パワーブログでコンテンツマーケティングを成功させる方法と効果的なブログ記事の作り方

パワーブログ(パワーサイト)とは

ここ数年のSEO対策において、コンテンツの質とボリュームは最も重要な要素であると言われています。

 

この2つを満たしたWEWBサイトは、検索エンジンから評価されることが多く、検索上位表示される可能性が高くなる傾向にあります。

 

このような背景もあって、WEB制作を手掛けるブロガーなどからも、コンテンツマーケティングパワーブログ(パワーサイト)などの言葉が頻繁に使われるようになってきました。

 

コンテンツマーケティングとは、ユーザーの疑問や関心に対して、関係性の深い適切な情報を提供することでユーザーを引き寄せ、購買意欲を喚起して、最終的に収益化へと導くコミュニケーション戦略です。

 

したがって、ブログ運営でコンテンツマーケティングの成果を出していくには、専門性に富んだ高品質のコンテンツを数多く作成して、ユーザーに提供していく事が求められるわけですが、このようなボリューム満載のブログを最近はパワーブログと呼んでいるのです。

 

・WEBサイト(ブログ)のボリューム(情報量)が大きい

・長期的に運用が継続されている

・定期的なサイト更新が行われている

・特定のジャンルに対して専門的な情報を公開している

・オリジナリティーが高いサイト内容である

・多くのユーザーからブックマークや拡散がされている

 

以上のような項目に当てはまるサイトは、パワーブログとしての条件を満たしていると考えられますので、コンテンツマーケティングの効果が十分に期待できると思います。

 

 

 

 

パワーブログで得られるメリットとは

パワーブログでコンテンツマーケティングを成功させる方法と効果的なブログ記事の作り方

パワーブログには多くのメリットがあります。

 

その反面、少数ではありますが、やはりデメリットもあります。

 

少数あるデメリットの中から、パワーブログ最大のデメリットを挙げるとするならば、それは完成までに時間が掛かることです。

 

沢山の記事を作成しなくてはいけませんし、記事の蓄積が進んだ後も、アフィリエイトなどのネットビジネスで収益化を実現するには、それなりの時間が掛かる場合があります。

 

また、同ジャンルのライバルサイトと差別化を計る為に、オリジナリティーを出していく事でも、色々な工夫が必要だと思います。

 

但し、作成に時間が掛かり大変ではありますが、特別難しい技術を求められるわけではありません。

 

WEB制作における知識は必要ですが、ネットでリサーチしながら独学で作業を進めていく事は十分に可能です。

 

私自身の経験を言えば、やはりWEB知識が極めて乏しい状態からWEB制作を開始しましたが、ネットの情報を頼りに独学で進めてきた結果、この役立つブログレベルのWEB制作はできるようになりました。

 

ネットで調べながら作業を進めることは楽では有りませんが、十分な遣り甲斐を感じることはできます。

 

知識が豊富になる事で、出来る範囲が無限に広がっていきますし、専業アフィリエイターとして自立できるレベルの収益化も実現できました。

 

真剣にパワーブログへ取り組むことで、多くの満足できるメリットを手にできると思います。

 

先ずは、自身の得意分野のジャンルで、パワーブログへチャレンジすることをお勧めします。

 

 

 

パワーブログのメリット

・検索エンジンから評価されやすい

 

・Googleからペナルティーを受ける可能性が低い

 

・ロングテールキーワードからの集客が期待できる

 

・安定した検索上位表示が期待できる

 

・構築後のサイト管理の負担が少ない

 

・SEO対策などに費用を掛けず抵コストで運営できる

 

・ブックマーク(お気に入り登録)がされやすい

 

・SNSでの拡散、共有がされやすい

 

・ブログのリピーター増加が期待できる

 

・様々なジャンルに応用可能である

 

・長期間運営に伴いWEBサイトが成長していく

 

・パワーブログが資産、財産になる

 

 

 

 

パワーブログを完成させる為に重要な2つのポイント

パワーブログでコンテンツマーケティングを成功させる方法と効果的なブログ記事の作り方

完成までに時間を要するパワーブログを、途中で断念することなく完成させる為には、とても重要な2つのポイントを心得ておくことが大切です。

 

1つは、記事作成で行き詰らない為に、できるだけ得意なジャンルを選択してブログ作成を始めることです。

 

アフィリエイトなどで収益化を目指すにしても、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)では様々なジャンルの企業から広告が提供されていますので、必ず、携わったことがあるジャンルや好きなジャンルでの広告選択はできるはずです。

 

知識がある、或は強い興味があるジャンルであれば、良いモチベーションを維持しながら長く記事作成を継続できると思います。

 

もう1つは、焦らない事です。

 

パワーブログ構築の作業に集中することは良いことですが、完成させることを焦りすぎてはいけません。

 

どんなに急いでも可能な作業量には限界がありますし、完成ばかりを焦っていては、ボリュームがあっても品質が低いサイトになってしまうことも考えられます。

 

適度に休息を取りながら、じっくり作業と向き合うことが大切です。

 

また、成果についても焦りすぎてはいけません。

 

ブログ開設から2~3ヵ月でコンスタントに成果が現れる事もありますが、この程度では成果が殆ど現れないことの方が圧倒的に多いと言えます。

 

半年~1年程度経過してからコンスタントな成果が出始めて、収益化の拡大傾向に入るケースが多い事を念頭に、先ずは、作業への集中を心掛けましょう。

 

 

 

 

パワーブログはいつ収益化できるようになるのか?

