SEOに強いブログを作る初心者必見の7つのおすすめ対策
「SEO対策はブログの収益化で欠かすことのできない取り組み」であることは、ブログ初心者でもネットの情報から次第にその重要性を認識し始めていきます。

しかし「SEOの強化=ブログの収益拡大」このことを理解しながらも、「効果的なSEOの方法がわからない」と悩んでいるブロガーも多いはずです。

いざSEOについて調べてみると、その手法は様々で、どの対策に取り組めばどの程度の効果が期待できるのか、疑問だらけの初心者も少なくないでしょう。

こちらでは、初心者にもわかりやすくSEOに強いブログを作るおすすめの対策について解説していきます。

ホワイトSEOで長期運営のブログ収益化を目指す

ホワイトSEOで長期運営のブログ収益化を目指す
SEOは「Search Engine Optimisation」の頭文字をとった略で、サーチエンジンの最適化、つまり検索エンジンの最適化を意味します。

この検索エンジンの利用について全世界のシェア率は、実に9割以上がGoogleであることを確認できます。

したがって、「SEO対策=Googleの攻略」であると言えるわけです。

Googleの検索エンジンを攻略する効果的なSEO対策には、大きく2つの手法に分類されます。

1つはホワイトハットSEO、そしてもう1つはブラックハットSEOです。

この2つの違いを簡単に説明すると、Googlが定める検索エンジンのガイドラインに沿ったSEO対策がホワイトハットSEOで、その逆のガイドラインの裏をかく対策がブラックハットSEOになります。

Googleの基準に従うホワイトハットは正攻法のSEO対策で、一方のブラックハットはルール違反の裏技的SEO対策と言えます。

但し、ここで知っておいてほしい注意点は、2つの手法のいずれもIT業界を掌握するGoogleの考えが基準となる取り組み方であり、その評価もGoogleが与えるものであって、基本的には取り組み自体が世間一般に言われる合法・違法とは異なるということです。

したがって、どちらの取り組みを選択したとしても、個人の自由になるわけですが、IT業界の重鎮であるGoogleに逆らうことは、大きなリスクを伴う可能性がある為、十分に理解した上で選択することがとても重要になります。

私がおすすめしたいSEO対策は、やはりGoogleから好かれるブログを作り、基本的にロングテールでコンテンツを構築していくホワイトハットSEOです。

有効なホワイトハットSEOの施しができれば、安定的なブログの収益化を実現しながら、更に利益の拡大を目指して長期運営を可能にできます。

ブログを将来の大きな財産として育て上げる事が出来るのです。

ブログソフトはWordPress(ワードプレス)を使う

ブログソフトはWordPressを使う
ブログには無料と有料のサービスがあり、それぞれ色々なソフトの選択が可能です。

これからブログを活用したネットビジネスで本格的な収益化を目指すのであれば、おすすめは断然有料ブログであり、その中でもWordPress(ワードプレス)でのブログ運営が最適と言えます。

無料ブログでは、ブログのビジネス活用で大きなネックとなる以下のデメリットがあります。

  • ブログサービス提供側から勝手に広告が貼られる
  • 機能性に制限があり自由なカスタマイズができない
  • ブログサービス提供側の都合でブログの停止や削除の危険がある
  • 一部共通ドメインが強制される為、親ドメインの悪影響を受ける可能性がある

このようなデメリットを回避して自分専用のブログを構築していく事で、ブランディングしながら効率的な集客で収益化の拡大を目指すことができます。

内部SEOの施されたテンプレートを使う

内部SEOの施されたテンプレートを使う
有料ブログの利用ではWordPressのインストール自体は無料で出来ますが、レンタルサーバー契約や独自ドメイン取得が必要となりますので、若干の初期投資が発生します。

とは言え、年間15000円程度の費用で、月額では1000円少々の微々たる金額です。

この微々たる費用で色々なリスクを回避しながら、メリットの多い自分専用のブログを持てるわけですから、初心者であっても問題なく初期投資できると思います。

更に資金に余裕があるのであれば、機能性やデザイン性にも優れたSEOテンプレートの利用をおすすめします。

特におすすめしたいテンプレートは賢威(けんい)です。

当ブログでも利用している賢威は、多くの企業サイトや個人サイトで利用され、アフィリエイターからも高い評価を受ける、大ロングセラーのテンプレートです。

価格は24,800円と少々値が張りますが、一度購入すると永久的に最新バージョンのテンプレートを無料でダウンロードす事ができます。

また、賢威の利用価値はテンプレートだけではありません。

実践的な価値あるSEOマニュアルを数多く公開していて、賢威購入者はいつでも確認することができます。

更に、サポート体制も充実しており、SEOのプロ集団が利用者の疑問に随時メールで丁寧に応対してくれます。

テンプレートだけを売りさばくのではなく、手厚いサービスで利用者をサポートしてくれるのは賢威だけです。

だからこそ、その利用価値は極めて高いく、特に初心者におすすめしたいテンプレートと言えるのです。

おすすめのSEOブログを読んで知識を高める

おすすめのSEOブログを読んで知識を高める
SEO対策に関する知識や具体的な手法は、殆どがネット上に公開されています。

但し、中には古すぎて役に立たない情報や間違った情報もありますので、十分な精査も必要となります。

こちらでは、おすすめのSEOブログ7つを紹介します。

キーワードを重視したSEOを強化する

キーワードを重視したSEOを強化する
ターゲットとなる検索キーワードを選定してブログへ適切に使い分けしていく作業は、検索上位を目指す上で欠かす事の出来ない取り組みです。

具体的には、以下のようなキーワード挿入作業が求められます。

  • タイトルへキーワードを入れる
  • ディスクリプションとリード文にキーワードを入れる
  • 見出し(hタグ)へ関連ワードを入れる
  • タイトルや見出しの興味性が上がるキャッチコピーにする

コンテンツを重視したSEOを強化する

コンテンツを重視したSEOを強化する
検索エンジンの制度が年々向上している昨今では、小手先のSEO対策は通用しません。

コンテンツの質を見抜き、ユーザーに有益となるWEBサイトの選別ができるようになっているのです。

コンテンツの質と量を確保して、検索エンジンと読者の双方から評価されるブログを作るには、以下のような取り組みが重要になります。

  • ライバルブログを上回る高品質の記事作成
  • 画像や動画でわかりやすさを追求
  • 過去記事のリライトを徹底
  • サイトマップやパンくずリストのナビゲーション配置

アクセス解析でSEOの効果測定をする

アクセス解析でSEOの効果測定をする
ブログの状態を知りながら効果測定をしていく上で、アクセス解析ツールの設置は不可欠になります。

ただ、数値を確認するだけで、具体的な改善策に繋げられているブロガーは意外に少ないのが現状です。

アクセス解析では、色々な指標が確認できますが、先ずは、目標や基準となる数値のラインを把握することが大切です。

ブログ全体としての平均ラインやライバルブログとの比較しながら分析することが重要なのです。

何が違うのか、何が劣っているのかを、自分なりに解析データと照らし合わせながら考えて、具体的な改善策をブログへ施すようにしましょう。

まとめ

SEOに強いブログを作る7つの具体的な対策を紹介してきましたが、先ずは、できることから1つ1つ進めていきましょう。

また、SEOは対策後の確認や管理も大切な作業になります。

やりっぱなしではなく、検索エンジンにおける影響の有無や読者の動向の変化を確認しながら、常に最適な状態を保つことがブログの質を高めていきます。

読者への情報提供を継続して丁寧なブログ管理をしていけば、必ず検索上位は可能になります。