誤字脱字や文法ミスが無いブログ記事を作成する5つの方法と文章校正に役立つ便利ツールを紹介
ブログやメルマガでアフィリエイトなどのネットビジネスをする場合には、作成する文章の重要性は極めて高くなります。

 

ユーザーを引きつける為には、読みやすく魅力的な文章の作成技術も求められますが、それ以前に誤字脱字や文法ミスが無いことは大前提となり、厳重にチェックすることがとても重要になります。

 

しかし、文章作成を長く続けている人ほど、チェックが面倒になったり、チェックしたとしても見落としが発生して、やはりミスを修復できずに公開してしまったりする事は少なくありません。

 

そこで今回は、誤字脱字や文法ミスを無くす方法と、文章校正(チェック)に役立つ便利なツールについて紹介していきたいと思います。

 

 

誤字脱字や文法ミスは運営者の信用を低下させる

誤字脱字や文法ミスは運営者の信用を低下させる
ブログ運営者やメルマガ発行者が費やす大半の作業は文章作成になります。

 

このような取り組みをしている人達には、伝えたい情報に対して読者から興味を持ってもらえるように文章の構成に工夫を凝らしながら、出来る限り多くの記事を最後まで読んでもらえるような努力が求められます。

 

但し、色々な文章作成のテクニック以前に、常に厳重な注意が必要となるのが、誤字脱字や文法ミスが無い記事の公開になります。

 

例えば、アフィリエイトでブログやメルマガを活用している場合に、折角良い商品を掲載して詳細にメリットなどを解説しているにも拘らず、誤字脱字が多かったり文法ミスが目立ったりしたらどうでしょうか?

 

恐らく「いい加減且つ正確性を欠く文章で、広告の商品も信用できない」と、基本とも言える作成した文章のチェックを怠っていることが痛々しいほど露呈されて、全ての信用を失うことになるのではないでしょうか。

 

したがって、読者に心地よく読んでもらう為の最低限のマナーとも言える、誤字脱字と文法ミスのチェックを決して甘く見てはいけません。

 

 

 

 

誤字脱字や文法ミスを無くす5つの方法

誤字脱字や文法ミスを無くす5つの方法
誤字脱字や文法ミスを無くす為には、兎に角チェック体制を整える事です。

 

幾ら、ミスの無いように文章作成を慎重に進めても、必ず、間違いは多かれ少なかれ発生してしまいます。

 

これは物書きのプロでも必ず起こりうるミスなのです。

 

その為、プロフェッショナル程チェックを入念に行い、プロの意地として絶対にいい加減な文章を公開しないように心掛けていることを理解しなくてはいけません。

 

ただ、やはりチェック以前のミス抑止も重要である事には間違いありません。

 

以下のようなタイプの人は、特に誤字脱字や文法ミスが多くなりやすいと言えるでしょう。

 

  • せっかちな人
  • 自信過剰な人
  • マイペースな人
  • 大雑把な人

 

自分自身の性格と一致する項目がある人は、文章作成時にも常にミスを無くすことを意識した上で、次に解説する5つの方法を実践してみて下さい。

 

 

 

反復推敲

推敲(すいこう)とは、自分で作った文章をじっくりと読み直して、ミスを修正しながらより良い文章を作り上げる作業です。

 

誤字脱字や文法ミスを無くす為の基本的なチェック方法であり、反復して何度も読み返してみる事が大切です。

 

推敲の際には、基本的にミスがある前提で読み進める事がポイントです。

 

1度読み返してミスが見つからなかった事に安心するのではなく、ミスを見つけられなかったことに疑いの目を向けて、もう一度入念にチェックすることが大切になります。

 

 

 

紙に写して朗読

パソコンの画面に映し出された文章と紙に書かれた文章で誤字脱字や文法チェックした場合、紙に書かれた文章の方がミスの発見率が高くなります。

 

更に、黙読と朗読では声に出して読み上げた方が、やはりミスの発見率が高くなります。

 

