初心者がせどりを始める為の基礎知識と上手に稼ぐ7つのポイント

せどりの基礎知識を学ぶ

せどりとは、古本や中古のCD/DVD/ゲームなどを安く仕入れて、ネットオークションなどへ出品して転売で利益を出す稼ぎ方です。

 

スキームが単純であることから、ネットビジネスの中では比較的成果が出しやすい手法の1つとされています。

 

「せどり」の由来は、古本などのマニアが背表紙を見ただけで、取引される価格の相場を判断して購入することから「背取り」と呼ばれるようになったそうです。

 

以前は、商品価値を見極めるには幅広い知識と経験が必要と言われていた為、未経験者が稼ぐには難しいビジネスとされていましたが、現在ではパソコンやスマホで様々な商品の相場価格を簡単に知ることができる事から、せどりで稼ぐハードルがかなり低くなったと言えます。

 

未経験の状態からせどりを始めて、短期間で100万円以上の月商を稼げるようになった人達も多く存在し、せどりで稼ぐ方法を宣伝した情報商材も多く出回るようになりました。

 

但し、せどりで稼ぐ事のハードルが低くなったとは言え、しっかりとノウハウを吸収した上で取り組まなくては収益化に繋がらないだけでなく、損失を負うことも考えられますので、十分にメリット・デメリットを把握する事は大切です。

 

 

 

せどりのメリット

破格の利益率を実現することもできる

せどりで稼げる商品は、一般的には需要が少ないものが多い為、出回っている品数も少なくなります。

 

しかし、一部のマニア間では希少価値が高い商品として扱われる為、通常の価格の数倍・数十倍で取引されることが多く、仕入れ値に対し高い利益率で転売することが可能です。

 

 

 

低リスクに抑えることができる

ネット上の情報で商品の相場や人気状況は確認できますので、売れない商品には手を出さず、売れる商品であっても利益を出せない仕入れ値であれば断念することができます。

 

確実に利益が出せることを前提に、商品の仕入れをすることが可能です。

 

 

 

自分の好きな時間に作業ができる

商品の仕入れは好きな時間にできますので、休日などを利用すればサラリーマンの副業としても十分に稼ぐ事ができます。

 

ネットオークションへの出品は、ネットに繋がる環境があればスマホからでもできますし、商品の発送も慣れれば手間ではありません。

 

 

 

WEB知識がなくても稼ぐ事ができる

基本的に収益化する場所は、ネットオークションへの出品になりますので、アフィリエイトのようにブログやサイト作成をしなくても稼ぐ事が可能です。

 

基本的に売れる商品を安く仕入れることができれば稼げるので、SEOやプログラムの知識がなくても稼げるネットビジネスと言えます。

 

 

 

せどりのデメリット

在庫を保管するスペースが必要

ビジネスの規模にもよりますが、売上が大きくなればなるほど在庫を保管するスペースが必要となります。

 

毎月数百万円を稼ぎ出すせどらーであれば、書籍であってもそれなりのスペースは必要とするでしょう。

 

 

 

商品発送の道具が必要になる

費用は数千円で足りますが、商品を梱包するビニールパックや封筒、仕入れ時の値札を剥がす為のオイルなどが必要となります。

 

 

 

商品を仕入れる店舗が必要

今はネットで商品を仕入れるせどらー多いようですが、まだまだブックオフやゲオなどの中古商品を扱う店舗からの仕入れが一般的です。

 

近所にこのような店舗があれば、せどりで稼ぎやすい環境と言えます。

 

 

 

常に労働力を使うことになる

会社勤務などと比較すれば、自由な時間もお金も手にすることができる稼ぎ方ではありますが、やはり労働は常に必要とします。

 

ネットビジネスには不労所得に近い稼ぎ方が出来る手法も多くありますが、せどりはその中の例外的な一つでもあります。

 

 

 

せどりの基本的な稼ぎ方

せどりの販売先として、最も多く使われているのがAmazon(アマゾン)です。

 

Amazonには、月額登録料4900円が掛かる大口出品と無料の小口出品があります。

 

小口出品は無料で利用できますが、取引が成立すると基本成約料として100円が掛かります。(大口出品では必要ありません)

 

