被リンクを自分で増やす5つの対策で検索順位を上げる方法
Googleが検索順位を判断する基準として、2つの要因が大きく影響を及ぼすと考えられています。

 

1つは、ユーザーに有益で質の高いコンテンツを充実させることです。

 

そしてもう1つは、良質な被リンクを集めることです。

 

但し、被リンクは基本的に外部要因であり、他のWEBサイトから自分の運営サイトを紹介してくれるリンクの獲得が必要となります。

 

方法としては、自作自演で被リンクを増やす方法もありますが、やり過ぎた場合にはGoogleからペナルティーを受ける可能性もありますので、十分な注意が必要となります。

 

その上で、自分で被リンクを増やす簡単な対策を幾つか紹介していきたいと思います。

 

 

なぜ被リンクが多いサイトが評価されるのか?

なぜ被リンクが多いサイトが評価されるのか?
Googleの検索エンジンには、他のWEBサイトから被リンクが張られている(紹介されている)事を評価する傾向があり、その数が多いほど検索順位に影響を与えると考えられています。

 

特に、権威あるWEBサイト、つまり、検索順位が高かったり、ユーザーからの評価が高いサイトからのリンクは、検索エンジンからより高い評価を受ける可能性が高くなります。

 

被リンクは他のサイトからの推薦票のようなもので、良質なサイトからの被リンクほど重き1票となり増す。

 

しかし、このようなナチュラルリンクとは異なり、あからさまな自演リンクで票数を稼ごうとすると、公職選挙法違反のような扱いになり、逆にペナルティーの対象となるのです。

 

もう一つの重要視される要因として、コンテンツの充実が評価に大きく影響すると考えられているわけですが、Google自らがサイトを判断するだけでなく、ネットユーザーからの評価を被リンクを基準に客観的判断材料として取り入れているのだと解釈できます。

 

 

 

 

被リンク獲得状況を調べる方法

被リンク獲得状況を調べる方法
運営サイトの被リンク獲得状況は、簡易ツールを利用することで簡単に調べることができます。

 

以下の2つはおすすめの被リンクチェックツールです。

 

 

 

hanasakigani.jp

hanasakigani.jpで被リンク獲得状況を調べる方法
hanasakigani.jpは、被リンクの数とドメインの数が表示され、被リンクのページURLなどの情報が分かるようになっています。

 

また、競合サイトの被リンクチェックができ、上位10サイトの調査結果が表示されます。

 

hanasakigani.jpを利用するhttp://hanasakigani.jp/

 

 

 

WODGE相互リンクチェッカー

WODGE相互リンクチェッカーで被リンク獲得状況を調べる方法
WODGE相互リンクチェッカーは、相互リンクが正常にされているかを調べることができるツールで、ブログなどへ活用に役立ちます。

 

WODGE相互リンクチェッカーを利用するhttp://www.wodge.biz/linkchecker/

 

 

 

 

被リンクを自分で増やす5つの対策

被リンクを自分で増やす5つの対策

SNS系ツールからの被リンク

TwitterやFacebookなどのSNS系ツールから拡散されるリンクも一応は被リンクになります。

 

但し、リンクには「nofollow」タグが入ることになりますので、実際には被リンク効果が出ないようになっています。

 

Googleから評価される被リンク効果は期待できないものの、SNSからのリンク拡散でサイトへのアクセスが増加して検索順位が上がる要因になる事は考えられます。

 

一方、はてなブックマークのようなソーシャルブックマークも被リンクの1つとしてカウントされます。

 

こちらも自演リンク同様に、複数のアカウントを取得して自分の運営サイトをブックマークするような行為は、すぐに不正とみなされますので十分な注意が必要です。

 

 

 

ブログランキングサイトからの被リンク

WEB上には多数のブログランキングサイトがありますが、こちらへ登録する事で被リンクを貰うことができます。

 

また、被リンクが貰えるだけでなく、ブログランキング上位を獲得できればアクセスアップも期待できます。

 

特に、規模の大きいブログランキングサイトは、質の高い被リンクと判断される傾向にありますので、自分で被リンクを獲得する対策としては、手っ取り早く簡単な方法と言えるでしょう。

 

以下、特におすすめのブログランキング3つを紹介します。

 


 

 

NAVERまとめからの被リンク

「NAVERまとめ」は、最も有力まとめサイトの1つになります。

 

こちらも、アカウントを取得して自分のサイトを紹介するようなまとめ記事を作成すれば、被リンクを獲得する事が可能になります。

 

但し、やり過ぎは要注意です。

 

それなりの手間を掛けて、しっかりと作り込まれた記事の中に自然にリンクを入れることが適切です。

 

 

 

サテライトブログからの被リンク

メインブログと関連性のあるサテライトブログを作成して、そこからリンクをもらう方法は自演リンクの王道と言えるでしょう。

 

但し、サテライトブログの役割は読者の誘導であり、メインブログのアクセスアップが本来の目的です。

 

したがって、作成するサテライトブログそれぞれは、メインブログと関連性のある異なるテーマ・キーワード選定をすることが望ましく、単純に同じようなテーマでコピーブログを量産するような行為はペナルティーの可能性を高くしてしまいます。

 

リンクを張ることだけを目的に、粗悪なサテライトブログにならないように注意が必要です。

 

 


 

 

良質なコンテンツからの被リンク

ナチュラルリンクを増やしていく為に、絶対に必要であり手を抜くことができないのが質の高いコンテンツの作成です。

 

コンテンツ自体がGoogle評価の大きな要因でもありますので、いくら自分で被リンクを増やしていったとしても、コンテンツが伴わなければ検索順位を上げることはできません。

 

前提として、飽くまでも充実したコンテンツがあってこそ、これまでに紹介した被リンクを増やす方法を適度に取り入れることで効果が期待できるのであって、やはり極端な近道ばかりを模索していては本末転倒になりかねません。

 

もっと言えば、良質な記事を書き続けて、誰もが評価するコンテンツの充実を実現できればナチュラルリンクを積上げることができますので、自演リンクの対象とな危険を伴う行為はする必要がないのです。

 

ブログ運営は、第一にコンテンツ作り、そして第二に被リンクの収集です。

 

コンテンツを充実させることは地道な作業の連続ではありますが、ホワイトハットSEOで検索順位を上げる最も有効な手段でもあります。

 

先ずは、他のライバルブログと比較して、コンテンツで勝負できるか否かをしっかりと判断しましょう。

 

 


 

 

 

まとめ

ここまで自演リンクとなる方法も含めて、比較的簡単にできる被リンクの増やし方を紹介してきました。

 

しかし、どのような方法でも裏技的に効果を期待すると、度が過ぎた取り組みになりかねません。

 

自演リンクの施しは、全てにおいて自己責任で行う必要があります。

 

今ある自分のサイトに何が足りなくて、何を優先して取り組むべきなのかをしっかりと見極めて、最適なサイト状況を管理していくのが私達運営者の責務です。

 

ブログは運営者にとっても読者にとっても、作り方によって有益に成り得る大きな財産である事を認識して大切に管理していきましょう。