専門用語だらけ!漢字だらけ!ひらがなだらけ!のブログは嫌われる!バランスのとれた読みやすいブログとは?

専門用語を使いたがるブロガーにありがちな傾向とは?

読者に受け入れやすいブログ記事の条件として、先ず、第一に求められることは、見た目、内容共に読みやすさを実感できる事が挙げられます。

 

難しい漢字ばかりが羅列していたり、逆にひらがなだらけの文章構成になっている場合には、見ただけでも読み難さをイメージさせてしまいます。

 

また、普段あまり使わないような難しい単語ばかりを用いたり、あまり聞き慣れないカタカナが多く用いられていた場合にも、読者は読み難さを感じてしまいます。

 

このような、何かに偏ったような文章構成は、自分本位の色が濃く、良いものを作ろうとする気持ちはあっても、読者目線をあまり意識していない記事と言えます。

 

特に、一般的には聞き慣れない専門用語を多く使っているような文章は、読者に不快感を与えることも多く、専門性の高い記事を作ろうと意識した結果が、逆効果をもたらしてしまう可能性が高くなるのです。

 

しかしながら、漢字で示される専門用語であっても、カタカナで示される横文字の専門用語であっても、一般的に認知度が低い用語を過剰に意識しながら、随所に使いたがるブロガーも少なくありません。

 

専門用語を多く使おうとする人達は「自分は読者へ専門的な情報を提供する専門家である」ことを強くアピールしたい人です。

 

その為、「専門用語を多く使う=知識が豊富な専門家」との考えから、「専門用語を多く使うことで読者から専門家として認知されるであろう」との自己完結に至るわけです。

 

しかし、多くの読者はその記事に興味は持っても、専門知識を持ち合わせない人達です。

 

つまり、専門家が読者へ提供する情報は、専門用語を分かりやすく解説し、更に、専門的な内容を誰もが理解できるように噛み砕いて示す事が求められるのです。

 

読者が求めていることは、記事提供者の専門知識の高さではなく、専門分野における情報の習得・収集です。

 

その情報が専門的過ぎて理解できないようであれば、いくら記事を作成しても本末転倒である事は言うまでもありません。

 

 

 

 

専門用語の使いすぎはブログ読者とのコミュニケーションを妨げる

専門用語の使いすぎはブログ読者とのコミュニケーションを妨げる

対面で会話をする場合でも、分かりやすくスムーズな対応の人は「話しやすくコミュニケーションの取りやすい人」と評価されます。

 

ブログ運営も、スムーズに読める分かりやすい記事が作れるブロガーは、読者とのコミュニケーションのとり方が上手で、評価される傾向にあります。

 

「分かりやすい=読者目線=ブロガーとの共感」読者はこのように感じて、ブログへのコメントやブログ運営者へのメールなどで、双方のコミュニケーションを良好に作り上げていく事が可能になるのです。

 

読者とのコミュニケーションが良好に拡大していけば、運営するブログへのリピーターは増加し、更に、ブログの存在を拡散してもらえる可能性も高くなります。

 

結果として、好循環となる良質な読者からのアクセス数拡大が期待できるのです。

 

 

 

 

ブログを収益化したいなら専門用語の使いっぱなしは厳禁!

ブログを収益化したいなら専門用語の使いっぱなしは厳禁!

アフィリエイトなどのネットビジネスで、ブログを活用して収益化を目指す人は多くいます。

 

このような特定のジャンルでネットビジネスを展開した場合には、読者への分かりやすさを意識していても、専門用語を利用せざるを得ない場面が多々出てきます。

 

無理に専門用語を使わないようにしても、逆に不自然ですし、わかり難い文章になってしまうこともあります。

 

したがって、バランスを考えながら専門用語を要所で使いながら、その意味を解説する上手なサポートがとても重要になります。

 

ただ長々と意味を解説するのではなく、一般的に理解できる例えを用いて解説したり、図や表などを用いて解説することも効果的だと思います。

 

常に、読者を置き去りにしないような内容の記事作成を心掛け、読者目線で文章を都度見直すことが大切です。

 

