今さら聞けないアフィリエイト広告の基礎知識と稼げる商品を選ぶ5つの条件

アフィリエイト広告は、私達アフィリエイターが運営する多種多様な媒体(メディア)が掲載先となります。

その為、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)では利用者の利便性を考慮して、豊富なバリエーションに対応できる色々な広告素材が用意されています。

アフィリエイトで成果を出していく為には、基本的なアフィリエイト広告の知識を理解した上で、成果条件を満たせる的確な商品選択がとても重要になります。

こちらでは、初心者にも理解しやすいようにアフィリエイト広告の基礎知識を学びながら、アフィリエイトで稼げる商品選びについて解説していきます。

アフィリエイト広告の入手方法

アフィリエイト広告の入手方法

アフィリエイト広告はASPへ登録することで、豊富なバリエーションの素材を入手することができます。

ただ、ASPによっても扱っている広告に違いがあったり、発生する報酬の条件や金額が異なったりすることもあります。

したがって、アフィリエイトで効率的に稼いでいく為には、できるだけ複数のASPへ登録しておくことが理想的なスタイルと言えます。

以下は、数あるASPの中でも最低限登録をおすすめしたい有名どころ5社です。

  1. afb(アフィb):利用者満足度No1のASP
  2. A8.net:国内最大手のASP
  3. バリューコマース:商品数と広告素材が豊富なASP
  4. もしもアフィリエイト:Amazon・楽天アフィリエイトに強いASP
  5. infotop:情報商材系ASPの最大手

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告の種類

ASPで利用できる広告には2つの種類があります。

1つは「バナー広告」、そしてもう一つは「テキスト広告」です。

この2つの広告の存在を理解して、適切な箇所へ適度に設置して使い分けることがアフィリエイトで稼ぐポイントの1つになります。

以下、利用者満足度No1のASPであるafb(アフィb)の素材で解説していきます。

バナー広告

バナー広告は画像タイプの広告で、色々な大きさのサイズを選択することができます。

誰が見ても一目で広告とわかることが大きなメリットでもありますが、掲載場所や広告サイズを無視して設置すると、サイトを訪問したユーザーから邪魔者扱いされて逆効果になりかねませんので注意が必要です。

サイトデザインにマッチした色合いの選択や違和感のないスペースへの設置など、広告を目立たせながらも極端に「売り」をアピールしすぎないことが大切になります。

一般的なサイズのバナー広告

こちらは、記事内やサイドバーなどへ設置されることが多い一般的なサイズのバナー広告になります。

カンファレンスバナー

大きいサイズのバナー広告

こちらは、段落の終わりや記事下の広いスペースを利用して設置できる、大きいサイズのバナー広告です。

カンファレンスバナー

テキスト広告

テキスト広告は、リンクを貼った文字列の広告です。

バナー広告に比べて目立ち難く、記事の中へ自然に広告を設置することができます。

具体的には、以下のような広告のスタイルになります。

アフィb なら報酬は777円からお支払

アフィリエイト広告の掲載方法

アフィリエイト広告の掲載方法

アフィリエイト広告の掲載方法は、各ASPで表示される画面などは異なるものの、手順については概ね以下の流れで対応できます。

広告プログラム/プロモーションを探す

ASPへログイン後に、取得したい広告のプログラム/プロモーションを検索欄へ入力して探します。

各ASPで、ジャンルや条件面での絞り込みもできるようになていますので、上手に活用して掲載する広告を探していきましょう。

提携申請する

取得したい広告を探すことができたら、広告主との提携申請をします。

広告主によって、即時提携が可能なプログラム/プロモーションもありますが、審査が必要な広告もあります。

広告のリンクコードを取得する

広告主との提携が完了したら、プログラム/プロモーションの詳細に入って広告作成をしていきましょう。

バナー広告・テキスト広告・メール広告などが選択できるようになっていますので、掲載場所に応じた好みのテキストリンクをコピーして、サイトの記事内やサイドバーなどへ貼り付けすれば広告が表示されるようになります。

