SEOに強いブログを作りたいならコンテンツを充実させる5つの本質が重要

ブログの収益化を可能にする為には、SEOを意識した運営が必要不可欠です。

では、SEOに強いブログの要件とは?

細かな対策を挙げればかなり膨大な数になってしまいますが、その中でも根幹となる要件は、やはりコンテンツの充実です。

但し、高品質のコンテンツを目指して記事更新に励んでも、その評価を下すのは検索エンジンであり、検索結果を閲読したネットユーザーですから、自己満足だけでは高品質のコンテンツは作れません。

こちらでは、SEOに強いコンテンツを作る5つの本質について詳しく解説していきます。

ブロガーの満足ではなく読者の満足が本質の前提

ブロガーの満足ではなく読者の満足が本質の前提

私達ブロガーは検索エンジンからの評価を得る為に、コンテンツの充実へ重点を置いています。

では「なぜ質の高いコンテンツ作成がSEOに有効なのか?」このような基本的な疑問をお持ちの方もいると思います。

それは、Googleアルゴリズムの基本がユーザーに有益であることを前提に評価しているからです。

「ブログ読者に有益なコンテンツ=質の高いコンテンツ」であり、その評価が高いブログほど検索上位表示の可能性も高まります。

つまり、「ユーザーファースト」こそGoogleが評価する最も重要な基準であり、私達ブロガーはその前提をしっかり理解した上でコンテンツ作成をする必要があるのです。

ブログコンテンツを充実させる5つの本質

ブログコンテンツを充実させる重要な本質

「ユーザーファーストのコンテンツ」を前提に、以下5つの本質を十分に理解してコンテンツ作成へ取り組むことが重要になります。

ブログを公開する目的を理解する

ネット上へブログを公開する目的は、自分以外のユーザーへ見てもらうためです。

自分以外と言っても家族や友人など繋がりのある人もいるわけですが、ブログの収益化の為には身内以外の第三者に見てもらわなければ意味がありません。

ブログを通した繋がりしかないユーザーを募るわけですから、公開していく記事は文法や誤字脱字に注意しなくてはいけませんし、発信する情報には正確を期すことが求められます。

文法が滅茶苦茶だったり誤字脱字が多かったり、更には発信する情報がいい加減だったりした場合には、勿論Googleからの評価は期待できませんし、何よりもブログ読者からの信頼を損ねることになります。

読者はブロガー個人に興味はない

ブログの収益化を目的とするのであれば、選択するテーマは特定の読者を集めれるものでなければいけません。

その為、読者が求めるジャンルの中から更に絞り込んだテーマの設定が必要になります。

例えば、様々なジャンルが複合される雑記ブログのようなスタイルだとしても、読者が興味を引くいくつかのカテゴリへまとめて、各記事にはカテゴリから掘り下げた個別の情報提供が理想的と言えます。

ライバルブログと差別化を図るオリジナル性は大切ですが、自分の感情や状況を前面に出すような記事作りは逆効果です。

なぜなら、読者はブロガー個人のことを知りませんし、知ろうとも思っていません。

そもそも、ブロガー個人に興味はないのです。

情報を求めて検索している

第三者をブログへ集める為には、検索流入を増やすことが求められます。

なぜなら、殆どの第三者は何らかの情報を求めて、検索によってあなたのブログへ辿り着いているからです。

つまり、ターゲットにした第三者が検索するであろうキーワードを予測して記事を作成していけば、ブログへの検索流入増加が期待できます。

例えば、「海外旅行のおすすめ」について情報を求めるユーザーが検索しそうなキーワードを考えてみましょう。

  • 海外旅行 おすすめ 穴場
  • 海外旅行 おすすめ 秘境
  • 海外旅行 おすすめ アイテム
  • 海外旅行 おすすめ 一週間
  • 海外旅行 おすすめ カップル

これはほんの一例に過ぎませんが、兎に角、関連する何らかの情報を求めて検索してくるわけです。

この読者が求める情報があることを示すために、記事のタイトルや本文へキーワードを入れて作成することは効果的です。

また、キーワードだけでなく、読者が求める情報に対する「答え」をしっかりと示すことも大切になります。

全てのページがブログの入り口

読者はブログのトップページからばかり訪問しているわけではありません。

前項を例にとって解説すれば、「海外旅行のおすすめ」をテーマにしたブログだとしても、ピンポイントの情報を求めて個別の記事へ辿り着くことはよくあることです。

「海外旅行 おすすめ 穴場」の情報を求めて検索した読者が、「はじめての海外旅行におすすめの穴場Top10」という記事にへ辿り着いたとします。

この読者はピンポイントの情報を求めてブログの個別記事へ訪問していますが、総じて海外旅行に興味を示していることが窺えます。

それぞれの記事をしっかりと作り込む事で、読者を集める入り口を増やすことができますし、他の記事にも興味を持ってもらうキッカケを作ることができるのです。

しかし、記事が少なく情報量に乏しいブログや、1つの記事が優れていても他の記事やトップページが雑に構成されていたりした場合には、折角のチャンスを活かせずに機会損失を招くことになってしまいます。

全てのページがブログへの入り口になることを認識して、質の高いコンテンツでのブログ構成が重要になります。

十人十色の読者へ対応する

ターゲットとなる読者層を狙って、特定のジャンルをテーマに専門ブログを公開したとしても、訪問してくる読者の知識レベルは一定ではないことを理解しなくてはいけません。

興味あるジャンルが共通していても、既知知識が一定ではないだけでなく、読者毎にかなりの差があることを想定してコンテンツを作成する必要があります。

専門用語ばかりを使ったり、内容が高度過ぎて初心者レベルには理解できなかったりした場合には、やはり機会損失を招くことになってしまいます。

ブログの収益化を目的とするのであれば、選択したジャンルに興味ある幅広い層に受け入れられるコンテンツ作成が重要になります。

その為には、既知知識の差を想定するだけでなく、性別や年齢も考慮してできるだけわかりやすい内容で記事を書き上げるようにしましょう。

文字だけでなく、図解や動画などを使うことも効果的な方法となります。

コンテンツの充実はユーザー体験とドメインパワーを高める

コンテンツの充実はユーザー体験とドメインパワーを高める

5つの本質を意識しながらコンテンツ作成をしていく事で、充実度が増しユーザー体験とドメインパワーを高める効果が期待できます。

ユーザー体験

ユーザー体験とは、ブログを訪問した読者が得た経験や体験であり、言い換えれば「ブログ満足度」のようなものです。

コンテンツの内容や利便性を最適化することで、読者のブログに対する満足度が増し「直帰率・滞在時間・ページセッション」このような指数の改善でパフォーマンスの向上が期待できます。

ドメインパワー

ドメインパワーとは、文字通りドメインが持っている力(サイトが持っている力)になるわけですが、検索エンジンが順位を決定する際に評価の対象となる指標の1つと言われています。

記事数を増やしてコンテンツを充実させ、更に、一度書いた記事の管理修正を定期的に行うことでドメインパワーンの強化が期待できます。

ドメインパワーが強化されることで、ある程度の質が担保された記事であれば検索エンジンから評価され検索順位の上昇も期待できます。

まとめ

コンテンツが充実したブログ構築ができればロングテールSEOの効果が高まりますので、収益化の安定が期待できます。

安定したブログの収益化が可能になれば、あなたにとって大きな財産となり、ネットビジネスのチャンスは更に拡大されていきます。

当記事で紹介した5つの本質を理解した上で、具体的なコンテンツの作り方をしっかりと学んでいきましょう。