ブログアフィリエイトではコピーライティングとSEOライティングのどちらが重要なのか?

コピーライティングとSEOライティングの違いとは?

アフィリエイトなどのネットビジネスで稼ぐ為にブログを活用した場合には、記事を作成して多くの読者に見てもらわなくては、成果に繋げることができません。

 

その為、ブログアフィリエイトサイトアフィリエイトでは、記事作成が絶対的に必要な作業であり、作成した記事で効果が引き出せるライティング技術が求められるのです。

 

アフィリエイトで成果を出すには、記事を読んでもらう為に、アクセスを集める事が求められ、次に、アクセスしてもらった記事を、最後までしっかり読んでもらうことが求められます。

 

つまり、ブログを検索上位表示させることが必要であり、アクセスしてもらった記事に興味を持ってもらい、広告のクリックやその後のアクションを促す、魅力的な文章作成が必要になるのです。

 

この検索上位表示をさせる為の技術がSEOライティングと言われ、検索ユーザーに対して興味深く読んでもらう為の技術がコピーライティングと言われています。

 

両方とも、その技術を習得していく為には、学ぶべき事が沢山あるのですが、SEOライティングは主に検索キーワードとライティングの関連性についての技術であり、コピーライティングは商品を売る為の広告文としての技術とされています。

 

ブログアフィリエイトで記事を書き進めていく上で、この2つのライティング技術を理解して、しっかりと使いこなせることは、ブロガーとしての大きな武器となります。

 

 

 

 

アフィリエイトで重要なのはどっち?

アフィリエイトで重要なのはどっち?

アフィリエイトでブログの収益化を成功させる為に、「コピーライティングとSEOライティングのどちらを重要視するべきか?」と問われれば、やはり「どちらも重要」と答えざるを得ません。

 

コピーライティングは、ブログ内コンテンツの質を高めていく為に必要不可欠ですし、SEOライティングは、SEOの内部対策を進めていく上で重要視する必要があります。

 

2つの技術を念頭に、バランスのとれた記事作成を心掛けることで、ブログの最適化を図る効果があります。

 

特にどちらを重要視と言うよりは、読者を引きつけるコピーライティングを進める上で、要所でSEOを意識したキーワードとのバランスを考えながら、記事作成をしていく事がブログの最適化へ繋がると思います。

 

現時点で、「まだまだ個別文章の作成が苦手」「まとまりある記事が思うように書けない」と思えるブロガーは、先ずは、ライティング技術云々よりも、ブログ記事作成の経験を積むべく、兎に角、自分が伝えたいことを数多く記事にしていく事が大切だと思います。

 

 

 

 

コピーライティングの基礎知識

コピーライティングの基礎知識

コピーライティングの細かな技術は沢山あるのですが、それ以前に、先ずは、基本的に2つの種類に分けられることを知る必要があります。

 

コピーライティングは、モノを売る為に使うセールスコピーの技術と、ユーザーへイメージを与える為の技術となるイメージコピーの2種類に分かれます。

 

 

 

セールスコピーとは

セールスコピーは、名前通り「モノを売る為の文章」です。

 

WEBサイト・DM・チラシなどで、読み手に購入や来店などの売上に繋がるアクションを促す為のコピーで、販促に直結する文章作成の技術になります。

 

セールスコピーにも、色々種類はあるのですが、幾つか例を挙げてみましょう。

 

「30分以内にお届けできなければ代金は頂きません!」

「半額キャンペーン実施中!」

「今なら特典ありのお買い得情報が満載!」

 

ユーザーのクロージングを後押しするコピーや、DMなどの開封率を上げることを目的として、間接的に購買意欲を喚起するコピーなど、その手法は色々ですが、モノを売る為の最後の一手、或は最後の一手へ誘導するような特徴があります。

 

・商品の特徴を詳細に説明する

・効果、効能を十分に伝える

・顧客へベネフィットをアピールする

 

セールスコピーの効果を引出す為の要素として、以上の3つを考慮したライティングはとても大切になります。

 

 

 

イメージコピーとは

イメージコピーはキャッチコピーの1つで、企業や商品(サービス)のブランディングの為に使われる文章です。

 

その為、覚えやすく簡単な言葉が使われることが多く、ライターのセンスが試される技術でもあります。

 

こちらは、皆さんもご存知の例文を紹介しましょう。

 

「100人乗っても大丈夫」

「24時間戦えますか」

「街のホットステーション」

「ピッカピカの1年生」

 

この例文を見れば、企業や商品のブランディングに大きく貢献していることがよく分かると思います。

 

イメージコピーは広告から直接の反応(購入など)を必要としない、ブランディングの為に使われるわけですが、華やかさもありますし、見ていて考えさせられる文章もあり、記憶に残るキャッチコピーが多くあります。

 

「イメージコピー=記憶に残るコピー」でなければ、その効果は期待できないと言っていいでしょう。

 

 

 

 

SEOライティングの基礎知識

SEOライティングの基礎知識

ブログを運営してアフィリエイトで稼ぐには、SEO対策は避けては通れない取り組みの一つです。

 

SEO対策を施す事で、特定のキーワードからの検索上位表示が期待でき、効果が出れば、コンテンツへのアクセスは増加します。

 

このSEO対策で重要視されているのが、コンテンツの充実になるのですが、その時に、情報の量や質の充実と同時に大切な取り組みになるのがSEOライティングです。

 

