できれば、逆に、ライターとして執筆作業でお金を稼ぐ事も可能です。

 

以下は、記事外注時に活用できるクラウドソーシングサービスですが、ライターとして副業・在宅ワークにも活用できます。

 

ご興味ある方は、試してみてはいかがでしょうか。