なぜWordPress(ワードプレス)がおすすめなのか?メリットとデメリットから人気を分析!
ブログに興味を持っている方の多くは、「WordPress(ワードプレス)」この名称を耳にしたことがあると思います。

 

WordPressは、世界中の企業や個人に利用されている人気の高いブログソフトで、「ホームページを作るならWordPressの利用がおすすめ」「アフィリエイトで稼ぎたいならWordPressでブログ構築を」このようなWordPressをおすすめする内容の記事を多く目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

日本には幾つもの無料ブログサービスがある中で、WordPressのどのような部分が優れていてオススメしているのか、特に初心者の方には分からない事も多いと思います。

 

そこで、そもそもWordPressとは何なのか?どんなメリットとデメリットがあるのか?などを解説しながら、人気について分析してみたいと思います。

 

 

WordPress(ワードプレス)とは

WordPress(ワードプレス)とは
WordPressはブログ作成システムとして2003年に公開され、今では個人ブログや企業サイトの他に、公共機関のサイトなど多方面で利用されるようになりました。

 

また、WordPressは単純なブログソフトとしてだけでなく、CMS(Contents Management System)としても利用されています。

 

CMSとは、WEBサイトのコンテンツ(テキストや画像など)のデータを管理して、それらをWEBページとして表示させるシステムです。

 

これまでにWEBサイトを作成し公開するには、HTML・CSSの知識が必須とされていましたが、このシステムを活用することで、WEB制作に関する専門知識がなくても文章や画像などのコンテンツを準備することができれば、簡単にWEBサイトを作成し公開できるようになったのです。

 

CMSには4つの種類があり、その中でWordPressに代表されるCMSは全世界で最も多く利用されています。

 

したがって、シェア数が多い分情報も豊富です。

 

WordPressに関する書籍は数えきれないくらい出版されていますし、ネット検索をすれば膨大な量の色々な情報を入手することができます。

 

例えば、WEB制作の過程で何らかの問題が発生しても、WEB上の情報や書籍を活用することで殆ど解決することができる為、更にWordPressの世界的人気に拍車をかけたと言えるのです。

 

 

 

 

WordPress利用で実感できる10のメリット

WordPressのメリット

WordPressは無料で利用できる

他のCMSであるMovable TypeやSmartPageなどは有料であるのに対して、WordPressは無料で利用ができます。

 

特に個人でのWEBサイト運営などの場合には、コストを抑えながら制作に取り組めますので、大きなメリットの1つと言えます。

 

レンタルサーバーの契約や独自ドメインの取得をしたとしても、月額1000円~2000円程度で出来ますので、WordPressは初心者にもおすすめです。

 

 

 

インストールが簡単ですぐにWEBサイトを持つことができる

現在は、レンタルサーバー側でWordPress関連のサービスが充実していて、サーバー契約後に簡単にWordPressをインストールできるようになっています。

 

インストールの進め方も分かりやすく、数クリックするだけで、WordPressの設置が完了するレンタルサーバーもありますので、初心者でも迷うことなく利用することができると思います。

 


 

 

 

カスタマイズの自由度が高くコンテンツの更新も簡単

殆どのサイト運営者は、デフォルト状態ではなくカスタマイズをして、他のサイトとの差別化を図りたいと考えるものです。

 

WordPressでは、カスタマイズに制限がありませんので、便利なプラグインを活用すれば、誰でも瞬時にカスタマイズに着手する事が可能です。

 

また、ページの追加や更新がとても簡単にできますので、テキストや画像を用意して、充実したコンテンツを作成することが出来ます。

 

 

 

テーマ・テンプレートが豊富でデザイン性の高いサイトが作れる

WordPressで利用できるテーマ・テンプレートは、驚くほど豊富にあります。

 

国内外で多くのユーザーが利用している為、利用者のニーズを満たす高性能のテンプレート制作が活発化していて、膨大な数のテーマ・テンプレートを選択できるようになっているのです。

 

無料・有料どちらも数多くありますが、機能性に優れSEO対策も考えられた有料版のテンプレートでも、2万円前後で購入できますので、積極的に活用できる価格帯だと思います。

 

サーバへテンプレートをアップして、管理画面で「有効化」するだけで利用できますので、初心者にも本当に簡単です。

 


 

 

 

膨大なプラグインで多彩な機能を簡単に利用できる

WordPressで利用できるプラグインは、実に3万個を超えます。

 

従来であれば、高度な知識と技術が無ければできなかったことが、プラグインを利用することで簡単にできるようになります。

 

公式ディレクトリに登録されているプラグインの、ほぼ全てが無料でダウンロードできますので、様々な機能カスタマイズを手軽に実行できます。

 


 

 

 

バージョンアップが多く拡張性に優れている

WordPressのバージョンアップは管理画面からクリックするだけで、簡単に実行することができます。

 

