商品レビューの書き方でアフィリエイトの成約率アップが期待できる7つの要素
物販アフィリエイトや情報商材アフィリエイトで成果を出していくには、質の高い商品レビュー記事の作成が必要になります。

 

初心者の方々もアフィリエイトを始めて記事更新を繰り返すうちに、バナー広告やテキスト広告を闇雲に貼り付けても成果が出ない事に気付き、広告は控えめにしながら集客記事や商品レビュー記事に力を注ぐようになっていきます。

 

しかし、しっかりと幾つもの記事を書き上げていく為には、情報量を豊富にする為のリサーチや見栄えの良いデザイン構築などにも時間を取られますし、読者を引きつける文章力も必要になり、決して簡単な作業ではありません。

 

そこで今回は、読者を引きつける質の高い商品レビュー記事を作成して、アフィリエイトの成約率を向上させる方法について解説していきたいと思います。

 

 

商品レビュー記事の目的は商品販売ではない

商品レビュー記事の目的は商品販売ではない
先ず、前提として商品レビュー記事が果たすべき役割を理解して、その目的の効果を引出せる内容を作り上げていく事が必要になります。

 

これは、多くの人が勘違いしていることなのですが、商品レビューは広告主の販売ページへ誘導して成約に繋げる為のページであり、商品レビュー記事自体が販売ページではないと言うことです。

 

この本質を理解していないと、商品レビューが誘導の役割を果たせず、極端なセールス色の強い記事になってしまい、読者から敬遠される大きな原因になってしまいます。

 

商品レビュー記事を訪れる読者は、商品購入以前に参考にしたい情報を求めてくる人達です。

 

商品を事細かに紹介しているレビューを期待してきたのに、強引に購買へ結びつけようとする文言ばかりが目立つようでは、「欲しい情報がない」「胡散臭い」と逆効果になってしまいます。

 

しっかりと読者目線に立って、「自分が読む側だったらどんな情報を欲するだろう」と考えながら、ごく自然な販売ページへの誘導を促す工夫が必要となります。

 

 

 

 

アフィリエイトの成約率アップが期待できる7つの要素

アフィリエイトの成約率アップが期待できる7つの要素
広告主の販売ページへの自然な誘導は意識しながらも、商品レビュー記事の筆者自体は「売ろう」とする姿勢を見せないように作成する事が大きなポイントとなります。

 

読者に有益な情報を提供しながら、商品への興味を助長して販売ページへの移動に納得してもらえるような記事を心掛けましょう。

 

 

 

ターゲットを明確にして的確な情報を提供する

掲載する広告の商品ジャンルの選択によって、集客に傾倒するべきターゲット層は異なります。

 

したがって、広告の選択も商品レビュー記事を作成する為の大切な要素となります。

 

先ず、詳細なレビューが作れる商品知識は絶対に必要になります。

 

その上で、商品と関連性が高い読者層をターゲティングして、ターゲットが欲している情報を的確に抽出することが求められます。

 

伝えたい情報が抽出できたら、読者の背中をさり気なく後押しできるような工夫をしながら記事にしていきましょう。

 

 

 

販売ページとは違うオリジナルのレビューを書く

読者がレビュー記事に求めるものは、広告主の販売ページには無い実体験です。

 

それなのに、販売ページの受け売りのように、文章や画像を抜粋して引用しているレビュー記事を多く目にすることがあります。

 

レビュー記事の内容と広告主の販売ページの内容が同じ場合、両方を目にした読者はどのような印象を持つでしょう?

 

恐らく、販売ページの内容を最後まで見ることなく、サイトから離脱する可能性が高くなる事でしょう。

 

商品レビュー記事の作成は、筆者自体の考え方や実体験を交えた多彩な情報で、販売ページは勿論、他の商品レビューとも差別化を図る工夫をしましょう。

 

 

 

商品の使用体験を的確に伝える

できる事なら、掲載する商品を自らも利用して使用体験を記事にすることが理想的と言えるでしょう。

 

特定の広告でアフィリエイトを行う場合には、絶対に自らの利用をおすすめします。

 

しかし、複数の商品をアフィリエイトで紹介していく場合に、全てを購入することは金銭面でも大変ですし、費用対効果が伴わないような結果になる事も考えられます。

 

自らの購入が無理な場合には、口コミや他のレビューを入念にリサーチして参考にする事も効果的な方法になります。

 

ただ、実体験を基にした記事とは明白な差が生じる事は否めないと思います。

 

 

 

商品を使用することで得られる事実を伝える

紹介している商品を使用することで、どのような欲求が満たされ、或は、どのような問題が解決できるのか、商品購入後に得られる事実を伝える事は効果的です。

 

レビュー記事を訪問する読者は、商品に興味がありながらも、商品購入で得られる自分の未来に確信が持てない為、他の利用者の助言を求めています。

 

販売ページにある商品の機能性やメリットなどではなく、実際の使用で何が今までと違い変化していくのかを、体験を通してありのままを伝える事が大切です。

 

 

 

図や画像で読者のイメージアップを助長する

詳細なレビュー記事であっても、活字を羅列し過ぎると読者の集中力は次第に低下して、読むことに疲れを感じてしまいます。

 

このような状況を回避するには、適切な図や画像の挿入が効果的です。

 

目で見て簡単に理解できる図や画像、或は動画などを要所で織り交ぜることで、読者が読みやすく印象に残りやすい商品レビュー記事を作る事ができます。

 

但し、図や画像だらけになってしまっては逆効果ですので、適度なバランスを十分に考慮しましょう。

 

 

 

自分が感じたことは素直に伝える

実体験であっても、良いことばかりを並べ立てたレビューは、逆に信憑性を欠くことになります。

 

読者の心理として、メリットばかりを極端に強調している記事には「本当なの?」と、疑いの目が向けられることになってしまいます。

 

仮に本当にデメリットなどが無かったとしても、「敢えてデメリットを3点あげるとするならば」のような書き方で紹介すれば、より実体験の信憑性が増し読者の納得が得られる効果が期待できます。

 

 

 

理由と根拠を明確にして訴求できる切り口を示す

特定商品を選択してレビュー記事を作成する理由は、その商品を多くの読者に紹介して、情報を共有しながら何らかのアクションに役立ててもらう為です。

 

メリットもデメリットも情報公開しながらも、最終的には良い物であるからこそ、紹介をしているわけです。

 

「その商品になぜ感銘を受けたのか?」「良いと言える明確な根拠は何なのか?」を明確にして、「記事を読んで納得しアクションを起こすことで、読者にはどんな未来が待っているのか?」のように、期待を高める事ができるレビュー記事の構成にして、徐々にに訴求できる切り口を示すことができれば、アフィリエイトの成約率は必ず向上します。

 

 

 

 

まとめ

今回紹介した7つの要素を意識することで、より読者目線の質の高い情報公開ができるようになっていくと思います。

 

「売ろう」する記事にすればするほど、逆効果になってしまうわけですが、セールスではなく読者をサポートしながら後押しするような、最終的な切り口がなければ、これもまた効果が薄れてしまいます。

 

先ずは、読者の欲求を満たすことを第一に考えて十分に満たされた後に、アフィリエイター側の希望を可能にできるさり気ない切り口を用意することが、アフィリエイトの成約率をアップするコツと言えるでしょう。