パワーブログでコンテンツマーケティングを成功させる方法と効果的なブログ記事の作り方

検索エンジンから認識されて、更には、ブログのコンテンツなどが評価され始めると、検索上位表示が可能になってきます。

 

今まで地道な作業に取り組んで作り上げてきた、質の高いコンテンツが多くのネットユーザーの目に留まることになるのです。

 

そして、読者になってくれたネットユーザーからも評価されることで、パワーブログの収益化が始まります。

 

この好循環のスタートを皮切りに、パワーブログの収益化が次第に加速していき、大きな不労所得へと繋がる可能性が高くなります。

 

これまでの数ヵ月間に及ぶWEB制作に掛けてきた時間と労力は、将来の為の投資であり、その投資作業が完了した時に、パワーブログはあなたの資産・財産になるのです。

 

 

※関連記事⇒『WEBサイト・ブログを手っ取り早く作成!記事外注のメリットと発注方法!』

 

 

 

 

パワーブログを完成させる為に必要な1記事当たりの文字数とは

パワーブログでコンテンツマーケティングを成功させる方法と効果的なブログ記事の作り方

 

なぜ2000文字以上の記事が必要になるのか?

アフィリエイトなどのネットビジネスで収益化を目指すブロガーの多くが、1記事あたりの文字数について、最低でも2000文字~3000文字以上で作成する事を推奨しています。

 

勿論、ダラダラと意味のない長文を作るのではなく、読者にとって有益且つ魅力的な出来栄えを意識しながら、充実した記事内容になる事を心掛けなくてはいけません。

 

しかし、なぜ多くのブロガーが2000文字以上の記事作成を推奨しているのでしょうか?

 

その大きな理由の1つには、充実した記事作成がロングテールを可能にする有効なSEO対策になることが挙げられます。

 

現在、最も有効とされるSEO対策は、質と量が充実したコンテンツの作成だと言われています。

 

Google(グーグル)の検索アルゴリズムは、ネットユーザーにとって有益となるWEBサイトを優先的に公開できるように進化してきました。

 

以前は、WEBサイトの質に対する判断基準が確立できていない状況もあり、自作自演の被リンク張り付けなどで検索上位表示が可能な時代もありましたが、現在はコンテンツの質・量・オリジナリティーなど、検索エンジンはしっかりと作りこまれたWEBサイトを高く評価することができるようになったのです。

 

その為、多くのブロガーがコンテンツの最も重要な要素となる記事作成について、ボリューム・内容共に充実したものを書き上げる事でロングテールSEOの効果が期待し、その効果を引き出すには、最低でも2000文字以上のボリュームを備えた記事が必要と言われているわけです。

 

 

 

ブロガーの記事作成時間と読者が閲読する時間

ブロガーにとって、2000文字以上の記事作成を続けることは簡単なことではありません。

 

個人差があるとは思いますが、画像の挿入やリンクの張り付け作業なども入れると、恐らく、1記事あたりの作成に1時間~2時間程度は必要になると思います。

 

記事作成に慣れない初心者の方であれば、2時間以上を必要とすることもあるかもしれません。

 

広範囲に亘るロングテールSEOの効果を引出す為には、このようなボリュームの記事を300~700程度書き貯めることが理想的とされています。

 

とても地道な作業の継続を余儀なくされるわけですが、人気ブログの形成、或は収益化を可能にするブログの形成には、避けて通れない工程でもあります。

 

この作業に耐えることができるか否か、独自のスタイルで作業を効率化できるか否かが、パワーブログの効果が発揮できる分岐点になるのです。

 

確かに、2000文字の記事作成を続けることは大変なのですが、読者はこの苦労して作った記事を3分程度で読み終えてしまいます。

 

人が文字を読む平均的なスピードは、1分間に400文字~600文字だそうです。

 

つまり、2000文字程度の記事であれば3分少々、頑張って3000文字の記事を作成した場合でも、読者は5分程度で読み終えてしまうわけです。

 

2時間近い時間を費やして作成した記事でも、読者にとっては3分~5分程度で情報収集が完了する事を考えれば、SEOの観点からだけでなく読者の立場で観た場合にも、多くの充実した記事を揃えることは重要である事が理解できると思います。

 

仮に、記事のボリュームはそれなりでも、それが10記事しかないブログであれば、早々に他の情報量の多いブログへと移動してしまうことでしょう。

 

