ドメインパワーを上げるには6つの方法を強化すれば短期間で成果に繋がる
SEOを学んでいくと「ドメインパワー」なる言葉を耳にするようになるはずです。

 

ブログの検索順位を上げる為に、ドメインパワーに関連する取り組みは基本的な事になりますので、初心者の方はしっかりと理解する事が大切になります。

 

こちらでは、ドメインパワーの概要とパワーアップする為の方法について詳しく解説していきます。

 

 

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは
ドメインパワーとは、文字通りドメインが持っている力(サイトが持っている力)になるわけですが、検索エンジンが順位を決定する際に評価の対象となる指標の1つと言われています。

しかし、それぞれのドメインの強弱をはっきりと見極める手段はありません。

 

Googleでも、検索順位を決める判断基準を明確にしていないのが現状で、SEOにおける取り組みも全て、Googleが発信するガイドラインに沿って「評価されるであろうサイト作り」が基本にあります。

 

その取り組みの結果、検索結果に影響したものを対策としてサイト運営者は共有しているわけです。

 

このドメインパワーも、明確な基準や確認方法はありませんが、Googleの考えを読み解けば「良質なコンテンツの作成によって、時間の経過と共に高くなるパワー」と解釈することができると思います。

 

結果的に検索上位を可能にできれば、ドメインパワーもそれなりに評価されたと判断できるわけですが、そこに至るまでの取り組みを振り返れば「ドメインを強くする方法」については、影響する要因を推測することが十分に可能と言えるでしょう。

 

 

 

 

ドメインパワーが上がる事で得られる3つのメリット

ドメインパワーが上がる事で得られるメリット
ドメインパワーを上げることでGoogleからの評価も高くなるわけですが、具体的にどのような好影響が及んでいるのかと言うと、そこには3つのメリットが考えられます。

 

  • 記事がインデックスされやすくなる
  • 幅広くロングテールを拾えるようになる
  • トップページで狙うキーワードの順位が上がる

 

 

記事がインデックスされやすくなる

インデックスの速さにはブログの更新頻度も影響してきますが、ドメインパワーの高いブログでは新規記事がすぐにインデックスされやすい傾向にあります。

 

また、ドメインが弱い場合には、インデックスされてから評価に至るまでに時間が掛かるのですが、ドメインが強い場合には評価も早くなります。

 

作成した記事が検索エンジンにすぐに認識され、更に評価も早くなる事は大きなメリットになります。

 

 

 

幅広くロングテールを拾えるようになる

ドメインパワーが上がる事によって、今まで拾えなかったロングテールキーワードを拾えるようになる傾向があります。

 

これは大きなメリットと言えます。

 

個別記事からのアクセスを幅広く拾うことができれば、アフィリエイトなどでは高い成約率も期待できるようになります。

 

ロングテールからのアクセスアップの傾向としては、なだらかな上昇よりも段階的に上昇を見せるケースの方が多いようです。

 

 

 

トップページで狙うキーワードの順位が上がる

他のライバルブログのドメインパワーや選定キーワードの難易度にもよりますが、トップページでの検索順位アップも勿論期待できます。

 

インデックスが速くなりロングテールを拾えるようになる事で、ブログの成長度合いが加速していることは間違いありません。

 

競合が強すぎて結果に現れない事も考えられますが、ドメインパワーが強化され以前より評価されやすいトップページにはなっているはずです。

 

 

 

 

ドメインパワーを上げる6つの方法

ドメインパワーを上げる方法

ブログの専門性を高める

ブログのドメインパワーを上げるには、特化型のブログの作成で早い効果が期待できると言えます。

 

何かのジャンルに特化した専門性と質の高いコンテンツを作り上げることで、そのジャンルに関連したキーワードに強いブログが出来上がるのです。

 

勿論、雑記ブログのように幅広い分野でコンテンツを構築する事でも、ドメインパワーを増すことはできますが、その場合には数千にも及ぶ記事更新を必要とする可能性が高くなります。

