説得力あるブログ記事でアフィリエイトの成果を上げる9つの方法
ブログアフィリエイトで成果を上げていくには、検索上位表示をさせて多くの読者に記事を読んでもらうことが必要になります。

更には、記事を読んだ読者に内容を納得してもらい、アフィリエイトの成果に繋がるアクションを起こさせる説得力が求められます。

 

ブログ記事へ説得力を持たせるには、文章力だけに頼り説得を促す文言を強調しても逆効果を生むことがあり、視覚や感情に訴える幾つかの工夫が必要となります。

 

こちらでは、説得力をあるブログ記事でアフィリエイトの成果を上げる方法について解説していきます。

 

 

読者の好みや状況を理解して適切な情報提供をする

読者の好みや状況を理解して適切な情報提供をする
運営するブログのテーマは、どのようなジャンルの情報を発信しているのかが一目で理解できる内容である必要があります。

 

テーマが曖昧でわかり難い表現の場合には、特定のジャンルに関連する読者層を集中的に集客できなくなりますので、アフィリエイトの成果が出し難くなってしまいます。

 

したがって、先ずは、ジャンルが絞り込まれた分かりやすいテーマの設定が求められ、その上でターゲットとなる読者層の好みや、抱える疑問や問題を理解して、適切な情報提供をすることが重要になります。

 

特に、個別記事のテーマや各見出しは、読者の興味を引く重要な要素となりますので、「この記事は役に立つ」と読者に思わせる工夫が必要となります。

 

読者が「読みたい」と思うキッカケを上手に作り、更に記事の中身で価値ある情報を提供していく事で説得力が増していきます。

 

 

 

 

返報性を促す記事で読者の行動を促す

返報性を促す記事で読者の行動を促す
返報性とは、誰かに何かを与えた時に恩を返したくなる心理状況の事で、返報性を意識した記事作りをすることで、読者へ直接的にアクションを促さなくても自ら行動を起こす可能性が高くなります。

 

例えば、何らかの商品(或いは部品)や情報の一部を無償で提供することによって、その後、全商品(或いは全部品)、全情報を購入する可能性が高まります。これは返報性による作用と言えます。

 

有益な情報の一部を無償で提供し、情報全体の購買意欲を煽るような手法を目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

また、譲歩することでも返報性は利用できます。

 

大きな(或いは困難な)お願いをした場合には断られる可能性が高いですが、その後に譲歩して小さな(或いは簡単な)お願いをした場合、2度目にはお願いされた側も、1度断っている分「今度は譲歩して承諾しなくては」と言う返報性の作用が働きます。

 

この返報性の作用を利用して記事作成すれば、読者が行動へ移行する可能性は高くなるのです。

 

 

 

 

読者に伝わる具体的な描出をする

読者に伝わる具体的な描出をする
情報の内容は同じであっても、表現の仕方で読者に対する説得力を大きく差が生じることになります。

 

読者が想像しやすい描出をするには、より具体的に文章を構成して臨場感を持たせることが大切です。

 

例えば、「冬用のジャケットです。色はベージュでサイズはS~L」よりも「男性用の冬用ジャケットです。色は明るいキャメルベージュでサイズはS~Lまでを取り揃えています。真冬でも愛用できる暖かいジャケットになります」の方が、より訴求力が増して読者に与える印象も強くなります。

 

また、より強調したい部分で文章を箇条書きにしたり、太字やマーカーを引くなどの見やすい描出も効果的になります。

 

 

 

 

情報量を豊富にして専門性を高める

情報量を豊富にして専門性を高める
訪問した読者が好むブログは、情報量が豊富なブログです。

 

その為には、密度の濃い記事の作成が求められますので、文字数は必然的に多くなります。

 

明確な文字数の基準があるわけではありませんが、1つの目安として最低でも2000文字以上に記事を作成する事が理想的と言えるでしょう。

 

特定のジャンルに対して、しっかりとリサーチした結果を情報としてまとめ、文字数の多い記事で構成していけば、読者は専門性の高いブログであると認識して、早期離脱することなくサイト内をくまなく回遊してくれるでしょう。

 

