SEOに強いレンタルサーバーの選択がアフィリエイト成功のカギ
ブログなどのWEBサイトで収益化を目指すのであれば、やはり、レンタルサーバーで本格的なサイト運用することが絶対におすすめと言えます。

ただ、レンタルサーバーを提供する各社には、それぞれ特徴もありますので選択の状況によっては、様々な面で影響を及ぼす可能性があります。

特に、収益化を左右する影響として挙げられるのがSEOとの相性です。

SEOへの影響を考慮したレンタルサーバーの選択とその後の管理は、サイトの収益化を大きく左右する要因になりますので、重要な対策の1つと言えます。

こちらでは、レンタルサーバーが及ぼすSEOへの影響と選択のポイントについて解説していきたいと思います。

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは
レンタルサーバーは名前の通りサーバーを貸し出すサービスのことです。

サイト運用を始めるには、WEBサイトの画面の基となるHTMLファイルをアップロードするスペース(場所)が必要になります。

そのスペースを貸し出ししているサービスがレンタルサーバーになります。

レンタルサーバーの契約をしてドメインを取得すれば、該当のURLへアクセスすることでホームページやブログが見れるようになります。
レンタルサーバーの仕組みの図解

無料ブログの場合には、レンタルサーバーの契約をしなくてもサイト運用が可能になりますが、利用上の制限があり多くのリスクを伴うことになります。

収益化を目的としたサイト運用であれば、やはり、独自ドメインを取得したレンタルサーバーでの管理は欠かす事の出来ないスタイルと言えるでしょう。

また、SEO対策を行う際には、WEBサイトの規模を考慮した運用が必要となりますので、支障がないスペックを兼ね備えたレンタルサーバーの選択が求められます。

レンタルサーバーが及ぼすSEOへの影響

レンタルサーバーが及ぼすSEOへの影響
レンタルサーバーのスペックはサイト運用と深い関わりを持つことになります。

その為、SEOには様々な影響を及ぼす可能性があります。

特にレンタルサーバーの容量不足は、SEOで重大な悪影響を及ぼすことになりますので注意が必要です。

WEBサイトのファイルサイズが大きくなりレンタルサーバーが容量オーバーになると、サイトが表示されなくなったり、ページの読み込みが遅くなったりする可能性があります。

サイトが通常通り閲覧できない状態は、Googleの評価が下がり検索順位の下落や最悪の場合にはインデックスの削除の可能性もあります。

また、このような状態ではサイトへ訪問したユーザーにも嫌悪感を抱かせることになり、収益化に大きなダメージを及ぼすことになりますので、余裕を持った容量でのレンタルサーバー選択が大切です。

レンタルサーバー選択の基本的なポイント

レンタルサーバー選択の基本的なポイント
前項でも記述した通り、レンタルサーバーの容量はサイト運用での重要なポイントとなります。

その他にも、レンタルサーバー選択の基本的なポイントについて解説していきます。

サービス提供業者の信頼性

レンタルサーバーを提供している業者は数多くあります。

自分専用のサイトを保有して長期間の運用をしていく上で、レンタルサーバー業者の信頼性は極めて重要です。

信頼性を見極めるポイントとして、以下のような項目を確認するようにしましょう。

  • 会社規模の確認
  • ユーザー数や契約者数などの実績確認
  • 電話やメール対応のサポート体制の確認

サポート体制は時間帯や曜日が限定されることもあります。

サイト運用の初心者は、できれば電話サポートがあるレンタルサーバーの選択がおすすめです。

その他にも疑問点がある場合には、レンタルサーバー業者の公式サイトで十分に確認するようにしましょう。

容量と機能が目的に合っているか

選択するレンタルサーバーのプランは、容量や機能数が増えることによって料金も高くなります。

ただ、一般的なサイト運用であれば、特別ハイスペックのプランを選択する必要はありません。

  • ディスク容量
  • マルチドメインの利用数
  • WordPressとの相性

以上のような項目については、最低限確認するようにしましょう。

また、WordPressを利用したり機能性の高い問合せフォームを構築したりする場合は、PHPやMySQLの機能が必要になりますので、それらのサービス提供も確認が必要です。