 

早い段階でブログの信頼性を高めてドメインパワーを上げるのであれば、専門性の高い特化型ブログがおすすめです。

 

 

 

記事の更新頻度を上げる

更新頻度を上げて沢山の記事を蓄積していく事は、ドメインパワーを上げる取り組みの基本中の基本と言えます。

 

また、新しい記事の追加だけではなく、以前の記事を修正して更新頻度を上げる事も大切な作業になります。

 

Googleに対して、ブログの修正を含め小まめに管理しながら、新たな情報も随時追加していく信用できるサイトである事をアピールしましょう。

 

 

 

ブログの滞在時間を伸ばす

読者の滞在時間が長いブログは、求めているものと一致した質の高い情報を提供している記事を有すると判断できます。

 

つまり、滞在時間が長いブログは、Googleからユーザーに有益であると評価されることになるのです。

 

ブログの滞在時間を伸ばす方法は幾つかあります。

 

  • コンテンツを充実させる
  • 読みやすさを工夫する
  • 画像を挿入する
  • 内部リンク対策をする
  • 外部リンク対策をする

 

以上のような項目を常に意識しながら、記事作成をしていく事が大切になります。

 


 

 

良質な被リンクを増やす

Googleは良質な被リンクを集めるサイトほど高く評価する傾向にあります。

 

被リンクには、Googleが推奨するナチュラルリンクと、逆にペナルティーの対象になる可能性がある自演リンクの2つの種類があります。

 

このホワイトハットSEOもブラックハットSEOも、やり方次第で有効にも無効にもなるわけですが、ブラックの場合にはドメイン消滅のリスクもありますので、やはりホワイトなナチュラルリンクを集める方をおすすめします。

 

ナチュラルリンクを集めていくには、「読者に役立つ有益なコンテンツ」「読者の目を引く目立つコンテンツ」が求められます。

 

被リンクの獲得は、誰かに自分のブログを紹介してもらう行為になりますので、しっかりと読者目線に立った記事作成が必要となります。

 


 

 

対策キーワードとマッチするコンテンツを作る

読者が検索するであろうキーワードを選定して、そのキーワードを検索した読者が求める情報をしっかりと見極めることが大切になります。

 

特定のジャンルにおける定番のキーワードや関連する流行りのキーワードなど、色々な方面から選定を進めて記事に織り交ぜるようにしましょう。

 

キーワードは、文章が不自然にならないように注意しながら、記事タイトルと記事本文に適切に挿入します。

 

また、しっかりと選定した対策キーワードにマッチした、読者が欲するであろう質の高い記事作成が求められます。

 

このような個別記事で検索にヒットするようになれば、ブログ全体のアクセスが底上げされるようになっていきます。

 


 

 

適切な取り組みをしながら時間の経過を待つ

取得して間もないドメインをGoogleは評価してくれません。

 

ブログの信用を判断できないからです。

 

ただ、取得した後に時間が経過したからと言って、無条件でGoogleが評価してくれるわけでもありません。

 

今までに述べたような、少々手間のかかるコンテンツ作成が必要となり、この手間なくしてドメインのパワーは上がってこないのです。

 

一般的に、ドメインパワーが上がってくるまでに3ヵ月~6ヵ月程度かかると言われています。

 

この間に、しっかりやるべき取り組みを行い、万全の体制でその時期を迎えることが強いドメインを手に入れる近道になります。

 

 

 

 

まとめ

ドメインパワーを判断するのはGoogleになりますが、Googleはユーザーが求めるであろうサイトこそドメインパワーが高いとして評価しています。

 

したがって、ブログのドメインパワーを上げていく前提には、「読者の信頼」「読者の納得」「読者の共感」が得られるような記事作成を念頭に置くことが求められます。

 

勿論、ドメインを取得してからの年数も関係してきますが、読者目線の記事作りを続けて入れば、いずれ古参のドメインにも勝る時が来るはずです。