読者が読み応えのあるブログと感じてくれるように、1記事1記事で妥協することなくしっかりと書き上げましょう。

 

 

 

 

記事の信頼性を証明する

記事の信頼性を証明する
読者が行動を決断する材料の1つが情報の信頼性であり、信頼を確信した情報は価値ある情報として行動の後押しをしてくれます。

 

作成した記事の信頼性を高めるには、その内容を証明する事が効果的な手法となります。

 

例えば、公的な機関が公表しているWEBサイトの資料を掲載して、その参考資料の引用元を明確に表示することで信頼性を証明する効果があります。

 

また、口コミやネット上の評価なども、情報の信頼性や価値を証明に大きな効果をもたらしてくれます。

 

要所で権威ある外部の情報を引用したり、他のユーザーの意見を取り入れることで、記事の信頼性を大きく高める効果が期待できます。

 

 

 

 

適切な画像で読者の視覚に訴える

適切な画像で読者の視覚に訴える
個別記事のテーマや各見出しをより明確に示す方法として、画像の掲載は大きな効果が期待できます。

 

文章で表現するだけでなく、その内容と同じ意味を示す画像を掲載すれば、読者の視覚へ効果的に訴え、より強い印象を残すことができます。

 

また、商品紹介には商品画像の掲載が効果的ですし、アプリやツールの紹介には画像のキャプチャーを掲載が効果的です。

 

使用する画像は有料のShutterstockなどがおすすめですが、予算的に無理であれば著作権フリーの無料画像でも色々な種類が選択できますし、自分で撮影した画像を利用することも手段の1つとなります。

 

注意点は、画像から受ける読者の印象は効果が高い分、記事と関連性の薄い画像を掲載した場合には、読者が「求めている記事ではない」と、画像のみで判断する可能性もありますので注意が必要です。

 

 

 

 

動画の掲載を積極的に取り入れる

動画の掲載を積極的に取り入れる
画像だけではなく動画を掲載することで、更に臨場感が増し読者に対する説得力を高める効果が期待できます。

 

最近では、ビデオカメラも動画編集ソフトもリーズナブルな商品が多くなっていまうので、費用的にもそれほど無理なく揃える事が可能です。

 

自分で撮影した動画の利用ではなく、他のユーザーが撮影したYouTube動画などを埋め込んで利用する場合には、適切な動画であるかをしっかりと確認した上で、運用元を明確に表示するようにしましょう。

 

 

 

 

希少性を高める記事内容にする

希少性を高める記事内容にする
人間の心理として、豊富なものは過小評価し、希少なものは過大評価する癖があります。

 

例えば、よく見かけるフレーズで「残り●●個」「残り●日」のような表現を使った場合には、商品の希少価値が増し読者の購買意欲を喚起する効果が期待できます。

 

今までは希少でなかったものが急に希少価値を増すことで、衝動的な購買意欲を煽る事ができます。

 

 

 

 

バランスのとれた読みやすい記事にする

バランスのとれた読みやすい記事にする
ブログ全体のバランスと個別記事のバランスには十分に配慮する必要があります。

 

  • 画像と文字のバランス
  • 漢字とひらがなのバランス
  • ひらがなとカタカナのバランス

 

記事作成時には、テーマの直下や各見出しの直下には画像を挿入することで、読者の飽きを抑止する効果が期待できます。

 

また、漢字とひらがなのバランスは「7:3」が理想的と言われ、カタカナの使用はその中で「0~1割」と言われています。

 

この他にも専門用語の使いすぎや、専門用語を使ったにしても意味の解説を省くような不親切な記事の作り方には十分に注意しなくてはいけません。

 

 

 

 

まとめ

ブログ記事に説得力を持たせる基本は、読者目線に立って納得してもらえる記事を作成することです。

 

読者にインパクトを与え、読者からインパクト通りの期待を裏切らない評価が得られれば、ブログは強く印象に残ることになり、読者は納得する事でしょう。

 

読者の納得が得られれば、アフィリエイトの成果に繋がる説得に応じてもらえる可能性が格段に高くなります。

 

当記事を参考に、先ずはやりやすい取り組みから、1つ1つ始めてみましょう。