ブログの収益化を求めるのであれば、尚更読者への気配りは強く意識するべきです。

 

 

 

 

漢字とひらがながブログ読者へ与えるイメージ

漢字とひらがながブログ読者へ与えるイメージ

今はパソコンのキーボードを叩けば、或はスマートフォンの画面をタップすれば、ブログの記事作成やメールの文章作成ができる時代です。

 

文章の内容については自分自身で考えることが多いと思いますが、打ち込んだ文字を変換することで、自分では書けなかった漢字でも簡単に使うことができます。

 

ところで皆さんは、文章を構成する「漢字」「ひらがな」を見た時に、どのように感じていますか?

 

漢字については、「硬いイメージ」をお持ちの方が多いと思います。

 

一方、ひらがなについては「柔らかいイメージ」をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

 

多くの人がこのようなイメージを持っている為、硬さと柔らかさを適度に使い分けた文章はメリハリがあり、読みやすく感じるのでしょう。

 

また、漢字が持つ硬さには、知性を感じることがあり、ひらがなが持つ柔らかさには、幼さを感じることがあります。

 

例えば、漢字だらけの文章の場合には、硬すぎて読む以前から「難しい文章」との印象を持ってしまいます。

 

逆に、ひらがなだらけの文章の場合には、柔らかすぎて読む以前から「稚拙な文章」との印象を持ってしまいます。

 

このような漢字とひらがなのどちらかに偏り過ぎた文章は、見た目で「読みにくい文章」とのイメージを持ってしまう事が多いのです。

 

 

 

 

一般的な知識レベルと見た目のバランスを考える

一般的な知識レベルと見た目のバランスを考える

漢字を使うと「読者から知的と思われるのでは?」との発想から、自分では書けなかった漢字や読めなかった漢字まで多様する人が少なからずいます。

 

しかし、前文で述べた通り、漢字の使い過ぎは読む以前から硬すぎるイメージを与えてしまうので逆効果です。

 

ただ、漢字の使いすぎを意識して要所に使うことを意識するよりは、逆に、極端にひらがなだらけにならない事を意識した方が、バランスのとれた読みやすい文章になると思います。

 

例え、自分が知っている漢字であっても、文章の構成から考えてひらがなで書いた方が読みやすいことも多々あります。

 

ごく一般的な知識レベルで漢字を使い、見た目のバランスを重視して文章を作成すれば、読者に受け入れてもらい易くなります。

 

 

 

 

漢字とひらがながの理想的なバランスは3:7の割合

漢字とひらがながの理想的なバランスは3:7の割合

文章の作成で、漢字・ひらがな・カタカナの理想的なバランスは、「漢字3:ひらがな7:カタカナ0~1」との説があります。

 

全てのケースに当てはまる説ではないかもしれませんが、ブログ記事のような1000文字~3000文字程度の文章であれば、それなりのバランスを保ち、読者が読みやすいと感じてくれる可能性は高くなるでしょう。

 

正確に3:7を意識する必要はないと思いますが、1記事を構成しているそれぞれの文章で、見た目でおよそ3:7であると感じる程度のチェックは、常に心掛けた方が良いと思います。

 

読者から最終的に良し悪しが判断されるのは、作成した文章の内容です。

 

したがって、充実した内容の文章作成を前提として、視覚に与えるバランスや実際に読んだ時のスムーズさを考慮して、より読者が入り込みやすい作品を心掛けるようにしましょう。

 

 

 

 

まとめ

他のライバルブログと差別化を図る為に、記事の専門性の高さや情報量の豊富さばかりを意識しすぎると、つい読者目線を忘れてしまい、自分本位の偏った内容になりがちです。

 

他に劣らない良い物を作る意気込みが、読者目線を飛び越えてしまうことは、本気のブロガー程よくあることなのです。

 

充実した記事作りは絶対に必要な取り組みですが、常に読者目線を忘れない為にも、作成後に何度か記事を読み直す癖をつけることが大切だと思います。