バージョンアップの数も多く、その都度CMSとしての機能も充実してきています。

 

また、プラグインも連動してバージョンアップされることが頻繁で、機能の拡張性には十分に満足できると思います。

 

 

 

SEO対策に適している

WordPressは、SEOに強いCMSと言われています。

 

これは、WordPressのファイル構成が、検索ロボットのクローラーの好みと合致していることが理由のようです。

 

SEOの内部対策は近年益々重要視されるようになってきましたので、WordPressを利用することで初心者でも簡単に対策を施せるメリットは大きいと思います。

 

 

 

世界中にWordPress関連の開発者がいる

WordPressは、オープンソースのブログ作成システムです。

 

オープンソースとは、ソースコードを無償で公開して、誰でも自由に改良と再配布ができるソフトウェアです。

 

その為、世界中で多くの人がテーマ・テンプレートやプラグインの開発を行い、無料・有料で公開しています。

 

世界中の開発者が、WordPressの膨大なユーザーのニーズを満たす為に、挙って評価される機能を目指しています。

 

これは、WordPressを利用する全ユーザーにとって大きな強みと言えます。

 

 

 

殆どの問題はWEBで解決できる

ブログサービスを提供する日本の運営会社などと違い、WordPressにはカスタマーセンターがありません。

 

しかし、世界中に膨大な数の利用者がいることで、ユーザー同士がお互いをサポートし合う体制が確立されているのです。

 

WordPressに関する書籍も数えきれないほど出版されていますが、既にWEB上にある豊富な情報だけでも、殆どの問題は解決することが可能だと思います。

 

 

 

サイト消滅の心配なく安全に利用できる

WordPressは、運営者自身が管理していくシステムですので、無料ブログサービスのように、サービス提供側から何らかの影響を受けるような事はありません。

 

無料ブログの場合は、アクセスを集める人気ブログを構築しても、サービス提供側が定めるルールに抵触したり、或は、倒産に追い込まれるような事があった場合には、容赦なくアカウントの停止や削除が行われます。

 

時間を掛けて作り上げたブログコンテンツは、ブロガーにとって貴重な資産になりますので、WordPressの利用でサイト消滅のリスクを回避する事は大切です。

 

また、WordPressはセキュリティ対策の更新も頻繁ですし、セキュリティ関連のプラグインも多くあります。

 

セキュリティ対策は、ある意味いたちごっこの取り組みです。

 

常に、最新版のセキュリティを保つことができる体制は、WordPressの大きなメリットと言えます。

 

 

 

 

WordPress利用で実感できる3つのデメリット

WordPressのデメリット

ある程度のHTMLの知識は必要

WordPressは初心者でも比較的簡単に操作できますが、全くHTMLの知識がない状態では、カスタマイズに手こずったり、或は、カスタマイズに失敗してデザインが崩れたり画面が表示されなくなったりすることもあります。

 

このような問題にも、基本的にはWEB上の情報などを探して、自分で対応していかなくてはいけません。

 

したがって、ある程度のHTMLに関する知識は必要と言えます。

 

但し、HTMLに関する情報もWEB上に沢山ありますので、独学で学ぶことは十分に可能ですし、とりあえず必要になるのは基礎的な知識ですから、初心者の方でもすぐに理解できると思います。

 

少しずつ学びながら実践することで、いつの間にか身に付いていきますので、臆することなく積極的にチャレンジしていきましょう。

 

 

 

管理画面の専門用語がわかり難い

WordPressは、元々が英語で開発されたソフトであり、私達が利用している日本語版はWordPress独自の機能を翻訳したものになります。

 

その為、初めて聞くような用語を幾つも目にすることになります。

 

利用している内にすぐに慣れるとは思うのですが、最初は理解できずに混乱することがあるかもしれません。

 

 

 

運営コストが掛かる

前文でも述べた通り、WordPressを利用するには独自ドメインの取得とレンタルサーバーの契約が必要になります。

 

しかし、掛かる費用は月間1000円~2000円程度です。

 

多くのアフィリエイターがお金が掛かってもWordPressを利用している現状を考えれば、数千円のコスト以上の成果が出せる裏付けであると言えます。

 

特にアフィリエイトを目的としなくても、アドセンスなどの設置は簡単にできますので、費用対効果を考えれば気にならない金額だと思います。

 


 

 

 

 

まとめ

WordPressに関する10のメリットと2つのデメリットを解説してきましたが、このメリットの数の多さとデメリットの少なさ、また各デメリットの内容が軽微である事は、大げさに表現したわけではありません。

 

特に、今まで無料ブログしか利用経験がない方にとっては、雲泥の差が実感できると思います。

 

色々なリスクを回避しながら、機能性と利便性が格段に向上したWEB制作を実現できますので、是非、WordPress利用をおすすめします。