一筋縄でいかない作業ではありますが、検索エンジンにも読者にも評価される為には、このような条件を満たしたコンテンツ作成が必要である事を、十分に理解頂けるのではないでしょうか。

 

 

 

 

全ての記事に役割がある事を理解できればパワーブログは確実に完成する

パワーブログでコンテンツマーケティングを成功させる方法と効果的なブログ記事の作り方

 

読者の評価とブログの収益化のバランスがポイント

パワーブログを構築する目的は、コンテンツマーケティングを成功させて収益化を実現することです。

 

但し、収益化が目的ではあるものの、一方で、その為に構築したコンテンツについては、ブログ読者へ向けた情報提供も大きな目的となります。

 

ブログ読者へ向けられた情報がキッカケとなり、収益化に繋がる読者の色々な後押しを期待しているわけです。

 

しかしながら、ブログを訪問した読者の目的は、当然ではありますが、私達ブロガーの収益化に繋がる支援ではありません。

 

何らかの有益な情報を求めて、抱える問題の解決や欲求を満たすことが目的でブログを訪問しています。

 

このように、情報提供者である私達ブロガーの最終目的と、情報を欲しているブログ読者の最終目的は、明らかに異なるわけですが、最終目的を満たすまでの経緯の中で、お互いにメリットが生ずることも事実であり、この一連の過程を十分に理解することが、ブログの効果を引出して収益化を実現する重要なポイントとなるのです。

 

では、互いにどのようなメリットが生ずるのでしょう。

 

読者
・情報の収集によって、問題解決のヒント、或は答えを知る事ができる

・ブログ記事を共有することで、安心感や楽しさを得ることができる

ブロガー
・ブログ記事を評価してもらうことで、リピーター増加の期待ができる

・ブログ記事を評価してもらうことで、他の読者への拡散が期待できる

 

このようなメリットの中で、双方の最終目的を実現できるようになっていきます。

 

読者
・問題解決できる、或は欲求を満たせる物品の購入やサービスを受けることが可能になる

ブロガー
・アフィリエイトなどのネットビジネスで収益化が実現する

 

一連の流れを見れば、最終目的に至るまでには、ブログ記事に対して、読者の共感や納得が必要である事がお分かり頂けると思います。

 

読者にとっての最終目的は、情報のみで解決できるものでない場合、購入・契約・登録など、何らかの行動が必要であり、その行動を起こす為の決断が求められます。

 

一方で、私達ブロガーにとっての最終目的は、収益化に直結する場所へのごく自然な読者の誘導です。

 

つまり、収益化に直結する場所へ導く為に、あらゆる方面からの導線構築が必要であり、その導線上には、読者の興味を喚起して、更には都度都度の状況を説得できる、力のある記事作りが求められるのです。

 

したがって、読者の評価とブログの収益化について、ブログコンテンツの量的なバランスを考えた場合には、圧倒的に読者の評価を得る為の記事作りが必要であると言えます。

 

扱う商材や収益化の難易度によっても、適正なバランスには違いがあると思いますので、一概にバランスの割合を明言できませんが、どんなビジネス手法であっても、8割以上は読者の評価を最優先したコンテンツにするべきだと思います。

 

 

 

読者評価を狙った記事もブログ収益化の延長線上にある

読者の評価を得る為に広告を掲載するような、収益化に直結する記事ではない場合にも、全ては収益化実現の為の延長線上にある事を、常に念頭に置きましょう。

 

読者に評価される為に作成した記事でも、安易に収益化に直結するページとリンクさせることは、ブロガーの魂胆が見え見えになってしまい、逆効果になる事も多くあります。

 

読者に対して不自然なブログ内の誘導になってしまう場合には、特に収益化に直結するページへ、無理矢理リンクさせる必要はありません。

 

あくまでも、読者の有益な情報収集を考慮して、ブログ内を気持ちよく回遊できるような導線を意識しましょう。

 

全ての記事が収益化実現の為の延長線上にあるとの意味合いは、リンクで読者を誘導する事だけではなく、先ずは、ブログ自体を訪問してくれるネットユーザーを増やす為の、SEO対策に関連した取り組みの意味合いが強いと言えます。

 

ブログのコンセプトに適した記事を数多く作成して、収益化に繋がるような読者層が検索するであろうキーワードを、要所で適切に使うことで、検索上位表示を可能にしアクセス数を増加させることができるようになります。

 

ブログ訪問者が増加すれば、無暗に収益化に直結するページばかりを増やしたり、そのページへ誘導するような安易なリンクを設定しなくても、最適な状態での収益化拡大が見込めます。

 

ブログ運営では、収益化に直結しない動きこそが、ブログの収益化を早める重要な取り組みである事は多々あります。

 

読者の評価が優先させるにしても、それが後にどのように収益化へ貢献するのかを、自分自身でも分析して、しっかり理解した上で取り組むことが大切です。

 

 

※関連記事⇒『アフィリエイトは効果的なロングテールの拾い込みとセールス記事を書かない事で成果が出せる!』