 

 

SEOライティングの効果を引き出す5つのポイント

ページのタイトル

ページのタイトルには、必ず、上位表示を狙っているキーワードを含めるようにしましょう。

 

なるべくタイトルの前方、つまり、タイトルの始まりの方へ含めることで、効果が高くなるとされています。

 

但し、タイトルばかりを意識して、不自然な日本語になってしまっては、ユーザーに敬遠される可能性もあります。

 

出来るだけ自然な文体で、ユーザーが魅力に感じるようなタイトルにしましょう。

 

 

 

見出し(hタグ)

見出しで活用する<h1>~<h6>までのhタグは、文章の構造をクローラに伝える事に役立ちます。

 

一般的には、「h1=大見出し h2=中見出し h3=小見出し」このような構造になっていますので、それ以下のhタグも含めて、順番を守って規則的に使うことが効果的です。

 

また、それぞれの見出しはページの中でも重要視される部分になりますので、hタグ内にも出来る限り、上位表示を狙っているキーワードや関連性の高いキーワードを含めるようにしましょう。

 

 

 

テキスト全般

記事本文を作成するときの注意点は、先ず、段落の最初の方へキーワードを含める事が挙げられます。

 

文章の中でも、見出し(hタグ)直下となる、段落の最初の方は重要だが高いと考えられています。

 

また、ブログでの記事作成では、見出しと本文の間に書かれるリード文や段落の最後の方にもキーワードを含めることがで、ページ全体の関連性が高まり、クローラーがコンテンツを理解する手助けになり、効果が期待できると言われています。

 

次の注意点は、最低限のマークアップをすることです。

 

クローラーは、テキストを意味では理解していませんので、見出しや段落、画像などである事を伝える為に、マークアップする必要があります。

 

「見出しを表す<h1>~<h6>タグ 段落を表す<p>タグ 箇条書きを表す<ol><ul>タグ 画像を表す<img>タグ リンクを表す<a>タグ 表を表す<table>タグ」このような、一般的に文章内で使われるHTMLタグは覚えて使うようにしましょう。

 

最後の注意点、ロングテールキーワードを意識した取り組みです。

 

例えば、「海外旅行 格安」のキーワードを狙っている場合には、「海外航空券」「格安チケット」「格安航空券」「海外ツアー」「格安ツアー」などのように、極めて関連性の深く、同じような意味の言葉が思い浮かぶと思います。

 

このような、同じ物事の言い換え表現を、テキスト内に散りばめておくことで、ロングテールキーワードで上位表示される可能性が高まります。

 

 

 

URL

URLは、意味のない数字の羅列や動的に作られるものより、上位表示を狙ったキーワードを含めたURLにすることが望ましいとされています。

 

検索エンジンのクロール上では、数字や動的URLでも、特に問題はないのですが、URLで被リンクを張ってもらう時には、キーワードを含んだURLの方が高いリンク効果が期待できるとされています。

 

また、あまり長いURLは避け、シンプルで分かりやすいものが良いと言われています。

 

 

 

画像

クローラーは画像である事は認識できても、何が写った画像なのかまでは認識することができません。

 

その為、HTMLのimgタグの中に記述される要素の1つである、alt(オルト)属性へテキスト情報を記述することが望ましいとされています。

 

alt属性へ記述した情報は、画像が表示できない場合に、代わりに文字で表示されます。

 

この情報記述の際に、キーワードを含めることで上位表示に対して良い影響を与えることも考えられています。

 

alt属性へのテキスト記述例は以下の通りです。

 

「<img src=”画像URL” alt=”景色-格安で行ける人気の海外旅行おすすめ地域”>」

 

画像が表示できない環境のユーザーが読んだ時に、画像の内容がわかるようなテキストを記述しましょう。

 

 

 

 

テクニックだけでは読者の心は動かせない

テクニックだけではブログ読者の心は動かせない

ここまでで、コピーライティングとSEOライティングに関する、基礎的な事や役立つテクニックの具体例などを紹介してきましたが、どんなに高度であってもテクニックだけではできない、もっと大切な事もあります。

 

アフィリエイトで成果を出す為に、ブログのコンテンツを充実させて、多くの検索ユーザーを集めたいのであれば、先ずは、ユーザーのニーズに十分に応えられるコンテンツを作る事が最も重要になります。

 

SEOライティングで検索上位表示を可能にし、コピーライティングのテクニックで、読者の感情をある程度は動かすことができたとしても、検索で訪れたユーザーそれぞれが、何を求めているのかの本質を考えた、十分な情報提供と問題の解決策を提示しなくては、本当の評価は得られないでしょう。

 

ブログ読者第一優先の姿勢こそが、テクニックも更に磨かれ、独自の工夫が加えられ、他のライバルブログを引き離す差別化に繋がるのです。

 

 

 

 

まとめ

ブログ記事の作成を幾度も繰り返すことで、自身のライティング技術が上がっていることを実感できるようになります。

 

更に、色々ライティング技術を勉強することで、書くことが楽しくなりますし、読者の反応も楽しみになり、ブログ運営の励みに繋がります。

 

今回紹介した技術はごく一部に過ぎませんが、これからのブログ記事作成に、少しでも役立ててもらえるようであれば幸いです。