アフィリエイトは効果的なロングテールの拾い込みとセールス記事を書かない事で成果が出せる!

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードは、複数の様々なワードの組み合わせにより検索されるキーワードのことで、頻繁に検索されるビックワードを軸に、2~4個の複合ワードで構成される、検索数の少ないキーワードになります。

 

その為、各ジャンルにおけるロングテールキーワードの数は、膨大な組み合わせが可能になりますので、無限と言ってもいいでしょう。

 

ロングテールキワードは、月に1回~2回程度の検索数のものから、年に1回しか検索されないようなワードまで含まれてきます。

 

ビックワードミドルワードで検索上位表示を可能にできるようであれば、アクセス数は一気に増加しますが、大手企業やプロのWEB制作者たちが挙って狙うワードですから、非常に高い競争率の中で検索エンジンから評価してもらう必要があり、私達のような個人運営のWEBサイトでは、検索上位を可能にすることは極めて困難です。

 

仮に、一時的に上位へくい込む順位になってきたとしても、長期に亘り維持することは、競争率が激しいビックワード・ミドルワード程、不可能に近いと思います。

 

このような状況を考慮して、多くのアフィリエイターはアクセスのメインをロングテールキーワードに狙いを定めて、アフィリエイト成果に繋げようとしています。

 

運営サイトに関連する様々なキーワードでヒットさせて、幅広く、そしてより購買に近い状態のユーザーを獲得することが目的となる、このような取り組みをロングテールSEOと言います。

 

インターネットにおいては、大手ECサイトなどの売上状況などを見ても、人気薄の商品の総売上の方が人気商品の売上を上回る傾向にあると言われています。

 

これは、20%の人気商品が全体の80%の売上を占めるとされた、従来一般的だったパレートの法則とは異なる結果となり、インターネットではロングテールの法則が重要であるとする裏付けでもあります。

 

このようなデータも踏まえネット業界における様々な分野では、ロングテールを拾い集めて幅広くピンポイントで成果を出せる、ロングテールSEOが重要視されるようになってきた背景があるのです。

 

 

 

 

ツールを利用したロングテールキーワードの選定は注意が必要

アフィリエイトは効果的なロングテールの拾い込みとセールス記事を書かない事で成果が出せる!

「ビックワードやミドルワードで検索上位表示は難しいから、スモールワードの寄せ集めで上位を目指す」このようなロングテールキーワードで検索上位表示を目指す人は沢山います。

 

そうだとすれば「既に、ロングテールキーワードも高い競争率になりつつあるのでは?」と、考える方もいるのではないでしょうか?

 

しかし、前文で述べた通り、ロングテールキーワードの数は無限と言ってもいいでしょう。

 

つまり、まだまだ誰も拾おうとしていない効果的なロングテールも無数にありますし、全体的なロングテールキーワードの状態を見た場合に、今後も競争率が高くなることは考えにくいと言えるのです。

 

但し、一部で競争激化する事はあるでしょう。

 

今は、検索数の多いワードや関連ワードを、便利なツールを使うことで、簡単に抽出することができます。

 

ツールを利用することで、効果的なキーワードに狙いを定めることができますし、検索上位表示が可能になれば、アフィリエイトの十分な効果も期待できると思います。

 

ただ、ツールを利用した場合には、単純に人気の高い関連ワードで複合キーワードを構成するのではなく、一捻り二捻り加えることも求められます。

 

なぜなら、このような便利なツールを使うアフィリエイターは多く、そもそも検索ボリュームの小さいロングテールキーワードの中では、安易なキーワード選定をすると、プチ競争激化の世界へと足を踏み入れることになる事も考えられるのです。

 

 

 

 

知識の豊富さで効果的なロングテールを拾い集める

アフィリエイトは効果的なロングテールの拾い込みとセールス記事を書かない事で成果が出せる!

キーワード選定の参考として、ツールを効率よく使うことはおすすめしますが、戦略がなくツールばかりに頼る事は、成果に繋がらない危険性があります。

 

最も効果的にロングテールを拾う方法は、特定のジャンルにおける知識の中からワードを要所に組み入れることです。

 

実際には、ロングテールをあまり意識しなくても、そのジャンルに興味あるユーザーに対して、持っている知識を公開するつもりで文章を作成すれば、自然と効果的なワードを拾えることになると思います。

 

このようなワードは、知識を備えた人でなければ文書にできませので、単純にツールの利用で集めたワードとは異なり、ロングテールの効果はかなり期待できると思います。

 

勿論、知識を高める為には、そのジャンルに対して勉強が必要となります。

 

ただ、知識が乏しいジャンルで、記事を書き貯めていく事は困難ですし、仮に多くの記事を書いたとしても、薄っぺらの中身になってしまう可能性が大きくなります。

 

効果的なロングテールを拾う為にも、多くのネットユーザーへ有益な情報を提供する為にも、知識を高める為の勉強は必要です。

 

アフィリエイトは効果的なロングテールの拾い込みとセールス記事を書かない事で成果が出せる!