したがって、月間49件以上の取引が出来るのであれば、小口出品でも4900円以上のの基本成約量が掛かる為、大口出品への登録をおすすめしますが、初心者の場合は小口出品で様子を見るのが得策と言えます。

 

Amazonへの出品者登録には、以下の3つが必要になります。

 

・クレジットカード

・メールアドレス

・銀行口座

 

Amazonへの出品登録が完了したら、実際に商品を出品して売れるのを待つだけです。

 

勿論、より効果的に取引を成立させる為に、多くのせどらーは様々な工夫をしながら売上の増大を目指しているわけですが、せどりで稼ぐ為の一連の流れだけを見れば、比較的簡単に初心者が始められるネットビジネスではないかと思います。

 

 

 

 

せどりはコツさえ掴めば確実に成果が出せるネットビジネス

初心者がせどりを始める為の基礎知識と上手に稼ぐ7つのポイント

せどりは、マニアの間で希少価値が高いとされる商品を仕入れることができれば、ネットオークションなどへ出品することでほぼ確実に落札されますので、特にWEB知識などがなくても稼げるネットビジネスとして知られています。

 

せどりの基本的なビジネススキームは単純ですから、未経験者であってもやるべきことが明確に理解できますし、「安く仕入れて高く売る」ことの基本に沿って仕入れと販売のコツさえ掴めば確実に稼ぐ事が可能になります。

 

 

 

 

せどりで成果を出す為の7つのポイント

初心者がせどりを始める為の基礎知識と上手に稼ぐ7つのポイント

 

商品の相場と供給状態を把握する

せどりで稼ぐ為には、しっかりと利益が出せる商品を仕入れる必要があります。

 

アマゾンやヤフオクでの取引相場を把握して、少なくても売上の5割以上が利益となる商品を探すことが求められます。

 

また、人気商品であっても供給過剰になっている商品は、高い競争率に勝てず売れ残る可能性もありますので、十分な確認と注意が必要です。

 

 

 

状態の良好な商品を仕入れる

供給が多くなりつつある商品ほど、消費者は状態を吟味できるようになり、より良好な商品を購入しようとします。

 

できるだけ状態の良い商品の仕入れを心掛け、仮に、他の同一商品より状態が悪いのであれば、価格を下げるなどの取り組みが必要となります。

 

 

 

レア商品のチェックを怠らない

ブックオフなどに陳列される古本の105円コーナーには、時にお宝と呼ばれる超レアな商品が並ぶこともあります。

 

レア商品になると105円が1~2万円で売れることもありますので、絶版になった書籍や重版の予定がない書籍などは定期的にチェックしておきましょう。

 

 

 

インターネットでの仕入れも上手に活用する

一般的にせどりで稼ぐには、ブックオフやゲオなどへ足を運び、売れる商品を仕入れる必要があるわけですが、最近はインターネットで商品を仕入れるせどらーも増加傾向にあります。

 

ネット上で良い商品を仕入れることができるのであれば、大きな時間の節約に繋がりますので、状況に応じて上手に活用していきましょう。

 

 

 

使えるツールを導入する

例えば、書籍を扱うせどりでは、大量の本を一気にバーコードリーダーで読み取る事で、利益が出せる本を効率的にピックアップすることが可能になります。

 

せどりで使える無料・有料の色々なツールがありますので、効率化と利益拡大の為に使えるツールの導入を考えるべきです。

 

 

 

販売ルートのメリット・デメリットを把握して選択する

せどりの販売先で、最も多く利用されているのはアマゾンマーケットプレスで、2番手がヤフーオークションになります。

 

その他にも幾つかの販売先があるわけですが、それぞれ手数料や出品できる商品の規定、出品に掛かる手間などに違いがあり、メリット・デメリットがあります。

 

できるだけ売りやすい販売ルートを選択することは、せどりで上手に稼いでいく大きなポイントとなります。

 

 

 

データの蓄積と分析を徹底する

せどりを始めるまでには、ネット上の情報や書籍などを参考にする人が殆どだと思います。

 

しかし、実際にせどりをスタートさせてからは、販売実績に至るまでのデータの蓄積と、その後の分析が売上拡大の大きなポイントとなります。

 

自分が行動してきたデータこそが、せどりを成功へと導く最も正しい情報であり、データを基にした分析こそが裏付けのある稼げる根拠となるのです。

 