以下は、利用者満足度No1のASPであるafb(アフィb)で紹介されているアフィリエイト導入までの流れです。

アフィbのアフィリエイト導入までの流れ

画像出展:afb「アフィリエイト導入までの流れ」より

 

アフィリエイトで稼げる商品を選ぶ5つの条件

アフィリエイトで稼げる商品を選ぶ5つの条件

アフィリエイトを始めるにはASPへ登録して広告の入手が必要になるわけですが、広告で紹介される商品の選択もアフィリエイト成果を大きく左右することになります。

ただ、初心者アフィリエイターにとっては、稼げる商品選びについてわからないことも多いと思います。

したがってこちらでは、アフィリエイトで稼ぎやすい商品の特徴と基準について解説していきたいと思います。

成約率(CVR)が高い

成約率とは、WEBサイトを訪問したユーザーがアフィリエイト広告の商品を成約してくれる割合です。

WEBサイトへ多くのユーザーを集客して広告をクリックしてくれたとしても、商品の購入や契約をしてくれなければ報酬は発生しません。

成約率が高くなる要因は幾つかあります。

  • 広告紹介ページの魅力
  • 商品の魅力
  • 商品の知名度
  • 広告素材の魅力

以上のような要因を満たす為には、入念な商品のリサーチとユーザーに寄り添ったレビュー記事の作成が成約率を上げる重要なポイントとなります。

承認率が高い

承認率とは、アフィリエイト成果発生後に広告主が最終的に承認する割合のことです。

商品によって、承認に至るまでの条件が簡単なものもあれば、商品の購入後さらに複数の条件を求める広告主もいます。

アフィリエイトでは、この承認率が高い案件ほど稼ぎやすい傾向にあり、承認に至るまでの条件確認はとても大切になります。

特別単価が大きい

アフィリエイト広告の商品によっては通常の報酬単価の他に、特別単価が設定されるものもあります。

例えば、通常2000円のアフィリエイト案件が、特別単価では倍以上の5000円になったりする事もあるのです。

特別単価が設定されるケースには、広告主に余力があり報酬アップキャンペーン的なイベント開催により期間限定で設定されるケースや、アフィリエイターが運営するWEBサイトに対して広告主が「投資価値がある」と判断した場合に、個別の単価交渉が可能になり報酬がアップしたりするケースがあります。

特別単価の有無はアフィリエイト案件によって異なりますので、事前にASP担当者へ確認しておくと良いでしょう。

交渉条件を満たせる詳細が分ければ、特別単価を見据えてサイト制作に動けますので、通常以上の高額報酬を狙いやすくなります。

商品の良し悪しを自分で見極める

ユーザーの興味や満足を無視して安易に報酬単価の高さだけを選択の条件にしてしまうと、商品の良さを伝えられずにアフィリエイトの成果を出せないケースが多々あります。

その為、紹介する商品のリサーチは入念に行い、本当に自分が良い商品である思える選び方が大切になります。

また、アフィリエイターが稼ぎにくい商品、或いは、ユーザーが魅力に感じない商品の場合には、広告主がアフィリエイトでは成果が出ないと判断して案件が終了になることも考えられます。

長期に亘り広告を掲載していく為にも、自分の目で商品の良し悪しを確かめる事は大切になります。

商品をアピールできる力量を確認する

一般的に、報酬単価の高い商品ほど成果を出すことが難しい傾向にあります。

勿論、高額報酬の案件で大きな収益化を可能にしているアフィリエイターは大勢いるわけですが、その背景には詳細なレビュー記事の作成やユーザーにとって有益で魅力的なサイト構築があります。

もし、ユーザーが納得して購入、或いは、契約などの行動を決断させるWEB構築の力量がまだ未熟であると感じるのであれば、安易にハードルの高い高額報酬案件の選択が原因でアフィリエイトの成果が出せないことも考えられます。

自分の力量で十分に商品の魅力と詳細を伝えられるか否かの客観的な判断も重要になります。

まとめ

アフィリエイトは基本的なノウハウを学びながら継続を続ければ、必ず稼げるネットビジネスです。

先ずは、当記事を参考に広告の基礎を理解して、自分が紹介したい商品をしっかりと見極めていきましょう。