Googleアドセンス・楽天アフィリエイト・Amazonアソシエイトを比較!一番稼ぎやすいのはどれ?

Googleアドセンス・楽天アフィリエイト・Amazonアソシエイトの特徴と稼ぎやすさを比較

クリック報酬型アフィリエイトの筆頭であるGoogleアドセンスと、成果報酬型アフィリエイトで豊富な品揃えがある楽天アフィリエイトAmazonアソシエイトは、多くのアフィリエイターが利用しているASPになります。

 

アフィリエイトの収益に至る構造としては異なるところがありますが、広告の掲載方法などは類似する形式もあり、3つのASPのどれを利用するのかを迷うアフィリエイターもいると思います。

 

そこで、今回はそれぞれの特徴を比較しながら、より効果的な利用について考えてみたいと思います。

 

 

 

 

Googleアドセンスの特徴

Googleアドセンスの特徴

 

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスは、IT業界の重鎮であるgoogle(グーグル)が提供するアフィリエイトサービスです。

 

最大の特徴は、ページの内容やサイト訪問者に合わせて自動で広告を表示してくれるシステムを導入しているところで、サイト訪問者が広告をクリックすることでアフィリエイターに対し報酬が発生するコンテンツマッチ型のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)になります。

 

Googleアドセンスを利用する為の流れは、Googleアカウントを取得してアドセンス利用の申し込み後、審査を通過すればブログなどのWEBサイトへ掲載することが可能になります。

 

アフィリエイト経験者であればご存知の方も多いと思いますし、実際にGoogleアドセンスを利用している方も多いと思います。

 

また、WEB上では個人のブログから企業のHPに至るまで数多く利用されていますので、Googleアドセンスを知らないと言う方であっても、普段インターネットを使っていれば、広告自体は殆どの方が目にしているはずです。

 

 

 

Googleアドセンスが人気の理由

Googleアドセンスが人気である最大の理由は、単純に他のクリック報酬型・コンテンツマッチ型のASPと比較して、報酬単価が高いからです。

 

サイト訪問者が広告をクリックすることで、アフィリエイターに対する報酬が発生するわけですが、高いものでは1クリック100円以上の広告も過去にはありましたし、現在では報酬単価が30円前後の広告が殆どになっているものの、それでも、他のコンテンツマッチ型ASPは高いものでも1クリック10円程度なので、比較すると格段に高いと言えます。

 

アクセス数の多いサイトを構築できれば、私達のような個人のブロガーでも月数万円程度を、安定的に稼ぐ事が可能になります。

 

また、一般的なアフィリエイト広告と違い、商品のレビュー記事を作成したり、広告で掲載される商品の購入や登録などを促す記事を作成したりする手間は必要ありません。

 

したがって、広告を掲載して放置しているだけで稼げるという点でも、多くのアフィリエイターが利用する理由の一つと言えるでしょう。したがって、広告を掲載して放置しているだけで稼げるという点でも、多くのアフィリエイターが利用する理由の一つと言えるでしょう。

 

 

 

Googleアドセンスを利用する為の審査

他のクリック報酬型・コンテンツマッチ型ASPと比べ、審査が厳しいのもGoogleアドセンスの特徴と言えます。

 

  • 暴力や差別表現、誹謗中傷がある
  • アダルト、ギャンブルコンテンツがある
  • 武器、アルコール、タバコ、薬などを販売している
  • 法律に違反している
  • 広告クリックを誘発、細工している

 

以上のような、禁止行為に当たる規約があるわけですが、例えば、ポイントサイトなどを紹介しているWEB媒体も規約違反の対象となります。

 

審査に通過したとしても、その後何らかの規約違反が発生すると即アカウントが無効になってしまいますので、円滑に運営していく為にも、運営サイトと規約の十分な事前チェックが必要となります。

 

 

 

 

楽天アフィリエイトの特徴

楽天アフィリエイトの特徴

 

初心者でも成果が出しやすい物販アフィリエイト

比較的成果が出しやすく、高品質のバナーなども設置できる楽天アフィリエイトは初心者にもおすすめと言えます。

 

但し、成果は出しやすいものの、毎月数万円を楽天アフィリエイトのみで稼ぎだすとなれば、WEBサイトへのかなりのアクセス数が必要になります。

 

したがって、稼ぎやすさだけでなく、高い報酬をも求めるのであれば、やはりそれなりのノウハウや経験が必要となりますので、他の物販アフィリエイトと難易度は同等です。

 

 

 

楽天アフィリエイトで成果を出しやすい理由

  • 楽天市場の数多くの商品がアフィリエイトの対象
  • バナーや商品リンク広告が豊富
  • クッキー(cookie)が30日間有効
  • 様々なコンセプトのWEBサイトでリンクさせやすい

 

成果が出しやすい特徴としては、以上のような点が挙げられます。

 

どれも初心者アフィリエイターにとってはありがたいことなのですが、中でもクッキーの有効期間が長いことは稼ぎやすさの最大の特徴と言えます。

 

 

 

クッキー(cookie)とは

WEBサイトの利用履歴を保存しておくプログラムのことで、ユーザーの訪問回数などの情報が自動的に保存されます。

 

アフィリエイトで利用するバナーやテキストも、どのアフィリエイターのものからユーザーが訪問したかが記憶されます。

 