 

 

 

 

内容が充実した記事の蓄積を常に心掛ける

アフィリエイトは効果的なロングテールの拾い込みとセールス記事を書かない事で成果が出せる!

冒頭で述べた通り、ロングテールキーワードは検索数の少ないキーワードになります。

 

その為、複数のロングテールキーワードで検索上位表示されるようにならないと、アフィリエイトの効果は期待できません。

 

コンスタントにロングテールキーワードの効果を発揮していくには、数多くのロングテールを拾い集めて、運営するWEBサイトをロングテールキーワードのデパートのようにする必要があるのです。

 

つまり、記事の蓄積量を増やす事が求められるのです。

 

内容が充実したボリュームのある記事を、少なくとも数百は作成することが必要となるでしょう。

 

蓄積が必要な記事数や一記事あたりのボリュームについて、明確となる定義はありませんが、「1サイト当たり最低1500文字以上の記事を150以上作成」一つの目安として、この数字を上回る記事作成を目指すことをおすすめします。

 

勿論、時間も労力も相応に費やすことが求められますが、それだけのWEBサイトを作り上げた場合、徐々に検索上位表示されるキーワードが出てきますし、アフィリエイトの成果は必ず現れます。

 

完成したWEBサイトは、長期間に亘りネット収入を稼いでくれる財産になる事は間違いありません。

 

 

 

 

セールス記事を書かない事でアフィリエイトの成果が出せる5つの理由

アフィリエイトは効果的なロングテールの拾い込みとセールス記事を書かない事で成果が出せる!

アフィリエイトで成果を出していくには、広告(アフィリエイト・リンク)を掲載して、ネットユーザーが購入・契約・登録などの報酬に繋がるアクションを起こしてもらえるような記事を作成することが求められます。

 

しかし、バナー広告やテキスト広告を無暗に掲載したり、報酬に直結するアクションばかり促すような文章を記事に載せた場合には、アフィリエイトの成果が逆に遠のいてしまうのです。

 

一方で、広告の掲載とセールス強調の文章を極力抑えた記事を積上げていく事で、アフィリエイトの大きな成果を生むことがしばしばあります。

 

そこには、セールスを強調しない記事で広告を売込む、5つの理由が隠されているのです。

 

 

 

広告だらけのWEBサイトは検索エンジンから評価され難い

検索エンジンは、コンテンツが充実しているWEBサイトを高く評価する傾向にあります。

 

ネットユーザーにとって有益な情報が豊富に発信されていて、専門性が高いWEBサイトは、検索上位表示の可能性が高くなるのです。

 

したがって、文章を中心とした構成の、質の高い記事作成が必要不可欠となります。

 

バナー広告やテキスト広告ばかりの記事などは論外ですし、広告を掲載した場合にも、それについてのレビューを詳細に記事にすることが求められます。

 

 

 

広告だらけのWEBサイトはユーザーに嫌われる

WEBサイトを訪問する多くのユーザーの目的は、広告を見る事ではありません。

 

広告に関連する何らかの情報や、或は広告とは全く関係のない何らかの情報を求めているのです。

 

リサーチ・学習・確認などの目的で情報を求めているにも拘らず、広告ばかりのWEBサイトでは不快に感じてしまいます。

 

 

 

幅広いキーワードでアクセス増加が期待できる

商品を売込む内容の記事だけでは、検索キーワードの競合が激しすぎて、上位表示が難しくなる可能性があります。

 

例えば、「自動車保険 比較」「自動車保険 見積」などの売れそうなキーワードは、ボリュームが大きく検索上位表示はかなり難しくなってしまいます。

 

その為、「自動車保険 解約」「自動車保険 トラブル」「自動車保険 代車」などの、比較的競合が少ないキーワードをターゲットに記事を作成して上位表示を狙えば、検索流入が増加する可能性が高く、アクセス数の増加が期待できます。

 

 

 

被リンクを集めやすくなる

競合の少ないキーワードを狙った、セールスを強調しない記事を作成することで、ロングテールSEOの効果が期待できます。

 

効果が発揮できれば、複数のキーワードで検索上位表示され、被リンクを集めやすくなり、更にWEBサイトの評価が高まることになります。

 

 

 

セールス記事ばかりではネタが続かない

検索エンジンに評価されるには、数多くの充実した記事を書き上げて、継続的に更新を繰り返す事が求められます。

 

評価される記事数は、記事の内容にもよりますので一概には言えませんが、目安として1500文字以上の記事を、少なくとも150以上作成していけば、徐々に評価されるようになる可能性が高まると思います。

 

内容の濃い150以上の記事を、セールスばかりで構成すると、かなり偏ったサイト内容になりますし、そもそもネタが続かないでしょう。

 

セールスだけでなく、角度を変えて様々な視点から作成した方が、数多くの充実した記事をバランスよく蓄積できるでしょう。