ブログを充実した良質なコンテンツに仕上げる為に必要な5つの作り方
充実した良質なコンテンツを作り上げることで、検索エンジンからも読者からも評価されるブログを構築することができます。

 

この両者から評価されることで、検索上位表示が可能になり、アフィリエイトの成果向上にもつながる事ができたい出来るのです。

 

しかし、言葉で「良質なコンテンツ」と言い切る事は簡単ですが、実際には色々な要素が優れた中で総合的に評価されるコンテンツこそが良質であり、その作成は一筋縄にいくものではありません。

 

しっかりと良質なコンテンツのポイントを理解して、常に念頭にブログ制作に取り組む必要があります。

 

こちらでは、ブログを充実した良質なコンテンツに仕上げる為に必要な5つの作り方について、詳しく解説していきたいと思います。

 

 

コンテンツの定義を理解する

コンテンツの定義を理解する
コンテンツが良質であるか否かを判断してくれるのは、先ず第一にGoogleであり、次いで検索ユーザーである人間になります。

 

したがって、何はともあれGoogleからの評価を得ない限りは検索上位に食い込めませんので、ほぼ人目に触れることはないと考えた方が良いでしょう。

 

その後、検索ユーザーが記事を読み、好意的に感じてくれるコンテンツこそが両社から評価される良質なコンテンツと言えます。

 

 

 

Googleが評価する良質なコンテンツ

Googleの収益のメインは広告収入であり、多くのユーザーに検索エンジンを利用してもらうことで、広告収入のアップも期待できます。

 

したがって、ユーザーにとって便利で有益なサイトほど、コンテンツ評価の対象となる傾向にあります。

 

ネットユーザーが検索したキーワードに関連性が強く、更には、充実したオリジナルのコンテンツを豊富に持つWEBサイトは、検索結果の上位に表示される可能性が高くなるのです。

 

 

 

人間が評価する良質なコンテンツ

一方で人間の場合には、「良い」と捉える感覚は一律ではありません。

 

質の高い文章を羅列しても、バランスのとれた構成でなければ、「良い」と判断してくれない場合もありますし、それでも食い入って読み進め「良い」と判断する場合もあります。

 

したがって、概ね共通するであろう評価材料を理解することが求められます。

 

内容、読みやすさ、デザインなど、総合的に標準以上と感じとれるコンテンツ作成が評価を高めるポイントと言えます。

 

 


 

 

 

質の高いコンテンツの前提はオリジナルであること

質の高いコンテンツの前提はオリジナルであること
他のブログを引用したコピーコンテンツの場合には、ペナルティーの対象となる可能性もありますので、丸ごと真似るような事は厳禁です。

 

また、他の記事を参考にしながらも、似つかわしい部分が多い場合にも、Googleは元記事以上には評価しない傾向にありますので、検索順位を上げることができない可能性があります。

 

例えば、他の記事を引用したMeryやNaverなどのまとめサイトでも、オリジナルコンテンツである元記事以上に検索順位を上げることがありませんので、やはり、質を求めるのであればオリジナルである事は前提として念頭に置くべきだと思います。

 

 


 

 

 

良質なコンテンツに仕上げる5つの作り方

良質なコンテンツに仕上げる5つの作り方

明確なキーワード選定

ユーザーが求めている情報を的確に提供する為には、キーワード選定が重要になります。

 

例えば、Googleサジェストでダイエットを確認してみると、上位に以下のようなキーワードが出てきます。

 

  • ダイエット 食事
  • ダイエット 筋トレ

 

同じダイエットに関する複合キーワードであっても、「ダイエット 食事」は、無理な運動などせずに食事制限などで痩せたいユーザーを想定できます。

 

一方、「ダイエット 筋トレ」は運動を取り入れながら、効果的に筋肉をつけて痩せるだけでなく、肉体美を手に入れたいユーザーを想定できます。

 

このように、関連キーワードであってもニーズが異なるものが多く、コンテンツ作成前のキーワード選定はとても大切になります。

 

 


 

 

競合調査で作成可否を判断

選定したキーワードで、今一度Google検索してみましょう。

 

検索結果の1ページ目に表示される記事がコンテンツ作成後のライバルとなるサイトになるわけですが、その記事を確認して勝負できるか否かを判断する事も大切になります。

 

検索上位の記事以上に以下の点で勝る事が出来るかを確認しましょう。

 

  • より多くの情報を提供できるか?
  • 新しい情報を提供できるか?
  • オリジナルの付加価値を提供できるか?

 

もし、検索1ページ目の記事と比較して、自分の作るコンテンツが圧倒的に劣るようなイメージしかできないようであれば、断念してキーワードの選定をやり直す事も選択肢の1つです。

 

 

 

キーワードから読者の疑問や悩みを読み解く

キーワード検索するユーザーのニーズは、顕在的なニーズと潜在的なニーズの2つに分類することができます。

 

顕在的なニーズでは、「○○の口コミ」「○○の評価」のように検索し、「○○」は具体的な商品名やサービス名などが入ります。

 

このようなユーザーをターゲットにした場合には、商品の情報を更に掘り下げて色々な角度からの情報を提供する事で、充実したコンテンツを作る事ができます。

 

一方、潜在的なニーズでは、「脱毛器具の口コミ」「脱毛器具のおすすめ」のように、脱毛に悩みを抱えるユーザーが検索している状況が窺えます。

 

この場合には、脱毛の対象が男性なのか女性なのか、脱毛しようとしている部位はどこなのかなどを更に掘り下げながら、効果的な方法や役立つツールを紹介するコンテンツなどで評価を得ることができます。

 

このようにキーワードから読み解くニーズが重要であり、1つのキーワードでも掘り下げて問題解決を想定することで、より充実した質の高いコンテンツを作成する事が可能になります。

 

 

 

記事のアウトラインを決める

読者のニーズを読み解いたら、それぞれを解決できる情報提供をしていく為に、まとまりのある構成になるようにアウトラインを考えていきましょう。

 

漠然とテーマに沿って記事を作成しても、まとまりがなく流れの不自然な文章になってしまうことがあります。

 

  • タイトル
  • 本文の各小見出し
  • まとめの文章
  • 記事内で利用する画像の選定

 

以上のような項目を決めて、レイアウトも明確にしながら、ざっくりとした記事の設計図を作成しましょう。

 

 


 

 

わかりやすく役立つ記事を意識して作成開始

ブログを通して発信したいことが、読者へしっかりと伝わるようにするには、質の高い文章を作成するだけでなく、SEO的な配慮や読者の視覚に訴えるような工夫も必要になります。

 

タイトルへのキーワード挿入や小見出しへの適切なタグ使用、強調する文章への装飾、適切な箇所での画像挿入など、読者の目を引き、最後まで記事を読んでもらえるような飽きさせない工夫をしましょう。

 

また、作成後は誤字脱字が無いように、声に出して読むなどの厳密なチェックも怠ることなくやりましょう。

 

 


 

 

まとめ

今回は、コンテンツの質を上げる為の基本的な5つのポイントを紹介しましたが、ライバルに差をつける為には、自分なりの更なる工夫やこだわりも必要になってきます。

 

兎に角、読者目線に立ち妥協せずに取り組む事が大切です。

 

そうすれば、作成したコンテンツの評価を得れるだけでなく、自分自身の知識や技術も向上して、ブログ運営がより楽しくなっていきます。