一度作成した文章を一旦紙にプリントアウトして朗読するチェック方法を、是非、記事作成の後に試してみて下さい。

 

 

 

時間差で再チェック

記事作成時には集中力が高い状態を維持していることが多いのですが、作業が完了すると集中力は一気に低下して達成感や安堵感が増す精神状態になります。

 

この集中力が途切れた状態で文章ミスのチェック作業をした場合には、やはり見落とす可能性が高くなってしまいます。

 

恐らく、ブログやメルマガを長く継続している人なら「文章作成直後にしっかりチェックしたはずなのに、後日になって単純ミスが発覚した」このような経験が誰でもあると思います。

 

文章作成後に時間をおいて、冷静に成果物のチェックをできる状態になってから、じっくりと目を通すことも良い方法の1つです。

 

 

 

筆者以外のチェック

記事を作成した本人が数度繰り返して読み直したにも拘らず、ミスを見落とすケースがあります。

 

これは、文章を作成した本人は、既に記載されている内容を事細かに把握していることから、ミスがあっても無かったかのように、頭の中で修正して読み進めてしまう事が大きな原因になります。

 

この問題を解決するには、筆者以外の人にチェックしてもらうことが一番です。

 

複数人でダブルチェック体制、トリプルチェック体制を確立できれば、より高い確率でミスを撲滅できます。

 

 

 

文章校正ソフト・誤字脱字発見サイトの利用

文章の校正(チェック)をしてくれるソフトや誤字脱字を発見してくれるサイトを利用することで、記事作成後の文章チェック時間を短縮して効率化することができます。

 

作成した文章をソフトやサイト上にコピペするだけで、かなり細かくチェックしてくれますので、ダブルチェックのツールとしては大いに役立つと思います。

 

言葉の使い方なども、おかしい可能性がある時には細かく指摘してくれるものもあり、今まで気付かなかった自分の間違いや癖などが明確になる事も期待できます。

 

 

 

 

文章校正(チェック)役立つ3つの便利ツール

文章校正(チェック)役立つ便利ツール

Enno 日本語の文章のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック/校正

Ennoは、日本語文章の入力ミス(誤字脱字・変換ミス・編集ミスなど)をチェックしてくれるWEBサービスです。

 

特徴の1つとしてありがたいのが、文章に含まれる英単語のスペルチェックまでしてくれるところです。

 

Ennoを活用する際「チェックしようとしている文章はインターネットに流してもよいものですか?」と表示されますが、Ennoの仕様や情報の保護のページを見ていると、どこかのデータベースに保存されたり、Googleなどの検索エンジンに保存されることもないので、問題無いと判断できます。

 

➤➤ Ennoはこちら

 

 

 

日本語校正サポート

日本語校正サポートも日本語の文章を校正してくれるツールになります。

 

変換ミスや誤字脱字は勿論、二重否定や冗長性までチェックしてくれる優れ者で、チェックする内容をカスタマイズできるのも特徴の1つになります。

 

➤➤ 日本語校正サポートはこちら

 

 

 

テキスト処理ツール 文章校正

テキスト処理ツール/文章校正は、変換ミスや用語の言い換え、表外漢字などをチェックしてくれるWEBサービスです。

 

エラーが発生した場合には、親切にミスの度合い(深刻さ)によって色分けして表示してくれます。

 

URLを指定してWEBページから文章を読み込むこともできます。

 

➤➤ テキスト処理ツール/文章校正はこちら

 

 

 

まとめ

誤字脱字や文法ミスの撲滅は、筆者が読者の為に取り組むべき最低限のマナーです。

 

しかし、チェックを重ねても、そのチェックにミスが発生する事態もよくある事で、最低限のマナーでありながらも100%の完成度を継続していくには、なかなか難しい取り組みでもあります。

 

ただ、やはり手を抜くことは決してできません。

 

この記事を参考にしながら、是非、誤字脱字や文法ミスの撲滅を強化して下さい。