楽天アフィリエイトではバナーやテキストを訪問した後、他のアフィリエイターのバナーやテキストを踏まなければ、楽天市場で商品を購入した際に30日間は報酬が発生が有効になります。

 

つまり、あなたのサイトを訪問してすぐに商品を購入しなくても、他のアフィリエイターの楽天広告を経由しなければ、最大30日間は稼げる可能性があると言うことです。

 

 

 

楽天アフィリエイトで使える便利なツール

  • 楽天モーションウィジェット
  • 各種バナー
  • HTMLテンプレート
  • 楽天商品動画リンク
  • 商品紹介のメール機能
  • モバイルアフィリエイト活用ツール
  • Twitter、Facebookの紹介機能

 

このように色々とあるわけですが、中でもブログなどのWEBサイトへのリンクでおすすめなのが、楽天モーションウィジェットです。

 

楽天モーションウィジェットでは、「おすすめ商品を優先的に表示」機能を使うと、WEBサイトに訪れたユーザに合わせて最適な商品を表示することができるのです。

 

 

 

 

Amazonアソシエイトの特徴

Amazonアソシエイトの特徴

 

楽天アフィリエイトとの違い

Amazonアソシエイトは物販アフィリエイトに分類され、楽天アフィリエイトと同様に、Amazonで販売されている商品を広告掲載して、ユーザーの購入によって報酬が発生する仕組みになっています。

 

掲載できる広告の種類も、楽天アフィリエイトとほぼ同じようなツールになります。

 

  • 商品リンク広告
  • テキストリンク広告
  • バナー広告
  • ウィジェット広告

 

この手のアフィリエイトでおすすめのツールは、やはりウィジェット広告になります。

 

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを比較した場合、報酬面や商品ラインナップや機能性などは大差ないと言えるのですが、一点だけ大きく異なるところがあります。

 

それは、クッキー(cookie)の期間です。

 

クッキーとはWEBサイトの利用履歴を保存しておくプログラムのことで、ユーザーの訪問回数などの情報が自動的に保存される仕組みです。

 

テキスト広告やバナー広告も同様に訪問した履歴が残るわけですが、楽天アフィリエイトの場合クッキーが30日間有効となりますので、例えばあなたのアフィリエイト広告をユーザーがクリックしてから他のアフィリエイト広告をクリックすることがなければ、30日後に楽天市場から商品を購入してもあなたへ報酬が発生するわけです。

 

一方、Amazonアソシエイトのクッキー有効期間は24時間と言われています。

 

この一点だけで全体的な良し悪しは決められませんが、アフィリエイターがASPを選択する上では重要な材料の一つになる事は間違いありません。

 

 

 

Amazonアソシエイトの強み

Amazonアソシエイトの強みは何と言っても、グローバルな企業であり、極めて高い知名度を誇る事です。

 

高い信頼性から利用者の数が多いことは勿論ですが、楽天市場以上にまとめ買いをするユーザーが多い傾向にあるようです。

 

したがって、1件当たりの購入で、大きな報酬を得ることも期待できるわけです。

 

また、Amazonアソシエイトは電化製品や書籍・DVDなどの販売が大きな割合を占めていて、商品ラインナップも豊富です。

 

一方で、楽天市場では食品系に強い為、カテゴリごとにAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトを使い分ける事も、有効な手段の一つと言えると思います。

 

 

 

Amazonアソシエイトで本格的に稼ぐには

Amazonアソシエイトで大きな収益化を実現するには、楽天アフィリエイト同様にかなりPV数を誇るWEBサイトを作り上げる必要があります。

 

成果は出しやすいものの、成果に繋がりやすい商品ほど報酬単価も安い傾向にありますから、Amazonアソシエイトだけで本格的な収入を得る事ができるのであれば、かなりのWEB制作上級者と言えるでしょう。

 

アフィリエイト初心者の場合、物販アフィリエイトを中心にAmazonアソシエイトからの稼ぎは副収入的なものとして、サイドバーなどへウィジェット広告のようなツールを利用するのが良いと思います。

 

やはり、それなりのPV数がないと成果に繋がりにくいでわけすが、バナーを貼り付けて後は放置しておけばよいのですから、過剰に期待せずに報酬が発生するのを気長に待つことです。

 

 

 

 

まとめ

それぞれに類似する特徴や異なる特徴があるわけですが、アフィリエイト初心者におすすめできるASPを挙げるとするならば、楽天アフィリエイトだと思います。

 

GoogleアドセンスとAmazonアソシエイトは、審査がありWEBへの掲載までに時間を要しますし、少々審査が厳しい事でも知られています。

 

一方、楽天アフィリエイトは審査なしで、誰でもすぐに始めることができます。

 

アフィリエイトの仕組みを知る上でも、アフィリエイトブログの構築を学ぶ上でも最適だと思います。

 

但し、報酬面で言えば、GoogleアドセンスとAmazonアソシエイトの方が断然おすすめですし、ASPとしての規模が格段に大きい面でも、利用価値があると言えます。

 

アフィリエイトの経験や知識が多少なりともある方は、GoogleアドセンスとAmazonアソシエイトの選択の方が得策だと思います。

 

但し、どのASPを選択したとしても、集客力のあるWEBサイトの構築や広告掲載場所の最適化などの方が、より重要になってきますので、しっかりとサイト構築に力を注ぎ、邪魔にならない自然な形での広告掲載が必要となります。