せどりはスキームが単純である事から、ノウハウよりも行動が重要になってきます。

 

データの蓄積と分析の後、迅速に行動へ移す取り組みができれば、必ずせどりで成功できるはずです。

 

 

 

 

せどりで売れた書籍の梱包と発送の手順

初心者がせどりを始める為の基礎知識と上手に稼ぐ7つのポイント

 

丁寧な商品梱包と迅速な商品発送は良好な関係を築く

せどりで稼ぐコツとして、効率的な仕入れ方法や効果的な販売方法の情報ばかりに目が行きがちですが、一連の流れの中にある商品の梱包と発送も、とても重要な取り組みとなります。

 

取引が成立した後に雑な梱包で商品が届いたり、発送時期が明確に示されなかったりすると、消費者の信頼は一気に低下して、例え良い商品であっても、不快感をぬぐいきれない状態の中での買い物になってしまうでしょう。

 

このような状態では、リピーターになってくれる人はいないでしょうし、徐々に悪い評判が高まり売上の低迷へと繋がる可能性が大きくなります。

 

やはり、良い商品を仕入れ、解りやすい商品販売を行い、丁寧に梱包した商品を迅速に届ける事が、せどりで稼ぐ為に常に念頭に置くべき心掛けである事を忘れてはいけません。

 

消費者との良好な関係を築き、その後も長く取引を継続するには、購入者の元へ商品が届くまでをしっかり見届けることが大切なのです。

 

 

 

書籍梱包の手順

本に貼ってある値札を剥がす

値札などのシールを剥がす専用のオイルを使うと、綺麗に剥がれます。

 

無い場合には、ジッポオイルでも代用できます。

 

この時に、発送する本に汚れや書き込みなどがないか、しっかりチェックしましょう。

 

 

 

雨濡れ防止のビニールで本をくるむ

チャック付きのビニール袋を利用すると便利です。

 

 

 

エアキャップで本をくるむ

エアキャップとは、通称プチプチのことです。

 

本の大きさに合わせて、丁寧且つ綺麗に包み、セロハンなどで止めましょう。

 

 

 

本を封筒に入れる

送り先の住所や自分の住所は、パソコンで作成しプリントアウトして貼り付けましょう。

 

商品の他に明細書も同封して、丁寧な対応をしましょう。

 

 

 

商品発送の手順

書籍の発送にはゆうメールがおすすめです。

 

ゆうメールは冊子などの印刷物等を、一般小包郵便物より安い料金で利用できるのが特徴です。

 

ゆうメールで適用できる範囲は、本・雑誌・CD/DVD・ビデオテープ・カセットテープ・ゲームソフト・カレンダー・カタログ・その他マニュアル等になります。

 

最大3Kgまでの荷物が発送可能で、既定の重さ内であれば厚さ制限はありません。

 

1、封筒又は袋の納入口などの一部を開く

2、内容品の大部分を透視できるよう、包装の外部に無色透明の部分を設ける

 

ゆうメールには2つの利用ルールがあります。

 

「1」は封筒に小さな切れ目を付けて、郵便物の表面で見やすい位置に「ゆうメール」と記載して下さい。

 

切れ目部分が広がらないように、ガムテープなどで補強すると良いでしょう。

 

「2」については梱包の際、ビニールとエアキャップを利用しているので問題ありません。

 

ここまで対応できれば、ポストへの投函でも窓口からでも発送ができます。

 

ゆうメールご利用方法・運賃

 

 

 

 

まとめ

せどりの稼ぎ方自体は、難しいものではありませんが、仕入れ・販売・発送のそれぞれに作業が伴いますので、3つの内1つでも手抜きがあると、収益化の拡大に歯止めが掛かってしまいます。

 

逆に言えば、3つが円滑に進み、尚且つユーザーから支持されるように常に努力していけば、大きな収益化を実現できる可能性は高まるのです。

 

通常は、アフィリエイトの仕組み構築などと同じで地道な作業の連続だと思いますが、お宝的な掘り出し物を仕入れて、ユーザーに喜んでもらえる良好な取引ができたら、その1つの出来事だけでも、誰もがせどりの面白さにハマってしまうのだと思います。