料金プランは適切か

レンタルサーバーの利用には、契約時に支払う初期費用と月額費用が必要になります。

機能性に乏しいプランの選択にも注意は必要ですが、逆に、必要以上の高額プランを選択しても、使い切れずにお金を無駄にすることになります。

サイト運用の初心者はプラン内容を確認した上で、なるべく経済的負担の少ないプラン選択が無難と言えます。

また、レンタルサーバー費用の他に、独自ドメインの取得費用と年ごとの更新費用も必要になりますので、確認するようにしましょう。

レンタルサーバーの最適化でWEBサイトを高速化する

レンタルサーバーの最適化でWEBサイトを高速化する
レンタルサーバーの大前提となる選択ポイントは、サイトが良好な状態で表示されることです。

この大前提の上で、更にサイトの最適化やサーバースペックの改善で、より早くページが読み込まれるように高速化を進めることがSEOでは重要になります。

具体的には、画像やCSSなどのファイルサイズを軽減したり、レンタルサーバーのスペックの格上げなどが高速化に好影響を及ぼします。

訪問ユーザーが快適な状態で閲覧でき、且つ、検索エンジンからも認識しやすいサイト運用が理想的なスタイルと言えます。

このような対策は、ページ単位でも最適化が可能です。

したがって、記事画像を減らしたり、読まれていない不要なコンテンツを削除するなりして、重要なページをから高速化していく事も効果的な取り組みです。

その他、Wordpressでのブログサイト運用では、キャッシュ系のプラグインを導入するなどして負荷を軽減する方法もあります。

アフィリエイターにおすすめのレンタルサーバー

アフィリエイターにおすすめのレンタルサーバー
アフィリエイトでの収益化を目的としたサイト運用をするのであれば、おすすめはエックスサーバーです。

エックスサーバー含め、おすすめのレンタルサーバー3選を紹介します。

エックスサーバー

エックスサーバーは高速・高性能・大容量のレンタルサーバーで、月額900円から利用が可能です。

自動バックアップや充実したセキュリティーサービスにも優れていてます。

集客に強い面も特徴の一つで、サイト運営の上級者も多く利用しています。

(無料お試し期間/10日間)

料金と機能X10X20X30
月間料金900円~1,800円~3,600円~
初期費用3,000円3,000円3,000円
ディスク容量200GB300GB400GB
独自ドメイン無制限無制限無制限
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL50個70個70個
WordPress
転送量70GB/日90GB/日100GB/日
エックスサーバー

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバは創業20年以上の老舗で、高速通信と高度なセキュリティーを備えた信頼できるレンタルサーバーです。

月額129円の格安プランから高性能・大容量のプランまで、用途に合わせて選択できます。

おすすめプランはスタンダードです。

(無料お試し期間/14日間)

料金と機能ライトスタンダードプレミアム
月間料金129円515円1,543円
初期費用953円953円953円
ディスク容量10GB100GB200GB
独自ドメイン20個20個30個
メールアドレス無制限無制限無制限
MySQL×20個50個
WordPress×
転送量40GB/日80GB/日120GB/日
さくらのレンタルサーバ

ロリポップ

利用者数国内No1のロリポップは、月額100円から利用できる格安レンタルサーバーとしても有名です。

全て国内サーバーで管理されてますので、安定性やセキュリティー面でも信頼ができ、サポートも充実しています。

コストパフォーマンスが良く、性能面でも十分に満足できると思います。

本格的なアフィリエイトサイトの構築などは、スタンダードプランでも十分に対応できます。

(無料お試し期間/10日間)

料金と機能スタンダードエンタープライズ
月額料金500円~2,000円~
初期費用1,500円3,000円
ディスク容量120GB400GB
独自SSL
独自ドメイン100無制限
メールアドレス無制限無制限
MySQL30個100個
WordPress
転送量100GB/日無制限
ロリポップ!

まとめ

レンタルサーバーや独自ドメイン取得にかかる費用は、年間1万円~1万5千程度です。

月額1000円少々で、色々なリスクを排除して自分専用のWEBサイトを運用できます。

特にハイスペックのプラン選択は必要ありませんが、なるべく余裕を持ったサイト運用ができる状態にしておくことは大切です。

また、継続的にサイトを最適化していく取り組みも重要で、特に評価対象となるコンテンツの内容に注力して、検索クエリと関連性の高い情報を含むWebページを提供しながら、SEO対策を進めることが大切になります。

より効果的な集客でアフィリエイトの収益化を拡大できるように、しっかりと管理していきましょう。