WEBサイト・ブログを手っ取り早く作成!記事外注のメリットと発注方法!

記事を外注することでブロガーが受けるメリットとは?

ブログ運営を成功させるには、読者に対して有益となる多くの情報を発信しながら、検索上位表示されることが求められます。

 

その為に、数多くの充実した個別記事を作成し、良質なコンテンツを一つ一つ構築していく必要があるのです。

 

検索エンジンと読者から共に質の高いコンテンツだと評価してもらう為には、必ずしも長い文章である必要はありませんが、しかしながら充実した内容を情報発信するとなれば、やはり少なくとも1500文字~3000文字程度の文章にはなるはずです。

 

それだけの文字数の文章を数百記事も作り上げることは、決して楽な作業ではありません。

 

特に、以下のようなブロガーにとっては、充実した質の高い記事作成は大変な作業になり、なかなかスムーズな進捗が困難になってしまいがちです。

 

  • 本業が忙しくブログ運営に時間が割けない為、短時間の作業の積重ねになってしまう
  • 運営サイトが複数に及ぶため、1サイトへの記事作成に集中できない
  • ブログコンセプトの特定分野において経験や知識がなく、専門的記事作成が困難

 

このような場合には記事作成を外注することも、クオリティーを保ちつつ効率化を図る上で、効果的な選択肢の一つとなります。

 

しかし、IT関連の専門業者へ記事作成依頼をするとなると、それなりに高額な費用を提示されのが現状です。

 

今回紹介するクラウドソーシングを利用したブログ記事外注は、費用を抑えつつ初心者レベルのブロガーでも手軽に利用できる手段として人気を高めています。

 

クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務を外注できるサービスです。

 

業務の依頼や打ち合わせなども全てネット上で行い、業務完了後に報酬の受け渡しが発生となる流れが一般的です。

 

クラウドソーシングサービスの運営している代表的サイトとして挙げられるのがランサーズです。

 

ランサーズは業務依頼数も業務を受ける会員数もとても多く、国内最大級と言われています。

 

依頼されている業務は幅広く、システム開発のような高度な専門知識が必要なものから、未経験者でもできる簡単な記事作成などもあり、登録会員は自分のスキルに合わせて仕事を選択できるところが特徴です。

 

その為、仕事を受ける側の会員は専門知識を兼ね備えたフリーランスから、在宅ワークにチャレンジしている主婦層に至るまで膨大な登録数を有します。

 

今回のブログ記事外注だけに限らず、WEB関連の作業を安価で手軽に業務委託できるクラウドソーシングサービスは、私達にとってとても高いメリットがあると言えるでしょう。

 

 

 

 

ブログ記事発注の手順と報酬単価の相場

ブログ記事発注の手順

ブログ記事発注の手順

それぞれ登録したクラウドソーシングサービスサイトの利用方法に沿って手順を踏んでいくわけですが、記事作成を受注してくれる人に対して、しっかりと希望する文章を作成してもらえるように、分かりやすい条件提示をすることが上手に活用するポイントとなります。

 

  • 記事のテーマ
  • 記事の内容
  • 文字数
  • 必要なキーワード及び、必要なキーワード数
  • NGキーワード
  • 受注できる方の条件(スキルなど)
  • 報酬金額及び報酬体系
  • その他禁止事項や注意点

 

運営するブログの全体像をイメージしながら、どのような記事が必要となるのかを考えて、その為の分かりやすい条件提示をすることが大切です。

 

受注者の中には他の記事を引用して丸ごとコピペする悪質なケースもありますので、禁止事項には必ずコピペが発覚した場合の罰則等も含め記載するようにしましょう。

 

 

 

ブログ記事外注の相場

ブログ記事外注の相場

ブログ記事外注で支払う報酬は、作成する記事の難易度や文字数によって異なり、日記のような日常の出来事や感想文のような記事の依頼であれば、報酬単価はかなり安く設定しても受注者が見つかります。

 

しかし、本格的なWEBサイトの運営やアフィリエイトなどのネットビジネスで活用するのであれば、SEO対策を意識したキーワードの挿入や、掲載する商品・商材などの専門知識が記事内容に求められます。

 

このような条件提示の場合には、800文字~1000文字程度で100円~200円くらいが現状の一般的な相場のようです。

 

あまり報酬単価を下げると受注者が少なくなる可能性がありますし、逆に上げ過ぎても数百記事の依頼となれば費用が嵩んでしまいます。

 

自分の依頼内容と類似する業務を参考として確認しながら、適当と判断できる報酬設定を心掛けましょう。

 

また、一記事ずつ不特定多数へ依頼するのではなく、コピーライティングスキルが高い特定の受注者を探し、50記事~100記事程度を数千円~数万円で、まとめて依頼することも効果的な手段の一つです。

 

 

 

 

ブログ記事外注でおすすめのサイト

ランサーズ

ランサーズは会員登録数70万人を超え、上場企業をはじめ10万社からの仕事依頼をマッチングする国内最大級のサイトです。

 

ライティングの他にもロゴ作成やアプリ開発などにも定評があります。

 

ランサーズ

 

 

Bizseek(ビズシーク)

Bizseekは、ここ数年で勢いを増しているクラウドソーシングサービスで、業界最安値の手数料を掲げていることで注目されています。

 

クラウドソーシングでは、仕事を依頼するクライアント側とそれを受けるワーカー側のどちらにも手数料が発生するのが通常ですが、Bizseekは完全無料となります。

 

Bizseek

 

 

 

まとめ

記事外注で支払う報酬の相場やワーカーの質などを比較する上でも、2つ以上のクラウドソーシングサイトの利用をおすすめします。

 

応募状況などにも違いが出てくると思いますので、複数へ同時に依頼を掛け、より質の高い記事を選択して利用するようにしましょう。